龍魂編集室

【龍魂編集室】少しでも選手の支えになりたい!~龍スポ・渡邊記者へインタビュー~

みなさんは『龍魂編集室』『龍スポ』を知っていますか?
体育会系の部活に所属する方ならば、カメラで撮影したり選手にインタビューしたりしている龍大生を見かけたことがあるかもしれません。実は、その学生が『龍魂編集室』の部員なのです。そこで、今回は龍魂編集室の渡邊和記さん(営3)にオンラインインタビューを行いました。

剣道部
【写真1:渡邊さんが撮影した写真のなかの一枚】

~渡邊さんへのインタビュー~
―龍魂編集室(龍スポ)とは?
「体育会運動部の情報発信を行うスポーツ新聞部です。取材活動を行いWEB媒体だけでなく、紙の新聞も作成しています。よく文化系の部活だと言われるのですが、体育会局に所属しています(笑)」

―龍魂編集室(龍スポ)に入部した理由は?
「理由は3つあります。1つ目に、小・中・高の学生時代とは違った立場(選手→カメラマン・記者)で大好きなハンドボールに関われることに魅力を感じたからです。2つ目に、バレーボールや剣道といった未経験の部活でもカメラマン・記者でも関わることが出来るからです。3つ目に、優しい先輩などいい人が多いと感じたからです。」

―未経験でも所属は可能?
「大丈夫です。カメラの経験者はいますが、新聞を作っていた方はいないはずです。実際、私は文化系部活未経験ですが、取材活動を通じて記事をつくっています。」
女子バレー
【写真2:渡邊さんが撮影した写真のなかの一枚】

―どのような時にやりがいを感じますか?
「感謝の言葉や技術面でお褒めの言葉を頂いたときですかね。直近では、フェンシング部の小西選手のインタビュー記事を書かせてもらったとき、小西さんや多く読者の方々からこのようなお声を頂いたくことが出来ました。」

―取材活動のなかで印象に残っていることは?
「どれも印象に残っているのですが、1年の時の女子バレー部関西制覇や2年の時の男子バレー部の関西優勝といった功績は印象に残っています。また、剣道部の全国大会での快進撃や女子ハンド部の一部リーグ死守などは、インタビュー時、笑顔で答えて頂いたので印象に残っています」

印象に残っている取材の記事
【男子バレーボール部】進化を成し遂げた龍大が全勝優勝!
【男子剣道部】一瞬も気が抜けない戦い
【女子ハンドボール部】一致団結して掴んだ勝利!
【女子バレーボール部】闘志と友情が生んだ最高の結末

―コロナウイルス感染拡大の影響は?
「緊急事態宣言時などは、リモートミーティングはするものの課外活動は一切できない状況でした。秋季リーグ戦の代替大会から取材を始めたのですが、たくさんの変化を受け入れながら行っています。」

―コロナウイルスのなかでも頑張れる理由(原動力)は何?
「支えてくれる人がいるからだと思います。取材活動後に感謝の言葉を届けてくれる方や壁にぶつかった時に一緒に悩んでくれる人など、様々な人がいたから頑張ることが出来ました。」

―龍スポで貫いたこと(共通して力をいれたこと)
「私の場合は、選手の気持ちを大事にするということです。小学校から高校までの選手としてハンドに取り組んだ経験を生かし、つらい時は背中を押せるような記事を作っています。また、嬉しい時は宝物にしてもらえるように作成しています。このようにすることで、選手に誇りや活力を得てもらいたいと思っています。」

渡邊 和記(わたなべ・かずき)
龍谷大学付属平安高校出身。経歴『ハンドボール近畿大会優勝(小6)』『全国ハンドボールクラブチームカップ出場(中2)』『京都府総体3位(高2)』/スポーツ新聞部「ナジック杯出場」などがある。2018年に龍谷大学経営学部に入学。同年に龍魂編集室に入部。

ページの先頭へ

ページの先頭へ