龍魂編集室

【龍魂編集室企画】目標は西日本、選抜、全日本で優勝することー ~日本拳法部主将へインタビュー~

みなさんは日本拳法をご存知ですか?
私も龍魂編集室に入って、日本拳法部に携わるまでは全く知らないスポーツでした

日本拳法とは拳技、蹴技のほかに組技(投げ技、関節技)を加えた独特のスポーツで、とても迫力があります

インタビュー 1

インタビュー 3
【写真1、2 第62回全日本学生拳法選手権大会の様子】

防具(面、胴、胴当、股当)を使用することで、選手が自由に、力一杯に試合を行えるようになっています

本学日本拳法部は昨年12月10日に行われた第62回全日本学生拳法選手権大会で、3位に輝く素晴らしい成績を収めました
このような成績を収めている日本拳法部ですが、部員のほとんどが大学から始めており、経験者でも高校から始めているので競技歴は長くありません

今回はそんな日本拳法部の杉本力矢主将(社4)にインタビューをさせていただきました
現在部員、マネージャー共に大募集とのことなので、気になった方はぜひ日本拳法部へ!

~杉本主将へのインタビュー~

―部員数、活動日、活動場所を教えて下さい
部員数は30人くらいです。練習は週5回、専精館の第二トレーニング室で行っています

―普段の練習内容を教えて下さい
トレーニングと防具練習を一週間の間に織り交ぜながらやっています。トレーニングの日はマネージャーは休みで、選手のみが筋トレを行っています。防具練習の日はバチバチ殴り合いをしています

―日本拳法の魅力はどんなところにありますか?
日本拳法には体重別による階級分けがないので、小さな人でも大きな人に勝てるところが魅力です

―部の中で注目して欲しい選手はいますか?
全員です

―部の目標を教えて下さい
西日本、選抜、全日本の3つで優勝することです

―最後に新入生へメッセージをお願いします!
しんどいこともありますけど、今行なっている就活にも活かせている部分がかなりありますし、実際強くなったら自分に自信も持てます。一度見に来て日本拳法を知ってもらうだけでもいいので、ぜひお越しください

杉本さん
【写真3 インタビューに答えてくれた杉本主将】

(龍魂編集室 記事/藤井八雲  写真/藤井八雲、長谷川奏珠)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【龍魂編集室企画】女子バスケットボール部主将にインタビュー

現在、2部リーグに所属している龍谷大学女子バスケットボール部の選手たちは日々目標に向けてチーム一丸となって練習に励んでいる。そこで今回、龍谷大学女子バスケットボール部主将の永井見和選手(社3)にインタビューした。

~プロフィール~

名前:永井見和

趣味:お菓子作り(パウンドケーキなど)

ポジション:フォワード

バスケ歴:14年

コートネーム:ヨリ

-チームの雰囲気を教えてください。

「3回生が強すぎて1、2回生のみんな頑張ってついてきてねって感じです」

-チームの強みは何ですか?

「経験豊富で誰が出ても穴を埋めることができて、差がないことが強いと思います」

-今後の課題は何ですか?

「走るバスケを求めているので、40分間流れが速く誰が出ても走ることができるようになることです」

-今後の目標を教えてください

「リーグ戦で2部の上位に行って2部の1位になることです」

-最後に新入生に向けて一言お願いします。

「大学生活を充実できる部活だと思います!」 WEB用

【写真 ユニフォーム姿の永井主将】

 

 

(龍魂編集室 記事・写真/上原航輔)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【龍魂編集室企画】水上競技部主将にインタビュー

水上競技部の競泳部門は現在2部リーグに所属している。3部にはもう戻らない。部員たちはそう思い練習に励んでいる。その部員たちを束ねている西悟史主将(農3)に話を伺った。

 

―部員数、活動場所を教えて下さい

「部員はマネージャーを含めて45名で、男女比は5;1くらいです。競泳、水球、トライアスロンの3つに分かれています。トライアスロンをしているのは、現在1人しかいないので競泳の人と一緒に練習をしています。活動場所は、競泳は、京都教育大学のプールや中書島の伏見港公園プールなどを借りていて、水球は、京都踏水会や乙訓高校のプールなどを借りて練習しています。」

―自分たちのプールはないという事ですか?

「瀬田キャンパスにも、深草キャンパスにも専用のプールはないので欲しいです!」

―西主将の専門は何ですか?

「長距離の自由形です。1500㍍を主軸としています。」

 

―西主将が水泳を始められたきっかけや時期を教えて下さい

「小学校低学年の頃に始めました。自分からやりたくて始めました。」

 

―競泳ではどんな練習をしていますか?

「筋トレなどは各自に任していますが、体幹などはしっかり練習しています。」

 

―プールでたくさん泳ぐという事はあまりしないのですか?

「泳ぎすぎると体に変な癖がついてしまいます。変な癖がつかないように、僕らは意識しながら練習しています。泳ぐことも大切ですが、それはそれで違う練習があります。僕は、みんなに自分の泳ぎを自分で改められるようになってほしいと意識して練習メニューを組んでいます。」

 

―今まで競泳をしてきて良かったことや、辛かったことを教えください。

「我慢強さを身に着けることが出来ました。それ以外にも、水泳は個人競技ですが、練習ではみんなと一緒に泳ぐので仲間というかけがえのないものも手に入ることが出来たので良かったです。しんどかった事は、挫折した時に練習に後ろ向きになってしまった時や、主将として自分はどのようにみんなを支えていったらいいのかと悩むことなどです。」

 

―新入生に向けて一言お願いします。

「僕たち、水上競技部は学年の壁を越えて仲が良いので、フレンドリーに練習に励んでいます。是非、経験者で迷われている人は水上競技部に入ってください。特に、マネージャーと女子部員が少ないので待っています!」

 

い

【写真撮影に応じてくれた西主将】

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

【龍魂編集室企画】アイススケート部主将にインタビュー

滋賀県立アイスアリーナ、関西大学たかつきアイスアリーナで活動する龍谷大学学友会体育局アイススケート部。 選手は10人で、今年から陸トレをはじめ月曜日と金曜日に陸トレ(時間は調整中)火曜日と木曜日に氷上練習がある。氷上練習は夜が遅く24時からの開始だ。

昨年一部Aリーグに返り咲いたアイススケート部主将村田さんにインタビュー

〈主将さんとアイスホッケー 〉

-アイスホッケーを始めたきっかけ-

「中学校に入学した際、何か運動部に入ろうと思っていたところ友達から誘われたのがきっかけです。もともと保育園児の頃に、スケート教室に通っていたこともあり氷上のスポーツに馴染みがありました。」

-好きなプレースタイル-

「インターハイ常連校の白樺学園高校のプレースタイルが好きですね。」

-アイスホッケーの魅力-

「氷上の格闘技と言われるくらい激しいスポーツで怪我などもあるのですが、見ていて飽きることがなく刺激的なところです。」

 

〈主将さんから見たチーム 〉

-昨シーズンを振り返って-

「昨シーズンは一部Bリーグから一部Aリーグに昇格することができたので、チームとしては活気づけられる年になったと思います。」

-新体制となる今年の目標-

「一部Aリーグで最下位であるので、相手との差を少しでも縮められるように、もしくは一つでも多く勝てるようにというのが今年の目標です。」

-注目すべきは-

「実力のある今の一年生、次の新二年生の5人が中心になっていくのではないかと思います。」

〈意気込み 〉 「チームとしての時間を増やしていき、よりよいチームにしていきたいです。」

 

IMG_5192

【写真 ユニフォーム姿の村田主将】

 

(龍魂編集室 記事・写真/丸山恭佳)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

1/71234567

ページの先頭へ

ページの先頭へ