ラグビー部

大内イズム日々浸透中!

6月15日、ラグビー部オープン戦が皇子山陸上競技場にて行われた。

浜村ヘッド就任後、「オール龍谷」で活気づく青龍ラグビー。相手の近畿大学はAリーグに所属しており、昨年の対戦では0対44と大敗を喫している。全てにおいて格上の相手に対して、同じ轍を踏まないと強い意気込みで挑んだ。

 

一年前とは違う光景がそこにはあった。

大内監督が就任して2年目の今シーズン。「激しさあるプレーを」大内イズムが選手たちに浸透しつつある試合展開となった。

 

悪天候の中、前半がキックオフ。

序盤はノックオンやオフサイドといった反則で試合の主導権を掴めずにいたが、間一髪で防いでいく。

試合が動いたのは前半19分。敵陣ゴール前で龍大はラインアウトのチャンスを得る。サインはモール。スローワ―である木村(文4)の投じたスローインをジャンパーである樋口(済3)がキャッチし、着地した瞬間モールを押していく。お互いに譲らず、押しあぐねる。

 

ラインアウトを決める龍大FW陣

密集地帯に少し空いたスペースを突いた。最後尾にいたジョーディン(国1)が飛び込み、均衡は破られた。コンバージョンキックは外すも、5点を先制。流れは龍大へと傾く。

近大も必死だ。突破力のあるバックス陣の縦への切り込みや、セットプレーへのプレッシャーで龍大を苦しめる。だが龍大も「激しさ」あるプレーで対抗。強いタックルやコンタクトプレーで相手に得点を与えない。

だが前半終了間際にトライを許してしまう。コンバージョンキックも成功し、5対7と逆転されてしまう。前半を終え、2点のビハインドを背負った龍大。まだ逆転できる。

 

相手にプレッシャーをかける大久保

後半開始直後の事だった。近大が鮮やかなプレーで追加点を奪い5対12、その差を7点と広げる。龍大が逆転するには攻め続けるしかなかった。悪天候だとボールは滑り易く、バックスのサインプレーでの攻撃が難しくなる。短いパスを繋ぎ、テンポ良くアタックを仕掛けながら、外に展開して抜き去るのを虎視眈々と狙い続けた。

後半26分、その時が来たのである。敵陣22ライン付近まで攻め込む。SH中田(法4)の選択は相手フォワードサイドへのピックゴー。幾度となく押し込むが、そう簡単には崩れない。それでも辛抱強く攻め続ける。

 

ピックゴーで相手FWにヒットするジョーディン

ゴールライン間近まで近付き、最後は向(政3)がトライを決め反撃ムードが漂う。

だが龍大の反撃もここまでだった。最後は近大に時間を使われてしまい、無情にもここでノーサイドの笛が鳴った。

10対12。2点差で敗れはしたものの、持てる力を全て出し切った選手たちに悔いはなかった。

近大相手に0対44で大敗を喫してから約1年。チームは日々成長を遂げている。大内監督、今季から就任した浜村ヘッドらコーチ陣、選手、そして「青龍」を愛し続けるファンがみな感じているのである。

今季の関西学生Bリーグは摂南大が降格し、大産大・花園大と外国人選手を軸に攻撃を仕掛けてくるチームが多い。龍大が全勝で入れ替え戦進出、そしてAリーグ昇格という目標を達成するには、外国人選手とコンタクトプレーで渡り合わなければならない。

「激しさあるプレーを」大内監督が日々口にするその言葉の真価が問われるシーズンとなる。

【大内監督のコメント】
「(今日の試合を振り返って)ディフェンスで、今日は激しさあるプレーが見られた。一人でなく組織で前に出るディフェンスが出来つつある。(大内イズム浸透について)間違いなく学生たちも変わってくれていて、各自が目標や課題を持って取り組んでいる。徐々に良くなっている。(今後の抱負について)龍谷大学の今を作っていく。コーチ陣と信頼して共に一生懸命に取り組みながら、次の試合ではディフェンス面で誰が入っても確実に出来るようにやっていきたい」

【浜村ヘッドコーチのコメント】
「(本日の試合を振り返って)練習で取り組んでいることが試合に出てよかった。(チーム状況について)皆前向きに練習している。コーチ陣が頑張れば上昇すると思う。(目標について)Aリーグ昇格と部員皆が戦う集団にしていきたい。(今後の抱負について)あと3試合あるので、自分たちが良い雰囲気で夏合宿を迎えたいと思います」

【大久保キャプテン(法4)のコメント】
「(本日の試合を振り返って)勝てた試合だった。バックスでのミスが多く、得点が取れなかった。(激しさあるプレーについて)今までで良いディフェンスなので、僅差の試合展開となった。手応えがあります。(次に向けて)一戦一戦に集中して勝ちたいです」

(記事 龍魂編集室 寺前 彦汰/写真 井上 奏子)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

 

浜村ヘッドコーチ就任。オール龍大でAリーグ昇格を目指す!

抱負を述べる浜村コーチ

6月10日、龍谷大学深草学舎紫英館2階東第二会議室において、ラグビー部の浜村裕之新コーチの就任会見が行われた。

昨秋はBリーグ4位という結果で終えた龍大ラグビー部。今回新体制として本学OBの浜村コーチを迎える。「去年の不本意な結果を踏まえ、今以上に強くなるために気心も知れている彼に声をかけた」と大内監督。2人はAリーグで共にプレーした先輩後輩の仲。浜村コーチは日本人で初めて世界最高峰のラグビーリーグであるSUPER12のアナリストを務め、プロの雰囲気を知る人物。「何か力になれればと思い引き受けました。Aリーグ昇格を目指しサポートしたいと思います」と抱負を述べた。

「オール龍大」というスローガンを掲げた龍大ラグビー部。選手だけではなく指導者や保護者、そして学生が一丸となり勝利を目指す。チームの目指すところは決まった。今年こそ悲願のAリーグ昇格を。逆襲を誓い闘争心全開で走り出す。

以下、浜村コーチへの質疑応答。

―就任したコメントをお願いします
コーチとして呼んでいただき光栄です。OBとして大内監督に全て押し付ける形になるのはよくない。助けることが出来る所は助けたいと思い引き受けました。現在Bリーグですが、またラグビー部が元気を出せるように、選手だけでなく皆が一体となり目標であるAリーグ昇格を目指し自分の学んできたこと、経験してきたことを選手に伝えていきます。

―アナリストとして経験を積んできたことをどういうことに活かせるか
選手はプロの選手とはレベルも体格も違うので、活かせれる所も違うと思う。自分が経験してきたことや聞いたことをメッセージとして伝えることや、プロの考え方やチームの作り方を伝えることでチームに貢献できると思う。

―今のチームの印象や見えた課題などはあるか
真面目な子が多いように見えた。一人一人のキャラクターを理解し、彼らの持ち味を活かせることが出来るようにバックアップします。

―どのようなチームにしたいか
どういうプレーをするにしても基本の部分は変わらない。誰が見てもどれがいいプレーか悪いプレーか分かるような、皆がそれを感じられるチームにしたい。

―在学していたときと変わった点、気付いた点はあるか
自分たちがいたときは、個人個人で考えて行動していた。そういうところが薄れてきているし、雰囲気も在学中とは違う。練習は楽しいものとして行っていたが今は少し義務的になっていると感じた。

―目標をお願いします。
Aリーグ昇格を目指したい。仲間を助けられるようなチームに育てたい。そして、しんどいことを楽しいと思えるチームに、ラグビー部でよかったなと感じてもらえるように頑張りたい。

・浜村裕之
大阪府出身。龍谷大学経営学部経営学科卒業。94年にヤマハ発動機株式会社に入社し選手としてラグビー部に入部。01年に同ラグビー部のテクニカルコーチに就任。その後、日本代表U21ワールドカップイングランド大会テクニカルコーチを務めるなど、ラグビー界に貢献した。12年にオーストラリア協会ハイパフォーマンスアナリストとして活躍。13年6月に龍谷大学ラグビー部コーチとして就任。

(記事/写真 龍魂編集室 林蘭子)

 

オール龍谷のすべてを結集して勝利を目指す!

考えるラグビーへ
「良い試合だった。良い試合だったが負けた。なぜ負けたのか今日から一週間よく話し合って考えて欲しい。」
立命館大学グリーンフィールドで6月1日に行われた龍谷大学vs立命館大学の試合のあと、大内監督は選手たちに語りかけた。

試合をするのは監督やコーチではなく選手だ。だから大内ラグビーでは選手自身が考え話し合うことが求められている。
「君たちが持っている力はこんなもんじゃない。だから負けて悔しい気持ちだけで終わるのではなく今日の負けをプラスに変えよう。僕ら監督•コーチも全力で考えサポートする。一緒に考えよう!」と続けた。
目標ははっきりしている。選手たちの意識は明らかに変わってきたし着実に力もつけてきている。今日の試合を振り返り課題をひとつひとつ克服していこう。全員がの課題に全力で取り組めば、さらに高いレベルに昇華することができるだろう。

浜村ヘッドコーチ就任
Aリーグ復帰は選手だけでなく、OBや龍谷ラグビーファン全員の悲願だ。そんな熱きTEAM RYUKOKUに、今日、新しく浜村裕之ヘッドコーチが就任した。浜村コーチは日本代表チームやオーストラリアのトップチームのコーチを歴任してきた世界的指導者だ。もちろん龍大ラグビー部のOBでもある。

チームのモチベーションは高くそして熱い。チーム龍谷はオール龍谷の体制で、すべてのパワーと英知を結集して夢への道を突き進む! GO TEAM RYUKOKU!!!

龍谷大学A 対 立命館大学B 27 – 59
龍谷大学B 対 立命館大学C 37 – 54

オープン戦白星スタートを飾る

5月18日大阪経済大学とのオープン戦が南大日山グラウンドで行われた。

昨年4位でリーグを終え、「Aリーグ昇格」を果たせず悔しい思いをした龍大ラグビー部。

大内監督が就任して2年目となった今年、大久保主将(法4)の下「Aリーグ昇格」を目標に始動した。今日のオープン戦は「選手の見極めがしたかった」と大内監督意向の下、多くの選手が出場した。

「選手たちは今までとは違う、生まれ変わったかのようにプレーしていた」、試合後の大内監督のコメントが今日の試合のすべてを物語っていた。

試合は前半から龍大ペース。破天荒なプレーが売りのWTB秦(文4)が躍動した。アタックでは先制した後の前半10分、相手ディフェンスをかわし突破したCTB高尾(文4)からのパスを受けた秦がそのまま独走し、追加点を奪うなど本日2トライを決める。ディフェンスでもピンチを間一髪のところで食い止める好プレーを魅せチームを鼓舞した。「この試合自分はもっとトライを取りたかった。思い切りのプレーが自分の持ち味なので楽しくやろうと思った」。ラストイヤーに賭ける男が新生“青龍”ラグビーの新エース候補に名乗りを挙げる活躍をみせた。

本日大活躍のWTB秦

大経大に2トライを返されるが、それでも龍大リードで前半を31対10で折り返す。

相手の運動量が落ちてきた後半、選手を総入れ替えした龍大の勢いが止まらない。相手に主導権を渡さず終始自分たちのペースで試合を優位に進めた。ここで試合終了。71対10と龍大が圧勝し、オープン戦初戦を白星スタートで飾った。

「戦術も変わり、選手たちも順応できていなかったが、良いプレーもあったので次も勝てるようにしたい」と大久保主将は前を見据えていた。この試合での課題を修正し、今後リーグ戦に向けてどのようなチームに成熟するか。非常に楽しみなところである。

相手に突進するPR永田(法4)

(記事 龍魂編集室 寺前 彦汰/写真 村井 麻予・西 睦美・向川 圭佑)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ