龍魂編集室

【龍魂編集室企画】卓球部主将にインタビュー

卓球は100m走をしながらチェスをするようなスポーツと言われている。そう言われているように体力と頭脳が必要である。最近ではオリンピックや世界大会などでの日本人選手の活躍により認知度も上がり、卓球人口が増えてきている。
そんな今人気を増している卓球の魅力について龍大男子卓球部主将の岡本集選手(営3)にインタビューをした。

―活動日、活動場所、活動時間を教えてください。
「月曜から金曜は15時から18時までと18時から21時までの2つのグループに分けて練習し、土曜日は午後から練習しています。練習は第5トレーニング室でやっています」

―練習内容を教えてください。
「始めにストレッチで体をほぐし、次にフットワークなどの基本練習や課題練習をします。最後は実践形式で練習試合をします」

―卓球の魅力の良さを教えてください。
「簡単そうに見えるが実際は難しい所です。やっていくうちに上達していって楽しくなります」

―チームの目標は何ですか?
「関西リーグで男女ともに優勝することです」

―注目選手はだれですか?
「足立原選手(営1)と藤井選手(営1)です。2人とも1年生で全国大会にも出ているので、これからの期待の選手です」

―最後に新入生に向けてメッセージをお願いします。
「高校とは違って自分の意志で練習に取り組まないといけないので大変かもしれませんが、誰でもレギュラーを狙える環境なので、一緒にレギュラー目指して頑張りましょう」

okamoto

【写真 ガッツポーズする卓球部岡本主将】

龍大男子卓球部は2部降格を経験したこともあったが、有力な1年生も加わったことで現在は1部で活躍をみせている。これからは岡本主将が言っていた関西リーグ優勝を目指して頑張ってほしい。

(龍魂編集室 写真・記事/綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ