龍魂編集室

【龍魂編集室企画】アーチェリー部主将にインタビュー

 

アーチェリーとは30m、50mの各距離から的を狙い36射、合計72射の得点を競う競技であり、独特の緊張感があるスポーツである。2012年ロンドンオリンピックにおいて女子団体が日本初の銅メダル、男子個人では古川高晴選手が銀メダルを獲得したことが記憶に新しいであろう。

今回、龍大のアーチェリー部主将である武田隆洋選手(理3)にインタビューした。

 

-部員数、活動日、活動場所を教えてください。

「男子が約20名、女子が5名で、月曜日から金曜日の夕方と土曜日の9時から13時に体育館横で活動しています」

 

-どのような練習をしていますか?

「本数で言うと平日は72射、土曜日は144射打つという感じになっています」

 

-今後の目標はなんですか?

「一番大きな行事が4月のリーグ戦で、各ブロックの勝ち残った学校で戦う試合にまず出場することが第1の目標です。正直、僕たちは強豪校というわけではなく1部に残れるかなという状況になっているので、まずは一勝を目指すことが大前提の目標です」

 

-最後に新入生に一言お願いします。

「大学生活はいろんなことが新しく始まるかと思います。アーチェリーは結構マイナーなスポーツで高校からやっている方も少なく、大学から始める方が結構多いので、もしスポーツをして1位を目指したいという意欲があるんでしたら、ぜひアーチェリー部に一度足を踏み入れてみてはどうでしょうか?」

 

 

主将WEB

【写真 アーチェリー部主将 武田選手】

 

 

(龍魂編集室 記事・写真/豊田美帆)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【龍魂編集室企画】卓球部主将にインタビュー

卓球は100m走をしながらチェスをするようなスポーツと言われている。そう言われているように体力と頭脳が必要である。最近ではオリンピックや世界大会などでの日本人選手の活躍により認知度も上がり、卓球人口が増えてきている。
そんな今人気を増している卓球の魅力について龍大男子卓球部主将の岡本集選手(営3)にインタビューをした。

―活動日、活動場所、活動時間を教えてください。
「月曜から金曜は15時から18時までと18時から21時までの2つのグループに分けて練習し、土曜日は午後から練習しています。練習は第5トレーニング室でやっています」

―練習内容を教えてください。
「始めにストレッチで体をほぐし、次にフットワークなどの基本練習や課題練習をします。最後は実践形式で練習試合をします」

―卓球の魅力の良さを教えてください。
「簡単そうに見えるが実際は難しい所です。やっていくうちに上達していって楽しくなります」

―チームの目標は何ですか?
「関西リーグで男女ともに優勝することです」

―注目選手はだれですか?
「足立原選手(営1)と藤井選手(営1)です。2人とも1年生で全国大会にも出ているので、これからの期待の選手です」

―最後に新入生に向けてメッセージをお願いします。
「高校とは違って自分の意志で練習に取り組まないといけないので大変かもしれませんが、誰でもレギュラーを狙える環境なので、一緒にレギュラー目指して頑張りましょう」

okamoto

【写真 ガッツポーズする卓球部岡本主将】

龍大男子卓球部は2部降格を経験したこともあったが、有力な1年生も加わったことで現在は1部で活躍をみせている。これからは岡本主将が言っていた関西リーグ優勝を目指して頑張ってほしい。

(龍魂編集室 写真・記事/綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ