ラグビー部

【ラグビー部】難敵、花園大に快勝!

10月28日、京都大学宇治グラウンドにおいて、関西大学ラグビーBリーグ第6節対花園大が行われた。リーグ戦5連勝で迎えた相手は外国人擁する花園大であったが、FW陣の奮闘により外国人を封じ込め、66―19で勝利した。

花園大のキックオフで迎えた前半、龍大がボールをゲインすると左サイドのラインアウトからモールで押し込みトライし、開始早々に先制する。続いて14分にも同様の展開から左サイドラインアウトモールより押し込み追加点。龍大はスクラム、モールを中心とした攻撃で着実にトライを重ねる。DF面では外国人をしっかりマークし、カウンターからの一本のみに抑え、26―7で前半を折り返す。

迎えた後半開始1分に、巴山(営4)、松木(営4)のパス交換から最後は田中(短2)がトライを決め、相手に流れを渡すことなく試合を優位に進めていく。龍大の粘り強い守りによってフラストレーションがたまった相手は次第にプレーの精度を落としていく。龍大は最後までコンスタントに攻め続けて点差を広げ、66―19と花園大に快勝した。

田中選手
【トライを決める田中】

リーグも残すところ4試合と佳境を迎えていく。ここから試合を重ねるごとに相手のレベルも上がり、よりハードな展開となる。Bリーグ全勝優勝へ向けて、もう一つギアを上げていく時期であろう。

〈藤谷監督のコメント〉
「この試合では相手チームの分析をして臨んで、それが結果につながった。今やっているチームの方向性は間違っていないと思うので、あとはどれだけ高い精度でやり切ることができるかにかかってくると思う」

〈小林選手(済4)のコメント〉
「今年初めて1番のジャージを着てレギュラーとして出場したので、自分が良いプレーをしてチームにいい雰囲気をもたらすことを意識していた。次の試合もレギュラーで出られたら自分の持ち味であるスクラムでチームに推進力を与えたい」

(龍魂編集室 記事/写真 伊瀬健太 )
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ