龍魂編集室

【龍魂編集室企画】相撲部 主将インタビュー

日本人なら一度はテレビなどで見たことがある相撲。そんな相撲は日本の伝統文化であり、国技でもありと私たちの生活とともに存在している。最近では日本人力士の活躍が目立つようになりより一層の盛り上がりを見せている。
そんな人気上昇中の相撲の魅力について今回龍大相撲部女性主将の川島睦貴選手(文4)にインタビューをした。

――――活動日、活動場所、活動時間を教えてください。
 「月曜日から土曜日に紫朋館1階相撲場で月曜日から金曜日は17時から19時半頃まで、土曜日は14時から16時半頃まで練習しています」

――――主にする練習は何かありますか?
 「主に四股踏み、すり足、ぶつかり等の稽古をしています」

――――相撲の良さとは何でしょうか?
 「土俵から出たら負けなど誰から見ても勝負の勝ち負けがはっきりしているところが面白いと思います」

――――部の目標はなんですか?
 「西日本学生相撲選手権の2部団体優勝1部昇格、全国学生相撲選手権団体Bクラスベスト4・Aクラス昇格です」

――――注目選手は?
 「全員です!人数が少ないので全員がレギュラーなので」

――――最後に新入生に向けてのメッセージをお願いします。
「初心者でも基礎から懇切丁寧に教えるので心配せず、ちょっとでも興味をもったら気楽に入ってきてくれたら嬉しいです!新入生の皆さんウェルカム!!」

 少人数ながらも部の雰囲気は明るく、メリハリがあり、また相撲では珍しい女性選手を有する相撲部。その一端を今回の取材で垣間見ることができた。そんな相撲部の今後の活躍に目が離せない。

相撲部

【写真】日々稽古を積む相撲部員達

(龍魂編集室 記事・写真/上村輝)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【龍魂編集室企画】フェンシング部 主将インタビュー

フェンシングとは、2人の選手が向かい合って立ち、片手に持った剣で互いの体を突いて勝敗を決めるスポーツだ。オリンピック種目でもあり、元日本代表の太田雄貴選手が有名だろう。今回、龍大のフェンシング部の主将徳田将之選手(済3)にインタビューした。

―――部員、活動日、活動場所、活動時間を教えてください。
 「部員は現在9名で、活動場所は専精館第3トレーニング室で活動しています。活動日は木曜日と日曜日以外です。平日は17時から20時まで土曜日は13時から16時まで活動しています」

―――練習はどのようなことをしていますか?
 「基本的に最初はアップといって体操や体をほぐしたり、体を温めることをします。次に、フェンシングの動きであるフットワークをします。そして、剣で相手を突いて技を磨くレッスンをします。最後に、ファイティングという実践形式の練習をします」

―――フェンシング部の魅力、良さを教えてください。
 「経験者も少なく、マイナーな分やればやるほどやりがいも感じ、頑張れば頑張るほど強くなることができるので成績も出せます。また試合も多くあり、全国の人と戦うことができるので、自分で意識を高めてやっていくと楽しくやりがいがあるスポーツです」

―――新チームの目標はありますか?
 「自分が一年生の時は3部でしたが、二年生の時に2部に昇格できました。そして去年の春三年生と時に念願の1部に昇格することができました。今年は四年生で最後の年、キャプテンとしてみんなを引っ張っていきたいです。団体としては1部で成績を残すことが目標。個人では、関カレで優勝を目指し、インカレでも成績を残すことが目標です」

―――注目選手は誰ですか?
 「注目選手は、清胤選手(文1)です。彼は、フェンシングの環境があまり整っていない広島の高校から来たのですが、京都というフェンシングの環境が整ったところで存分に楽しんで取り組んでいる分、一年生の間にリーグ戦でも活躍してくれました。これからの頑張りにも期待しています」

―――新入生に向けてのメッセージお願いします。
 「みんなが同じ目標に向かって意識を高めてチームワークがすごく良く楽しんでやっているので期待をもってフェンシング部に入ってきてほしいです。楽しんでフェンシングが出来るような環境を僕たちも作っていくので気軽にきてください」

 徳田主将が一年生の時に掲げていた1部昇格という目標が、見事去年の春に達成することができた。残すはインカレ出場、全国で龍大の名を轟かせてほしい。

フェンシング

【写真 インタビューに答えた徳田主将】

(龍魂編集室 記事・写真/尾﨑愛斗)

龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.mailまで!

【龍魂編集室企画】男子・女子ソフトボール部 主将インタビュー

ソフトボールとは野球と基本同じだが、グラウンドの大きさや使用している球などに違いがある。野球に比べ狭い場所でもできる。ボールも大きく安全性が高いことから、幅広い年代が楽しむことができるスポーツだ。
今回、龍谷大学のソフトボール部、女子主将服部泉さん(国3)、男子主将笠井亮祐さん(文3)にインタビューをした。

―――活動日、活動場所、活動時間を教えてください。
 服部主将「男女ともに火曜日から日曜日。瀬田グラウンドで行っています。曜日は火曜から金曜で6~9時まで、土日は13~16時までです」

―――練習はどのようなことをしていますか?
 服部主将「自分たちで各攻撃、守備にリーダーをつくりメニューを変えて練習しています」
笠井主将「練習試合などででた課題をみんなで話し合い、自分たちに足りていない部分を補えるように練習しています」

―――ソフトボール部の良さを教えてください。
服部主将「「お互い様」を大事にし、自分のことだけではなく相手のことも考えるようなチーム作りを心掛けていることですね」

笠井主将「監督がいないため自分たちで考え行動するようになりました。また推薦で部員が集まらないため先輩後輩の仲が良いですね」

――――新チームの目標はありますか?
 服部主将「春リーグで一部に昇格し、西カレとインカレ出場を目標にし、日々の練習を頑張っていきたいと思っています」

―――最後に新入生に向けてのメッセージお願いします。
服部主将、笠井主将「ソフトボールが好きな人、意欲や関心がある人歓迎!!ソフトボールの良さを一緒に知っていきましょう!!」

男女の仲の良さは龍大ソフトボール部の魅力のひとつだ。切磋琢磨し合っているソフトボール部。今後の活躍にも期待したい。

【写真1】、女子主将服部泉(国3)、男子主将笠井亮祐(文3)

(龍魂編集室 記事・写真/松本早紀)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ソフトボール

【指導者インタビュー】女子バレーボール部 江藤監督

春季リーグ優勝を見事果たし、順調な滑り出しを見せた龍大女子バレーボール部。この功績は、今季から就任した江藤直美監督の指導力も大きな要因となっただろう。バレーボールのトップリーグであるVリーグでプレーし、全日本代表では主将としてチームを牽引した経験もある江藤監督。学生に指導する立場となった今、どのような想いを抱いて指導しているか江藤監督に迫った。

etou1
【写真 インタビューを受ける江藤監督】

監督からみて龍大女子バレー部のいいところとは―
初めて部員達と会ったとき、すごくまとまりがあり半年間監督が不在のチームに思えなかった。自分達で話をして課題や反省をまとめ、提案をしてくれる。自分達で話ができるのは良いところです。

指導をするにあたり心がけていることは―
自分達がやるべきことを問いかけて、ディスカッションをしながら意味が分かった上で練習するようにしています。

監督自身の目標は―
部員達が立てた目標にできるだけ部員達を近づけ、一緒に走っていくことが目標です。龍大を卒業するときに、「龍大バレー部でよかったな」と思ってもらえるといいですね。

etou
【写真 一方的に指導をするのではなく選手に問いかける】

龍大生に向けて一言お願いします―
私自身、社会人を経験してから大学に入学したので、普通の学生生活を送ってはいなかったです。大学生活の4年間は人生の中で一番自由な4年間。限られた時間の中で大学生の中でしかできない遊びや勉強などいろんなことを経験してほしいです。

〈江藤監督プロフィール〉
江藤直美(エトウナオミ)
出身地・福岡県出身 扇城高校(現・東九州龍谷高校) 
高校卒業後、日立→東洋紡→JTマーヴェラスでプレー
日立入団と同年に全日本代表に初選出される
現役引退後は名城大(愛知)の男子バレーボール部でコーチとして活動
コーチをする傍ら愛知学院大で教員免許を取得し、中学講師を経て
今季から龍谷大女子バレーボール部監督に就任

(龍魂編集室 記事/写真 堅田彩香)
龍スポ139号 1月19日発行!
龍魂編集室では新入部員募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

2/6123456

ページの先頭へ

ページの先頭へ