龍魂編集室

【龍魂編集室企画】卓球部 主将インタビュー

卓球についてどのような印象をお持ちだろうか。他のスポーツと比べると、少し落ち着いた印象を抱くかもしれない。しかし、卓球には外からでは感じることの出来ない魅力がある。

「あまり表に出るようなスポーツではないですが、実際にやってみなければ面白さはわかりません」と主将の桑村(国3)は卓球について語った。女子卓球部の全部員数は13人。1コマを40分とし放課後に3コマ、休日に4コマを基本として練習に励んでいる。時にはストレッチをし、肉体強化を行う。練習は程よい緊張感の中で行われているが、練習が終わると和気あいあいとした中、部員同士で談笑している様子が目立った。このオンオフの切り替えも卓球部の魅力の一つだ。努力が実り今年は秋に行われたリーグ戦で2位という好成績を収めた。

卓球は高い戦略性と、身体能力を要求される。その分、奥深く挑戦しがいのあるスポーツだ。そんな卓球と出会いに一度、卓球部に足を運んでみてはどうだろうか。

<桑村主将インタビュー>
―昨年の活動を振り返って
春リーグ6位秋リーグ2位と、秋は春よりも良い試合が出来たと思います。やはり悔しい思いがあったので、秋こそは優勝を目指そうとみんなで頑張っていました。その結果、秋につなげられたので良かったと思います。

―新入生に向けて
見ているほうも熱くなるプレイがあるので、卓球を良く知らない方はぜひ一度試合を見に来てください。

写真

【写真】今年の抱負を語る桑村主将

(龍魂編集室 記事/写真 北庄司 美穂)
龍スポ144号 4月1日発行予定!
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ