ラグビー部

【ラグビー部】大日祭を開催!保護者、OBと交流を深める

4月23日、南大日グラウンドにおいて大日祭が行われた。

 

保護者および龍大ラグビー部OBの方々と交流を図る大日祭。現役の選手と保護者によるタッチフット大会、1年生を中心とした現役の選手対OBの20分ハーフの試合が行われた。OBの稲津さんは「こういう活動をSNSで発信し、みんなに見て頂いてこういう大学ですよ、というのを知ってほしい。OBもこれをみてグラウンドに帰ってこようと集まる場所になれば」と大日祭への思いを語った。

写真1

【写真 保護者とのタッチフット対決】

 

現役対OBの20分ハーフの試合では、前半は現役選手がリードする展開。しかし後半には浜村監督がOBチームのメンバーとしてゲームに加わり、OBも追い上げをみせて試合は大いに盛り上がった。「昔一緒にプレーしたメンバーと久々に会って、短い時間だったがまた一緒にプレーできて楽しかった」と浜村監督はOBとして試合に参加した喜びを語った。また、試合を観戦した龍大OBでプロチーム、ヤマハ発動機ジュビロで活躍する伊東力さんは「これからだと思うけど要所、要所でいいプレーが出ていたので、そこと自分の個性を生かしながらプレーしていってほしい」と現役選手へエールを送った。

写真2

【写真 現役対OB(白…現役、青…OB)】

 

伊東さんと同じく龍大OBで、ヤマハ発動機ジュビロで活躍する松本力哉さんは「OBがこうやって龍大を盛り上げようとやっている。現役とOBが一体となれれば」と語る。

今回の大日祭は選手たちにとって、保護者やOBなど様々な方々の応援を間近で改めて感じられるよい機会となったことだろう。龍大ラグビー部は一丸となり、Aリーグ昇格に挑む。

写真3

【写真  集合写真】

 

―OB伊東選手から龍大選手へ一言

「大学生はふらふらできる環境。そこを我慢してどれだけできるか。自分に厳しくなれるかどうかです。みんなが言い合えるチームは雰囲気も良く、強くなれる。Bリーグのチームは上の人だけが頑張る傾向がある。みんなで頑張ってほしい」

 

―OB松本選手から龍大選手へ一言

「自分は龍大最弱の時期のキャプテンで自分には厳しくできたが人にはできなかった。だから人にも厳しくできるチームになってほしい。お互い言い合うことが大事。本当にやりたいと思ったらなんでもできます。努力次第で最弱でもプロにもなれます」

写真4

【写真 OB松本選手(左)、伊東選手(右)】

 

〈浜村監督のコメント〉

「この交流を通して普段の学生の感じや、OBにもいろんな人達がいることを知ってもらってOBにも戻ってきてもらえる場所にしたい。(部について)龍大のラグビーは変わらないので一丸になれるかどうか全員がAに上がりたいという気持ちを持って取り組んでほしい。今の部は新しい幹部になり、新1年生が入ってきてみんなが気を遣いあっている。はやく勝つということに本音で、どうやったら勝てるのか考えあってほしい。今は去年、入れ替え戦に出たときのラグビーを継続した中でもっとボールを動かせるようなラグビーができればなということを学生が言っているので、それに向けて色々と実現したいなと思っています」

 

〈OB稲津さんのコメント〉

「このような活動をSNSで発信し、みんなに見て頂いてこういう大学ですよ、というのを知ってほしい。OBもこれをみてグラウンドに帰ってこようと集まる場所になればいいかなと思います。今の部は非常に真面目なのでもっと色々楽しくやっていただければと思います。4年間、龍谷大学ラグビー部に所属してよかったなと悔いが残らない学生生活にしてほしいです」

 

 

(龍魂編集室 記事/南美鈴 写真/堅田彩香)

 

現在、龍魂編集室では新入部員を募集中。

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【ラグビー部】最後まで戦い抜いた入れ替え戦

12月13日、宝ヶ池球技場において関西大学A・Bリーグ入れ替え戦が行われた。昨年敗北した近大を相手に奮闘するも、20―35で敗れ、Bリーグ残留という結果に終わった。

 

龍大ボールで試合開始。スタンドからの声援を背に相手陣地で積極的なプレーを展開する。そして前半14分。ゴールライン手前5メートルで龍大のラインアウトからボールを受けるとそのまま龍大が一気にモールで押し込み先制トライ。好調な立ち上がりをみせた。しかし前半19分に相手にトライを奪われてしまうとその後も龍大のミスから相手にペナルティゴールを許し、相手にリードを許す。それでも龍大も相手のミスで得たペナルティゴールのチャンスを近藤(経済4)がしっかりと決め、点差を縮める。そして前半を相手に迫る8―13で後半に繋いだ。

 

写真1

【写真 モールでトライを決める選手たち】

 

相手ボールで始まった後半。走り抜けトライを狙う相手を前に、龍大選手も負けじと食らいつく。しかし後半の序盤はなかなか思うように攻めることができず、相手との点差が開く苦しい展開に。そんな流れが変わったのは後半25分だった。ボールを手に良原(文3)が相手ディフェンスをかわし、ゴールまであと一歩のところまで攻め入ると東(経営2)にボールを出す。ボールを受けた東は一気に走り抜けトライ。コンバージョンキックも近藤がしっかりと決め、龍大に流れを引き寄せる。勢いにのった龍大はスピードある強気なプレーをみせ後半29分にもラインアウトからボールを奪い、一気にモールで相手を押し込みトライ。連続得点を決めた。勢いに乗り、最後まで相手に食らいついた龍大だったがAリーグまであと一歩と迫った20―35で試合終了を迎えた。

 

写真2 (1)

【写真 ゴールラインに向かう東選手】

 

リーグ戦、そして最終戦。グランドに立つ選手たちと同じように大きくチームに貢献した部員がいる。それはスタンドから応援する部員だ。彼らの応援はスクラムやモール、トライを決めたあとにスタンドから聞こえてくる。リズムに乗った、元気のある声援はグランドで闘う選手の士気をあげていた。応援団の部員を指揮した中川は「選手でも流れって作るのは難しいと思う。それを場から盛り上げて選手が作れなかった流れを僕たちから作れるようにしたいと思って応援をはじめた」と話す。そしてスタンドからの声は試合終了後も止むことはなかった。「ありがとう」、「おつかれ」、「かっこよかった」といった激励の声援が選手たちを包んだ。

一年間チームを引っ張ってきた森田主将(経営4)は「今年は負けたという答えになった」とAリーグへあと少しと迫っただけに悔しさを滲ませた。それでもチームは昨年の入れ替え戦よりも着実に自信をつけてきていることを実感し「来年どうやって活かしていくのか、下級生にがんばってほしいと思う」と森田は後輩にAリーグへの道を託した。

来年こそ。再び入れ替え戦に出場し、Aリーグ昇格への切符を手に入れれば、今年の激励の声援は歓喜の声に変わるだろう。がんばれ龍大!!

 

写真3

【写真 試合終了後、選手を激励するスタンドの部員】

 

〈大内監督のコメント〉

「力は十分あったと思うし、チャンスも十分あったと思う。去年以上の戦いをしてくれた。一人一人の選手に感謝したい。後半の入りが悔やまれる。前半は、モール以外は負ける要素がなかった。ラインアウトからのモールのディフェンスだけ。後半は自信をもってそう伝えた。

4年生には社会に出てしんどいことや成功したことを財産として持って社会に出てほしい。小さくまとまらず大きく生きてほしい」

 

〈浜村コーチのコメント〉

「悔しいが、選手たちがやろうとしていることはやって、相手のやりたいことをやらせなかったので頑張ってくれた。最初にやっぱり緊張感があって、去年と同じで最初の10分間良い流れで来ていたがそこでスコアをとれなかったことがしんどかったと思う。最後まであきらめずにひたむきにプレーしてくれた部分は残していってほしいなと思う。チャレンジャーな部分は上に上がったときには必要だと思う。

(一年間チームをみてきて)森田は本当によくやってくれたと思う。森田の真面目な性格と常に前向きな気持ちがあって最後は良いチームになったと思う」

 

〈森田主将のコメント〉

「チームテーマは力を出し切るということでそういう部分ではいつもよりバックスでもボールを回せていたし、フォワードの強みであるモールも前面に出せていたと思う。今日の試合は先に点を取ろうとしていた。どれだけ点差で負けていたとしてもぼくらが冷静に点を積み重ねていって最後に1点差で勝てば勝ちなのでそういう風なことを意識していた。

ケガばっかりでキャプテンとしてリーダーとして役割を果たせたのかはわからないが、今年の答えは、負けたという答えになったので来年どうやって活かしていくのか、下級生にがんばってほしいと思う。感触的には去年より一年間がんばってほしいです」

 

〈近藤選手のコメント〉

「(試合を振り返って)流れの良いところでのミスが響いた。でも今日の試合が自分たちの集大成で楽しんでプレーできたと思う。でもこの一年間の集大成がこの80分だと思うとすごく試合が一瞬に思えた」

 

 

〈伊藤選手(法4)のコメント〉

「前半自分たちの流れでできたと思うのでそこは良かった。それでも後半の入りの部分で相手が焦っていたと思うがそこで仕掛けきれなかったところがいたかったと思う。今日の試合前の雰囲気は今まで一番よかったと思う。

(一年間チームを引っ張ってきて)色んなことがあってしんどいこともあった。それでも最後いい形というか、一番良いゲームができたと思う。その点が、ぼくたちが一番成長した点だと思うし、それを来年も続けてしっかり上がってもらいたいと思う。

(後輩たちに)2年連続で負けてしまっているので負けの感触とかはわかっていると思う。最後は笑顔で勝って終われるようにしてほしい。しんどいことがあると思うが今日の入れ替え戦のことを思い出してもらって、次こそAリーグに復帰してもらいたいと思う」

 

〈中尾選手(政4)のコメント〉

「(試合を振り返って)一番楽しかった試合。相手が強いと分かっていて初めに先制点を取ることができて、ずっと追いつけるような点差の中で点を取られて取って、ワクワクするような試合ができて楽しかった。最後の試合なのでミスはしないという心構えでいた。

(去年の入れ替え戦からの1年間を振り返って)去年自分は入れ替え戦に関係なかったので特別入れ替え戦への想いはなかった。

(4年間を振り返って)最後の1年間が1番しんどくて1番楽しかったです」

 

〈野村選手(法4)のコメント〉

「(試合を振り返って)みんなも気合の入った状態で、前で試合を展開できていたが、途中で中だるみしてしまい、そこから追い上げるという状況があった。中だるみの部分が無ければ勝てていたかもしれなかった。

(今年1年間4年生としてチームを引っ張ってきて)自分は途中から練習に入っていったので、Aチームには上がれないと思っていた。最後にAチームに上がって、自分のやるべきことはしっかりやろうと思って取り組んだ」

 

〈富松選手(経済4)のコメント〉

「最後だったので思いっきりやろうと思った。学生生活最後の試合だったので楽しかった。去年も同じ相手で、リベンジだったので去年よりも気持ちは入っていた。去年は2番としてスタートメンバーで出ていたので自分の中での気持ちの変化はあったが、威勢をつけて臨んだ。でもリベンジを果たせず残念。

(4年間を振り返って)一瞬でした。楽しかった。

(後輩に向けて)来年も入れ替え戦に行って来年こそ勝ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/南 美鈴、向川 佳祐 写真/長谷川 奏珠)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

【ラグビー部】無敗対決。リーグ優勝の行方は…

11月29日、宝ヶ池公園運動施設球技場において関西大学ラグビーBリーグ最終節大阪体育大学戦が行われた。両チーム無敗同士で迎えた一戦。勝てばリーグ優勝となったが接戦の末、26―33で敗れた。

 

試合開始直後、両チームはキックを使ってお互いの様子を窺う展開が続く。しかし前半11分、相手にラインアウトから速さのあるプレーでトライを決められ、先制点を奪われた。それでも龍大はセットプレーから流れを掴み始める。自陣で相手ボールのラインアウトを奪い、マイボールにするとキックでいっきに敵陣22mまで陣地回復。その後は敵陣でのプレーで相手を揺さぶる。すると前半25分にチャンスが訪れた。ハーフウェイラインからボールを回して相手ディフェンスを崩すとパスを受けた北野(国3)がゴールライン左にトライ。我慢のプレー続くなかで反撃の狼煙が上がった。さらに前半終了前にフォワード陣がモールで押し込みトライ。12―19で前半を折り返した。

 

写真1

【写真 トライを決めた北野】

 

後半も先にトライを決められるも簡単には龍大は主導権を渡さなかった。敵陣22mからのラインアウトでゴールラインまで攻め上がる。そして相手のスキを突いたのは中西(経営2)。後半4分、相手ディフェンス陣が空いたスペースに走りこんでトライを決めた。さらに後半14分、再び敵陣22mからのラインアウトでモールを形成して前進する。トライまであと一歩のとこまで迫りボールを持ち出した野村だったが相手のタックルに阻まれた。しかし相手のタックルがペナルティとなり認定トライに。26―26の同点とした。しかしその後に勝ち越しのトライを奪われ26―33とされた龍大。試合終了間際に相手ゴールラインまであと一歩と迫るも惜しくも、ペナルティで相手ボールとされてここでノーサイド。リーグ戦は2位という結果で幕を閉じた。

 

写真2

【写真 相手ディフェンスのスキを狙った中西】

 

試合には惜しくも敗れたが「私たちがAリーグでやっていた時の雰囲気に戻ったと思う」と振り返った龍大。この日は多くの観客が試合を見に訪れていた。そのなかでも一際目を引いたのは龍大ラグビー部の応援団。メンバー外の選手が大きな声スタンドをから響かせ選手たちを鼓舞した。入れ替え戦に向けて主将の森田は「チャレンジャーという気持ちを忘れずに入れ替え戦では力を出し切っていきたい」と意気込んだ。Aリーグまでもう少し。チーム龍大一丸となって掴み取ってくれ!

 

写真3

【写真 チーム一丸となって応援するスタンドの部員】

 

〈大内監督のコメント〉

「久しぶりに感動する試合をしてくれて感謝。十分勝てる試合だった。予定していたセットプレーで上回ることができた。あとちょっとしたところでした。今日一人ひとりが激しくディフェンスをしてくれて、意思を持って、チャレンジしてくれて、一生懸命やってるなということが感じ取ることができた。今日の試合は次につながる。今日の雰囲気と去年経験した雰囲気と似通った部分がある。入れ替え戦は独特の雰囲気がある。今回勝てたほうが1位ということでお互いのリハーサルにはなったと思う。私たちがAリーグでやっていた時の雰囲気に戻ったと思う。学生スタッフ、保護者、大学関係者の色んな人が楽しんで応援してくれるそういう雰囲気になったと思う。入れ替え戦2回目のチャレンジ。一人ひとりが出し切ってほしい」

 

〈森田主将のコメント〉

「前半は我慢のプレーが多かったので、そこのところ精度は試合前に話をしていた。後半はモールとかでトライを奪って勝負ができる位置まで来ていたと思う。それでも自分たちのミスが出て、自分たちがやろうとしているところで取りきれていないというのは反省点だと思う。もう一度自分たちが目指すラグビーを再確認してチャレンジャーという気持ちを忘れずに入れ替え戦では力を出し切っていきたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/ 写真 向川佳佑)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

【ラグビー部】フォワードの力輝る

11月22日、甲南大学六甲アイランド総合体育施設ラグビー場において関西大学Bリーグ第8節大阪教育大学戦が行われた。相手のスピードあるバックス陣の攻めをまえに競った試合展開となったが龍大のフォワード陣が食らいつき、42―21で勝利。また1つ勝利を重ね、今季負けなしの強さを見せつけた。

 

試合開始12分、龍大ボールのラインアウトからボールを奪うとパスを出しながらじりじりと距離をつめて最後は岡田(文1)がトライ。その後のコンバージョンキックも近藤(経済4)がしっかりと決める。先制点を奪い、勢いをつけた龍大は前半22分にもチャンスを掴んだ。相手が取り落としたボールを野村(法4) が奪うと、そのまま相手を振り切りトライを決めて点差を広げる。相手に得点を許す場面も見られたが、前半を28―14で折り返した。

 

写真1

【写真 トライを決めた野村】

 

後半も龍大は攻める。「今日はフォワードが頑張ってくれた。セットプレーがよかった」と近藤が振り返ったように、一気に走り抜けてトライを狙う相手をまえにフォワード陣が果敢に食らいつく。そして後半38分、ゴールライン手前5mで龍大ボールのスクラム。そのまま一気に龍大が押し込みトライを決め、この試合に47―21で勝利した。

 

写真2

【写真 スクラムで押す龍大】

 

この試合でAリーグとの入れ替え戦進出を決めた龍大。試合後、浜村コーチは「勝ちにこだわって相手の強い部分を出させないようにどれだけできるか、しっかり準備したい」と語った。また近藤は「練習1つ1つに試合のイメージを持ってやることを確認して制度を高めていきたい」と語る。次の最終戦、入れ替え戦を見据え、ますます士気が高まってきている龍大。Aリーグ昇格まであと一歩。止まらない勢いで次戦に挑む。

 

〈浜村コーチのコメント〉

「ボールを取りきるところでしっかり取りきれればよかった。最終戦、入れ替え戦に向けてどこまで選手たちがしっかり言い合えるか。勝ちにこだわって相手の強い部分を出さないようにどれだけできるか、しっかり準備したい」

 

〈森田主将のコメント〉

「今日のゲームに関して意識しようとしていたことがあまりできていなかった。自分たちのミスから崩れてしまったりペナルティで陣地を相手にもっていかれたのはダメな点。大体大戦は昨年Aリーグから落ちてきて強いところは強いと思う。それでも僕たちは自分たちが目指す姿を目指してやっているので、自分たちが持っている力を出し切れば勝てない相手ではないと思う。厳しい試合にはなると思うが絶対勝って、久しぶりのリーグ戦優勝を遂げたい」

 

〈近藤選手のコメント〉

「ミスが多かったけれどフォワードのセットプレーがよくてそこで勝てたのが良かった。ハンドリングエラーとバックスで取り切れなかったところがしっかりできれば入れ替え戦もいけるかなと思います。練習1つ1つに試合のイメージを持ってやることを確認して制度を高めていきたい。去年から今までやってきたことをやって自分たちが楽しんでプレー出来たらいいかなと思います」

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ