龍魂編集室

【龍魂編集室企画】陸上競技部主将にインタビュー

今、陸上界が盛り上がっている。短距離では、100mで日本人初の9秒台となる9秒98の日本新記録がマークされ、4×100mリレーでもリオオリンピック銀メダル、ロンドン世界選手権で銅メダルを獲得した。そして長距離では、16年ぶりに日本新記録が塗り替えられたのも記憶に新しい。これらの快挙で、ますます2020年の東京オリンピックでの日本人選手の活躍が期待されているのが陸上競技である。龍大陸上部も様々な大会で活躍を見せている。今回、龍大陸上部主将の道下幸平選手(済4)にインタビューをした。

 

 

ー部員数、活動日、活動場所について教えてください。

「短距離と長距離を合わせて80〜90ぐらいの人数で動いています。主に瀬田グラウンドで練習をしているのですが、改修工事の関係でグラウンドが使えないので、1ヶ月半ぐらい滋賀の皇子山の陸上競技場で練習させていただいています。活動日は月、火、水、金、土曜日で大体3時間くらい練習しています」

 

ーどのような練習をしているのですか?

「種目がそれぞれ違うので、短距離や長距離などといったパート毎に分かれて練習をしています」

 

ー龍大陸上部のいい所を教えてください。

「素直な子たちが多い所ですかね。和気藹々として練習ができているというのは短所でもあり長所でもあるという感じです」

 

ー注目選手は誰ですか?

(部員全員が口を揃えて道下主将の名前を挙げた)「じゃあ…僕ですね」

 

ー今年の龍大陸上部の目標は何ですか?

「短距離は最近1部と2部を行き来して落ちたり上がったりしているので、今年は1部残留を目標にやっていきます。長距離は全日本駅伝出場を目標に活動しています」

 

ー最後に新入生に向けてひと言お願いします。

「オンオフをしっかりする部活だと僕は思っているので、陸上が好きというのはもちろんのこと強くなるという意志を持っている人は是非陸上部に来てください。お互い切磋琢磨し合いながら頑張っていきましょう!」

 

 

龍大陸上部はとても雰囲気が良い。部員全員仲が良く、道下主将もとても面白い一面を見せてくれた。しかし、練習になるとその姿は一変し、皆が真剣な眼差しになる。陸上はほとんど道具を使わず基本的な体力を勝負に記録を競う。そのため日々の練習や努力が鍵となるのだ。今回の取材で「このメリハリがこれからのさらなる飛躍を生む」と感じた。1部に昇格した龍大陸上部の今後の活躍に目が離せない。

 

 

陸上web記事1

【写真1 笑顔を見せる道下主将】

 

 

陸上web記事2

【写真2 練習をする選手達】

 

 

 

 

(龍魂編集室 記事・写真/藤原可琳)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ