龍魂編集室

【龍魂編集室企画】フェンシング部 主将インタビュー

フェンシングとは、2人の選手が向かい合って立ち、片手に持った剣で互いの体を突いて勝敗を決めるスポーツだ。オリンピック種目でもあり、元日本代表の太田雄貴選手が有名だろう。今回、龍大のフェンシング部の主将徳田将之選手(済3)にインタビューした。

―――部員、活動日、活動場所、活動時間を教えてください。
 「部員は現在9名で、活動場所は専精館第3トレーニング室で活動しています。活動日は木曜日と日曜日以外です。平日は17時から20時まで土曜日は13時から16時まで活動しています」

―――練習はどのようなことをしていますか?
 「基本的に最初はアップといって体操や体をほぐしたり、体を温めることをします。次に、フェンシングの動きであるフットワークをします。そして、剣で相手を突いて技を磨くレッスンをします。最後に、ファイティングという実践形式の練習をします」

―――フェンシング部の魅力、良さを教えてください。
 「経験者も少なく、マイナーな分やればやるほどやりがいも感じ、頑張れば頑張るほど強くなることができるので成績も出せます。また試合も多くあり、全国の人と戦うことができるので、自分で意識を高めてやっていくと楽しくやりがいがあるスポーツです」

―――新チームの目標はありますか?
 「自分が一年生の時は3部でしたが、二年生の時に2部に昇格できました。そして去年の春三年生と時に念願の1部に昇格することができました。今年は四年生で最後の年、キャプテンとしてみんなを引っ張っていきたいです。団体としては1部で成績を残すことが目標。個人では、関カレで優勝を目指し、インカレでも成績を残すことが目標です」

―――注目選手は誰ですか?
 「注目選手は、清胤選手(文1)です。彼は、フェンシングの環境があまり整っていない広島の高校から来たのですが、京都というフェンシングの環境が整ったところで存分に楽しんで取り組んでいる分、一年生の間にリーグ戦でも活躍してくれました。これからの頑張りにも期待しています」

―――新入生に向けてのメッセージお願いします。
 「みんなが同じ目標に向かって意識を高めてチームワークがすごく良く楽しんでやっているので期待をもってフェンシング部に入ってきてほしいです。楽しんでフェンシングが出来るような環境を僕たちも作っていくので気軽にきてください」

 徳田主将が一年生の時に掲げていた1部昇格という目標が、見事去年の春に達成することができた。残すはインカレ出場、全国で龍大の名を轟かせてほしい。

フェンシング

【写真 インタビューに答えた徳田主将】

(龍魂編集室 記事・写真/尾﨑愛斗)

龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.mailまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ