ラグビー部

【ラグビー部】近大に敗れAリーグ昇格ならず

12月10日、宝ヶ池公園球技場において、関西大学ラグビーABリーグ入れ替え戦対近大が行われた。結果は28-69で敗れAリーグ昇格とはならなかった。

チーム全体でアタックの意識を持って臨んだ前半、早い時間から近大に先制を許すもFLの中西(営4)のトライがチームを勢いづけた。前半35分にはコート左でパスを受けたWTBの瀧本(済2)が相手のタックルを振り切りトライを決める。しかし、近大のアタックが勝りリードを広げられ前半を14-38で折り返す。

アタックの意識を継続して迎えた後半、6分にSHの松木(営3)よりパスを受けたNo.8の岡田(文3)がトライ。23分にはSH松木が素早いリスタートから相手の隙を突くトライを奪い、近大を猛追する。最後まで攻め続ける龍大であったが点差は縮まらず、28-69でノーサイド。Aリーグ昇格の夢は叶わなかった。

敗れはしたがAリーグの相手にも随所で通用する部分が見受けられた。強敵を相手に新たな収穫と課題も見つかっただろう。この一年間で得たものを継続して来シーズンへと繋げてほしい。

中西さん
【写真 トライを決めた中西】

瀧本さん2
【写真 トライを決めた瀧本】

〈藤谷監督のコメント〉
「FWによる崩しは止めることができたが、そこにプレッシャーが行った分、外側を相手に使われた。Bリーグのチームに勝てても入れ替え戦で負けては目標が達成できないので、入れ替え戦の相手のようなレベルで練習もマッチもこなしていかなければならない。この一年間でFWのセットプレーは良くなったが、Aリーグのチームに勝つにはもう一段階レベルを上げる必要がある」

〈室谷コーチのコメント〉
「リーグ最終戦からの二週間で改めて龍大の強みを出すことを意識して臨んだ。前半はアタックのマインドを徹底して行い、後半ではラックサイド周辺のDFを修正し、点を追いかけなければならない状況で攻める時間を増やそうとした。ブレイクダウン、フィジカル、セットピースの3つの柱を土台にやっとAリーグの相手にも通用する部分が出てきたが、それを80分間やり通すには至っていないので、来シーズンではそれができるようにしたい」

〈中西選手のコメント〉
「前半は自分たちのやりたいこと、一人一人のアタック、ドライブ、DFで倒しきるというところをやってトライを取れて、そのあと流れに乗れたのは良かった。後半は相手がフィジカルを押してきて、そこを意識して対応した。このリーグ戦を通してチームの意思統一はできたと思う」

〈岡田選手のコメント〉
「アタックを継続しようと言っていた中で、それを継続してトライが取れたのは良かった。相手のアタックが研究通りに攻めてきたが、それをDFで止められなかったという点でもうちょっとできたと思う。今の練習ではまだ甘い部分もあるので、そこをしっかりとチーム全員で取り組んで、来年入れ替え戦に勝つということを目標に頑張っていきたい」

(龍魂編集室 記事/伊瀬健太 写真/南美鈴)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ