その他のスポーツ系サークル活動

【洋弓部】関西1部リーグに残留!

2022年4月3日から5月1日にかけて、男子第62回・女子第57回関西学生アーチェリーリーグ戦が行われ、洋弓部が男女ともに1部リーグ残留となりました。
今回はコロナ禍での開催ということで、
・各大学の練習場にて競技
・男子は上位5人の合計点、女子は上位3人の合計点にて勝敗を決める
とルールが変更されました。

昨年度に引き続き春合宿も自粛するなど制限下でのリーグ戦となりましたが、限られた時間のなかで練習の質をあげる工夫を重ねて試合に望みました。
次年度も1部残留はもちろんのこと、1つでも順位を上げていけるよう練習に励みます。

なお、結果詳細、試合風景は以下のとおりです。

男子 リーグ戦
【第1戦】
龍谷大学3036点、追手門学院3154点
よって追手門学院大学の勝ち
【第2戦】
龍谷大学3075点、近畿大学3375点
よって近畿大学の勝ち
【第3戦】
龍谷大学3121点、京都産業大学3182点
よって京都産業大学の勝ち
【第4戦】
龍谷大学3183点、大阪工業大学2748点
よって龍谷大学の勝ち
【第5戦】
龍谷大学3089点、関西学院大学3027点
よって龍谷大学の勝ち

1部Bブロック4位となり1部残留

女子 リーグ戦
【第1戦】
龍谷大学1857点、大阪大学1616点
よって龍谷大学の勝ち
【第2戦】
龍谷大学1852点、関西大学1937点
よって関西大学の勝ち
【第3戦】
龍谷大学1824点、甲南大学1664点
よって龍谷大学の勝ち
【第4戦】
龍谷大学1851点、近畿大学2017点
よって近畿大学の勝ち
【第5戦】
龍谷大学1887点、京都産業大学1839点
よって龍谷大学の勝ち

1部Bブロック3位となり1部残留

洋弓

【洋弓部】関西学生インドア選手権大会決勝に出場!

2021年12月25日(土) 梅花女子大学(体育館)にて、第25回関西学生アーチェリーインドア選手権大会の決勝が行われ、リカーブ部門 芝原 蒼馬 (理工・1回生)、西嶋 梨緒美 (経済・1回生)
コンパウンド部門 志知 姫樺 (理工・4回生) が出場しました。
(インドアの試合は18mで行われ、関西の大学生出場者全体で予選を通過できるのはリカーブ部門で男子64名、女子32名)

コロナ禍で練習制限がある中、それぞれに工夫を重ね今回の決勝に出場しました。決勝進出を逃した選手も次の試合では結果を残すべく努力していきます。

リカーブ部門
リカーブ

コンパウンド部門
コンパウンド

全体

【洋弓部】関西学生新人戦で優勝!

2021年11月7日(日) 大阪大学吹田キャンパスグラウンド(すいらん)にて、第59回関西学生アーチェリー新人戦が行われ、洋弓部から2名が入賞しました!

50・30m ラウンドは各距離 36 本ずつの計 72 本行射、30m ラウンドは30m を 36 本行射します。
コロナ禍で練習制限がある中、それぞれに工夫を重ね今回の試合に出場しました。入賞を逃した選手も次の試合では結果を残すべく努力していきます。

入賞者コメント

【水田 晴斗(済・2)】

50・30m ラウンド 優勝 612点(未経験の部)
『順位は勿論ですが、試合で目標点以上を出せた事が何よりも嬉しかったです。試合ならではの課題も見つけられたので、次に活かせるよう、練習に励みたいと思います。』

水田

【横山 芽生(文・1)】

30m ラウンド 第2位 277点(未経験の部)

今回はこのような結果となり大変嬉しく思います。今回の試合を通して課題も見つかったので、これからの練習も頑張っていきたいと思います。

横山

【相撲部】第46回全国学生相撲個人体重別選手権大会 65キロ未満級 3位入賞

9月19日に開催された第46回全国学生相撲個人体重別選手権大会65kg未満級に堤航希さん(農1年)が出場し、見事3位入賞を果たしました。

東西の選手権から勝ち上がった者で争う大会で、本学としては平成14年以来の快挙です!!

10月2日には西日本学生相撲新人選手権大会、3日には全日本女子相撲選手権大会と続きます。

引き続きの応援よろしくお願いいたします!

241817244_1945089942323373_6623428690679536181_n

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ