ラグビー部

ルーキー達の活躍で大阪工業大学を制し開幕3連勝!

10月2日、関西学生Bリーグ第3戦が南大日山Gで行われ、龍大は大阪工業大学と対戦。結果は71対12で見事開幕3連勝を飾った。

試合は龍大が開幕連勝した勢いそのままに前半始まってすぐにキャプテンのWTB伊東(済4)がトライを決め先制すると、前半5分にはPL船橋(済1)が中央を突破しトライを決め龍大が試合の主導権を握ったかのように思われた。しかし、相手のSOに連続でトライを決められ一時は5点差に詰め寄られるもここでキャプテンの伊東が大阪工業大に傾きかけた試合の流れを龍大に引き寄せるトライを決め前半を24対12で折り返す。

後半はFW・BACKSががっちりかみ合った龍大が大阪工業大を圧倒。船橋・伊東にNO.8の松本(法3)・FBの中村(文3)、さらに途中出場のLO樋口(済1)がトライを決め試合の主導権を相手に渡さずここで試合終了。

後半で勢いづいた龍大が71対12で大阪工業大を圧勝し、悲願の2部優勝へ最高のスタートダッシュに成功した。

第4戦は2週間後、10月16日(日)甲南大学戦が南大日山Gで15時10分K.Oです。

記虎監督のコメント
「前半に不注意なペナルティがあったが、後半は0点に抑えられたのが良かった。小さなミスを無くしてチームとしての精度を上げていきたい。」

キャプテン伊東選手のコメント
「(相手のSOに連続でトライを決められた時に)ハーフタイムで自分たちのやってきたことをやろう、もっとコミュニケーションを取ろうと言いました。」

船橋選手のコメント
「(トライを取ったことが)素直に嬉しいです。自分は1回生で試合に出る以上、試合に出れない人たちの分まで頑張りたいです。」

見事3トライでチームの勝利に貢献。1回生レギュラーPL船橋(済1)

途中出場ながら貴重な追加点となるトライを決めるLO樋口(済1)

(記事/写真  龍魂編集室  寺前彦汰)

ページの先頭へ

ページの先頭へ