ラグビー部

【ラグビー部】相手を圧倒し、2連勝!

9月27日に宝ヶ池公園運動施設球技場においれ関西大学Bリーグ第2節京大戦が行われた。前半、後半の立ち上がりは攻めてくる相手に苦戦するも、相手を73―10で圧倒。開幕戦2連勝で勢いをつけた。

 

 

試合開始直後、龍大は一気に相手陣地に攻め込む。相手の蹴ったボールを巴山(経営1)が敵陣10mライン左付近でキャッチするとボールを右へパスを回す。流れるようなパスで相手を揺さぶり、ボールは藤谷(法4)に。藤谷は相手のバックスの間にスペースを見つけるとそこへボールを蹴り出した。相手ゴールライン付近まで転がったボールをつかんだのは中村(経済1)。先制トライを決めた。しかし、浜村コーチが振り返るように「相手が始めから挑戦してくるというのはわかっていた」とその後は自陣でのプレーが続き苦戦を強いられる。それでも前半22分にモールでトライを奪って勢いに乗るとその後も立て続けにトライを奪い前半を折り返す。

 

写真1

【モールでトライを決めた龍大】

 

 

後半は「しっかり主導権を握らなければいかなかった」と大内監督が話すように、龍大のキックミスから我慢のプレーが続いた。再三、ゴールライン付近まで攻め込まれるも「ゴール前のディフェンスはしっかり粘れてよかった」と伊藤(法4)が話すように、龍大のディフェンスがしっかりと相手を止めた。すると後半15分、チャンスが訪れた。相手のラインアウトのボールを龍大が奪うとパスを回して相手陣地へ。最後は中村が相手を振り切りトライを決めた。その後は龍大が主導権を握り試合が続いた。終了間際に中西のトライで勝負あり。73―10で試合を終えた。

 

 

写真2

【ラインアウトでボールを受ける北野】

 

 

73―10と大差で勝利したが「嬉しかったり、悲しかったりそういう喜怒哀楽を出してほしい」と選手たちに気持ちを前に出したプレーを期待した大内監督。龍大はあくまでも入れ替え戦を見据えてリーグ戦に臨んでいる。気迫のこもったプレーが増えれば自然とチームの士気が上がるはずである。監督の期待に選手が応えれるか、注目である。

 

 

<大内監督のコメント>

「先週、最初の20分間が悪かったので今日も最初からという気持ちでいた。それでもやっぱり最初の20分なかなかうまくいかなかった。後半の最初、うちがしっかり主導権を握らなければいかなかったが、京大は昔からしっかりしたまじめに一つ一つプレーしてくるチームなので相手が崩れてくれなかった。チームの戦術とか決めごとをこなそうとしている。もちろんそうだがそれ以上にプレーを楽しんでほしい。10試合のなかの2試合が終わったので焦らずプレーしてほしい。進化していかいといけない。」

 

<浜村コーチのコメント>

「相手が始めから挑戦してくるというのはわかっていて、毎年その部分で受けてしまっていたが、先週も入りが悪かったということでそういう意味では自分たちで考えて対応はしていたのかなと思う。その点に関してはここ数試合で対応力がついてきたのではないかと思う。いい状態とは言えない。その部分に関しては練習の時から自分達で言っているのでできるようにしてほしい。」

 

<伊藤選手のコメント>

「前半最初苦しんだ場面もあった。みんなで修正しようっていう話はできていたのでそこは成長じゃないかなと思う。ペナルティが続く場面が多くてそれも反省だが、相手にトライを一本取られたっていうのが反省かなと思う。前半の入りも後半の入りもどこか引きつってる場面があった。そこを修正点だと思う。やろうとしていることは選手同士でコミュニケーション取れているので言っていることを実現してトライに結びつければいいかなと思う。ゴール前のディフェンスはしっかり粘れてよかった」

 

 

(龍魂編集室 記事/ 写真 向川佳佑)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

【ラグビー部】秋季リーグ開幕!

9月20日に大阪大学吹田キャンパスグラウンドにおいて関西大学Bリーグ開幕戦対甲南大が行われた。前半の序盤に自陣まで攻められ苦しんだが、徐々に龍大ペースの試合を展開して81―7で勝利した。

 

 

Aリーグまであと一歩とした入れ替え戦から一年。雪辱を果たすべく今年の秋季リーグがスタートした。

しかし、試合開始直後は「シーズン最初ということで緊張でプレーは固くなるだろうと予想はしていた」と怪我でスタメンを外れた森田主将が話すように自陣でのプレーが続き、相手の攻撃を受ける状態となる。それでも前半19分、龍大はスクラムからチャンスを作り出す。相手陣地で龍大ボールのスクラムから左右にパスを出して相手を揺さぶりゴールライン中央まで攻め込んだ。粘る相手に龍大は猛攻を続けるなか栗本(文2)がトライを決めて先制点を奪った。このトライをきっかけに龍大は終始相手陣地でプレー。前半だけで6トライを決めて33―7で前半を折り返した。

 

後半も龍大が主導権を握った試合となる。47―7でリードした後半12分、両チーム長いキックで相手陣地に攻め込もうとチャンスを伺う。いったんは龍大が自陣22mライン手前まで押し込まれるも、龍大がキックしたボールをハーフウェイラインで受けるとパスをつなぎ相手陣地へ。そして最後にパスを受けたのは北野(国3)。トライを決めてリードを広げた。その後も攻め続けた龍大。試合終了間際の中村(経済2)のトライで試合終了。81―7と大差をつけて勝利をつかんだ。

 

 

写真1

【トライを決めた北野】

 

 

 

写真2

【相手を振り切る中村】

 

Aリーグ昇格に向けて好スタートを切った龍大。「今年はプラスしてボールを動かそうというのが今年のチームが目指す形」と今年の龍大らしさを森田主将(経営4)が話してくれた。

去年はモールという最大の武器を中心に戦ってきた。さらに今年はモールにフォワードとバックスが一体となった動きのあるラグビーが誕生した。「今日のボールを動かしてトライを奪えたということはいい形のトライだったと思う」と森田は新しい武器の誕生に喜びをみせた。

「Aリーグに上がって龍谷大学ラグビー部の歴史を変えたい」と秋季リーグの目標として意気込んだ森田。新しい武器とともに秋季リーグを勝ち進みAリーグ昇格へ。頑張れ龍大!

 

 

〈大内監督のコメント〉

「前半20分すごく苦しんだが、徐々に自分たちの形ができたと。その苦しんだ理由は接点でアタックもディフェンスも体を張れなかった。 自分たちはリーグ戦9試合、入れ替え戦の1試合の10試合を戦う、最後にいい形を持っていけるかということを考えている。あまり早くチームを作らず、本来なら焦りたいところだがあんまり焦らず少しずつ少しずつ意識とかフィジカルとかをあげていくということをやってきた。

Aチームにあがるということが一番の目的。一つ一つの試合を精度をあげて反省を少なくしてやっていきたいと思う」

 

〈浜村コーチのコメント〉

「初戦にしては去年よりいい感じだと思う。練習も80分ゲームと同じように立ち上がりもしっかりしようというのが課題なので練習どおり悪いとところが出たと思う。チームとしてどういう風に点を取るかということが春はうまくいかなかった。そこに夏はしっかり時間をかけて、みんなが同じイメージを共有できるように細かいところとかを気にしてきた。

このリーグは笑えるリーグにしたい。しっかり結果を出して、今までの練習試合が出ていなかったので、いろんな人に応援してもらえるように自分らのパフォーマンスで見せて行こうという話をしている」

 

〈森田主将のコメント〉

「シーズン最初ということで緊張でプレーは固くなるだろうと予想はしていた。そのとおりになって試合の入りっていうところが一番の課題だと思っている。接点の部分で受けてしまったのが前半すごく苦しくなった原因だと思う。後半は前半に比べて自分たちのラグビーがはまったので良い形でトライを奪えた。

去年はフォワード中心のモールでトライをとる得点源だった。それに今年はプラスしてボールを動かそうというのが今年のチームが目指す形。そういう意味で今日のボールを動かしてトライを奪えたということはいい形のトライだったと思う。

結果を残すことが重要だと思っている。しっかりAリーグに上がって龍谷大学ラグビー部の歴史を変えたいと思う」

 

〈伊藤選手のコメント〉

「最初の部分キックオフの入りのところでこけてしまったのは反省点かなと思う。それでも後半はボールをしっかり動かせて自分たちのラグビーができたと思う。去年はモールで戦うってことを意識してきたがフォワード、バックス一体となってボールを動かすということを目標にやってきた。

結果としてはAリーグ昇格ということを目標としてやっている。それに向かって個人的には全力で取り組んで行きたいと思う。その結果でAリーグに上がれたらいいと思う」

 

〈近藤選手のコメント〉

「内容的には良くもなく悪くもなく、前半20分相手に差し込まれた部分があった。最初から自分たちのペースを作りたい。20分からは自分たちのペースでできたのでそこは問題ない。秋季リーグは個人的に楽しんでいけたらいいと思う。一つ一つ緊張するのではなく自分たちの持ち味をだせたら楽しいと思うので楽しんでいけたらと思います」

 

〈北野選手のコメント〉

「入りが良くなかった。練習でも入りが良くなく試合でもそのまま出てしまった。入りの10分がカギ。相手が元気なときに入りの10分でしっかりしていくか。入りの10分でトライを取られはしなかったがディフェンス前に出ないと上の相手にはかなわないと思う。リーグは入れ替え戦で勝つことが目標。Bリーグ相手に負けていたらAリーグには勝てないのでシーズン終了までトライを取られないくらいの気持ちで全勝して入れ替え戦までいきたい」

 

(龍魂編集室 記事 向川 佳佑 / 写真 南 美鈴)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

【ラグビー部】強豪相手に課題収穫

7月11日に京都産業大学ラグビーグランドにおいて、オープン戦対京産大が行われた。Aリーグの強豪相手にオープン戦最後の一戦に挑んだ龍大。試合は終始、攻められる展開が続くも後半33分にモールでトライ。相手を押し込んだが反撃もむなしく5―68で試合終了。試合には敗れたが夏に向け多くの課題を収穫した試合となった。

 

 

「前半の入り10分はしっかりいい形でいけていた」とゲームキャプテンを務めた伊藤(法4)は振り返った。しかし強豪の勢いが龍大を襲う。前半13分、自陣で相手ボールのスクラムでそのまま押し込まれて先制のトライを決められた。さらに前半23分にもトライを奪われてリードを広げられる。反撃したい龍大はハーフウェイライン上でボールを回しチャンスをねらう。再三のアタックで相手ディフェンスを突破しようとするが、相手の堅いディフェンスが行く手を阻んだ。その後も相手にトライを決められて0―35で前半を折り返す。

 

 

後半も苦しい展開に。後半2分に自陣で相手にプレーされてトライを決められると、立て続けに相手に攻め込まれて自陣での防戦が続く。我慢のプレーが続く中で龍大にチャンスが訪れた。後半33分、相手のペナルティで敵陣22mライン付近から龍大はラインアウト。ゴールライン手前で両選手たちの攻防が続く中で前進したのは龍大。相手を押し切りトライを決めて5―63とした。それでも後半40分、相手にトライを奪われて5―68で試合終了。課題の残る試合となった。

 

写真1

【相手ゴールライン付近で話す選手たち】

 

 

 

写真2

【モールで前進する龍大】

 

 

「良い課題を夏合宿に向けてもらった」と今日の試合を振り返った大内監督。Aリーグの強豪相手に大差をつけられての敗北となったがそれ以上の収穫がある試合だった。今年のオープン戦はけが人が多く、満足のいくプレーをしている選手は多くはいないはず。選手たちはこれから夏の厳しい練習に励むだろう。夏を越えたリーグ戦に備えそれぞれの課題を修正してもらいたい。

 

 

 

〈大内監督のコメント〉

「今日でオープン戦が終わりで、次が8月の菅平での試合なので出し切っていこうと話していた。今日の試合は課題がすごく見える試合で、良い課題を夏合宿に向けてもらったなという気持ち。セットプレー。ラインアウト、スクラム、キックオフ。とくにスクラムはこだわっているので今日の試合ではやられ過ぎたと思う。キックオフも1人目はいいが2列目のアタックの仕方が悪かった。ラインアウトも去年まではドライビングモールからのトライが今日はうまくいかなかった。色んな課題をもらって、これからだなという今のチーム状況だと思う。チームの仕上がりは去年よりもゆっくりだと思う。1年生に良い選手が入ってきたので、彼たちの伸び方とか慣れなどがまだまだなので、ゆっくりとしてあげたい」

 

 

〈浜村コーチのコメント〉

「ディフェンスは今までのゲームに比べたらやろうとしていることは、意識してやってくれていたと思う。全員でしっかり前にプレッシャーかけて、受けるようなディフェンスはやめようということは80分がんばってくれたと思う。点差については単純なミスタックルとスクラムが原因だと思う。いつも選手たちにはどんなシステムであったりどんな考えであったり、1対1で負けたら機能しないので気を付けていきたい。大体大との試合が終わってからこういうことをしようっていうのを今日ディフェンスがプレッシャーをかけようということだったので、できてないはいないがやろうとしていることが見えた」

 

〈伊藤選手のコメント〉

「前半の入り10分をしっかりいい形でいけていたが、20分、30分と時間が経つにつれて一人一人のタックルを外されたりだとかで崩されたかなと思う。モールで点を取れたということについては去年からやってきたことができたのでそれは良かったが、最終的にボールを動かしてトライを決めるというのが僕らの目標。それができなかったというのは悔しいと思う。オープン戦はいろんなことシステムなどでチャレンジしようということで、2週間で結構変われたと思う。これから先もそういうところを増やしていきたい」

 

〈近藤選手のコメント〉

「オープン戦はケガ人が多く出たのが自分たちの弱さが出たところだと思う。全体的にアタックのシステムには自信が持てたのでそこが収穫だと思う。そこが強みなのですが、Aリーグのチームになるとそのアタックがなかなかできていないのでそこが課題になると思う。入れ替え戦をやるとなると相手はAリーグのチーム。この部分を修正したい。個人個人で課題は違うと思う。その課題に真剣に取り組んでくれれば、合宿を行うときにはよりよいチームになると思う」

 

 

(龍魂編集室 記事 向川 佳佑 / 写真 南 美鈴)

龍スポ141号 7月22日発行予定!

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

【ラグビー部】オープン戦開幕!

5月23日、京都大学宇治グランドにおいてオープン戦対京大が行われた。前半に龍大はペナルティで苦しむも17―7、後半はテンポよくトライを決めて69―7で勝利。初戦を勝利で終え好スタートを切った。 先に仕掛けたのは龍大だった。前半11分、ハーフフェイライン上で相手からボールを奪い龍大ボールとすると、パスを受けた中西(経営2)がゴールラインへ。相手を振り切りトライを決めて先制点を奪い龍大ペースで試合が進む。

 

しかし、「前半はペナルティが多かった」と近藤(経済4)が振り返るように、前半15分、ペナルティで相手ボールのスクラムからラインアウトと展開され、そのまま押し込まれてトライを奪われてしまう。それでも前半19分、良原(文3)がタックルで相手を止めると、こぼれたボールを森田(経営4)が拾って長野(経済1)にパスを出す。さらに山野(法2)にボールが繋がるとそのままトライ。さらにその後も追加点をあげ前半を17―7で折り返した。

 

写真1

【先制トライを決めた中西】

 

 

写真2

 

【相手を止める良原】

 

後半は北野(国3)がゲームキャプテンを務め、選手を大幅に入れ替えた龍大はテンポよく試合をリードしていく。後半2分に東(経営2)、後半7分に多胡(文4)が独走トライ。点差を広げるとその後も追加点を決めた。「エリアをキックでとったりしたのが良かったと思う」と金谷(経営3)が振り返るように東がハーフフェイライン中央でボールを受けると左前方にボールを蹴りだす。そこに走り出したのは犬飼(文2)。ボールを拾い相手を置き去りにしてトライを決めた。また、後半32分、相手陣地中央でパスを受けた金谷はタックルしてきた相手を片手で振り切るとそのままトライ。圧倒的なフィジカルをみせつけた。69―7で後半は相手にトライを許さず試合終了。幸先の良いスタートを決めた。

 

 

写真3

【相手を寄せ付けない金谷】

 

新チーム初戦。スタメンに1年生が5人出場し、初々しさを感じさせてくれた。浜村コーチが「1年生はまだ殻被っているところがあるのでこれからもっと個性を出して欲しいなと思う」と振り返るようにこれからの飛躍が期待される。また、今後のオープン戦では「コンタクトだけは誰にも負けない」と話してくれた金谷や80分間フル出場を果たし、後半のゲームキャプテンを務めた北野のように力を発揮してくれる選手が多く出てくるだろう。まだオープン戦は始まったばかり、龍大ラグビー部の成長を願いたい。

 

〈浜村コーチのコメント〉 「1試合目だったのでみんなそれなりの気持ちを持ってプレーしていたと思う。やろうとしているところはあったのでこれからどう変わっていくか、1年生も5人ぐらい出たので楽しみ。1年生はまだ殻被っているところがあるのでこれからもっと個性を出して欲しいなと思う。後半はそれぞれが持ち味を出して、個人の良さが出たと思う。 オープン戦は怪我がなかったことが収穫。3年生の北野とか80分フルで出て後半はリーダーでやってくれて、プレーもリーダーらしくやってくれたと思う。去年の接点の部分も意識して、ボールを動かせるかというのを考えて練習を積んでいきたい」

 

〈森田主将のコメント〉 「シーズン初戦ということもあってなかなか噛み合わない部分もあったが楽しくできたかなと思う。バックスとフォワードの部分でまたまだ噛み合わなかった。初戦ということなのでまだまだできていない所が多いが、勝つことができて喜びを感じている。来週から試合も続くので課題を修正していきたい」

 

〈近藤選手のコメント〉 「前半はペナルティが多くて、自分らのペースでやれてなかったが、格下だったのでフィジカルでは勝てていて前には進めていたがトライを取りきれなくて自分たちでストレス溜まっていたと思う。ミスのところで何個も何個もペナルティ取られてすぐに修正できなかったところが課題。Aリーグだと試合中に修正する力が高くて、僕らはミスが多くてそれがどんどん続いたのが反省だと思う。ブレイクダウンでしっかりボールを出せたとことテンポが良かった。最後のツメのところでノックオンとかないようにできればいいと思う」

 

〈北野選手のコメント〉 「前半悪かったところを課題にして思いっきりミスを恐れずにやろうというとだけ意識した。ペナルティが多かったのでバックスの1次ライン2次ラインの簡単なミスが多かった。そこだけ精度高くいこうと意識した。いいところでのミスとかあったがチャレンジしたミスだったのでそれについて次の試合までに高めていけると思う。全体のシステムというのをやっているが全体に繋げれなくて行き当たりばったりな攻撃になってしまった。ディフェンスもシステムがあるので全員で面を作ってやっていかないとダメだと思う」

 

〈金谷選手のコメント〉 「前半あまり良くなくて、後半はパスが外まで回ってちゃんとラグビーができてエリアとかキックでとったりして良かったと思う。エリアとか取れてちゃんと外まで振ってトライとか後半はディフェンスがノートライだったので良かったと思う」

 

〈田志選手のコメント〉 「個人としていける部分があったが練習でチームの機能として僕らが声をかけなければいけなかったが、あんまり最初の方は意識できてなかった。次の試合までに修正していきたいと思う。去年は3試合くらいリザーブで入っていたが今年は出れたらしっかりプレーできるように信頼されるプレーヤーになりたい」

 

(龍魂編集室 記事 向川 佳佑 / 写真 赤松 佑樹) 龍魂編集室では現在新入部員募集中!! 興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ