ラグビー部

【ラグビー部】最終戦に敗れBリーグ優勝を逃す

11月25日、追手門学院大学グラウンドにおいて関西大学ラグビーBリーグ第9節、対摂南大戦が行われた。Bリーグ優勝と言う今季の目標を達成するために勝利が最低条件となる最終戦、相手は昨年Aリーグに所属し、今季ここまで全勝の摂南大である。試合途中までリードしていた龍大であったが、後半に逆転され勝ち切ることはできなかった。

龍大のキックオフで開始した前半、厳しく攻める龍大は7分、18分と立て続けにペナルティキックを決め6-0とリードする。その後もほとんど自陣でプレーさせることなく攻め続ける。しかし摂南大の堅い守備に阻まれ、トライを奪うことが出来ない。このまま前半終了かと思われたが。前半28分に8番の中西(経営4)がトライを決め13-0で前半を折り返す。

摂南3番 記事【敵陣に攻め込む3番松浦】

後半、龍大は前半の勢いそのままに攻め込み、後半10分、8番中西がこの試合二度目のトライを決め20−0とリードをさらに広げる。しかし後半15、21分と守備の乱れた一瞬の隙を突かれトライを奪われ、20-12とジリジリと差を詰められる。これ以上の失点は避けたい龍大であったが、勢いに乗る摂南大を止めることは出来なかった。この後2本のトライを決められ20-26と逆転され、最終戦を白星で飾ることはできなかった。

〈藤谷監督のコメント〉

前半は完璧に支配していたが後半、特に最後の10分でやられてしまった。惜しい試合ではあったが後半は完敗だった。入れ替え戦まで残り僅かではあるが、選手たちは気持ちを入れ替えて練習に取り組んでいかなければならない。入れ替え戦は勝利してくれると信じている。

〈松木選手のコメント〉

アッタク面では敵陣でプレーし、相手に対して厳しく攻めることを目標に取り組んだ。後半の20分までは完全に支配していたと思うが、自分たちの集中が切れてしまい相手に攻め込まれてしまった。入れ替え戦は勝つしかないので、勝って笑顔で終わりたいと思う。

(龍魂編集室 記事/加藤虎太郎 写真/伊瀬健太)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ