龍魂編集室

【龍魂編集室企画】水上競技部主将にインタビュー

水上競技部の競泳部門は現在2部リーグに所属している。3部にはもう戻らない。部員たちはそう思い練習に励んでいる。その部員たちを束ねている西悟史主将(農3)に話を伺った。

 

―部員数、活動場所を教えて下さい

「部員はマネージャーを含めて45名で、男女比は5;1くらいです。競泳、水球、トライアスロンの3つに分かれています。トライアスロンをしているのは、現在1人しかいないので競泳の人と一緒に練習をしています。活動場所は、競泳は、京都教育大学のプールや中書島の伏見港公園プールなどを借りていて、水球は、京都踏水会や乙訓高校のプールなどを借りて練習しています。」

―自分たちのプールはないという事ですか?

「瀬田キャンパスにも、深草キャンパスにも専用のプールはないので欲しいです!」

―西主将の専門は何ですか?

「長距離の自由形です。1500㍍を主軸としています。」

 

―西主将が水泳を始められたきっかけや時期を教えて下さい

「小学校低学年の頃に始めました。自分からやりたくて始めました。」

 

―競泳ではどんな練習をしていますか?

「筋トレなどは各自に任していますが、体幹などはしっかり練習しています。」

 

―プールでたくさん泳ぐという事はあまりしないのですか?

「泳ぎすぎると体に変な癖がついてしまいます。変な癖がつかないように、僕らは意識しながら練習しています。泳ぐことも大切ですが、それはそれで違う練習があります。僕は、みんなに自分の泳ぎを自分で改められるようになってほしいと意識して練習メニューを組んでいます。」

 

―今まで競泳をしてきて良かったことや、辛かったことを教えください。

「我慢強さを身に着けることが出来ました。それ以外にも、水泳は個人競技ですが、練習ではみんなと一緒に泳ぐので仲間というかけがえのないものも手に入ることが出来たので良かったです。しんどかった事は、挫折した時に練習に後ろ向きになってしまった時や、主将として自分はどのようにみんなを支えていったらいいのかと悩むことなどです。」

 

―新入生に向けて一言お願いします。

「僕たち、水上競技部は学年の壁を越えて仲が良いので、フレンドリーに練習に励んでいます。是非、経験者で迷われている人は水上競技部に入ってください。特に、マネージャーと女子部員が少ないので待っています!」

 

い

【写真撮影に応じてくれた西主将】

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ