ラグビー部

【ラグビー部】花園大撃破! リーグ戦制覇へ一歩前進

10月28日、大阪大学吹田キャンパスグラウンドにて関西大学ラグビーBリーグ第6節、対花園大が行われた。台風も近づいており天候が優れない中でのゲームであったが、67-26で見事勝利した。

 

「これまでで一番出来のいいゲームだった」藤谷監督が試合後こう語ったようにこの日はゲームの入りから負ける気がしなかった。昨年リーグ3位(龍大は2位)の花園大が相手だっただけに、選手達は余計に気合が入っていたのだろうか。

まずは前半7分、ラックからこぼれたボールをLO長野(済3)が素早くリアクションしmyボールにすると、その後BKが展開し、最後はSH松木(営3)がトライを決め先制する。続く前半9分、敵陣ゴール前でのSO安多(文2)のラインブレイクから追加点を奪うと、13分には敵陣ラインアウトモールからトライを決め、さらにリードを広げる。
その後、自陣に攻め込まれている中で龍大が反則を重ね、トライを返される場面もあったが、徹底したディフェンスで相手のキープレーヤーに思うようなプレーをほとんどさせることなく40-12で前半をリードして折り返す。

 

ラグビー 長野

【写真 ルーズボールに素早くリアクションした長野】

 

前半途中から降り始めた雨のせいでボールが滑りやすくなっていた影響もあったのか、後半開始してからしばらくは両チームともボールをインゴールまで運ぶことができずにいた。
後半13分、敵陣相手ボールラインアウトをカットしmyボールにすると、BKが展開し後半最初のトライを決める。その後も3本のトライと1本のPGで得点を重ねていき、67-26で勝利を収めた。

力のある相手に対して点差を付けて勝利し、課題も収穫もたくさん得ることができただろう。今日のこの試合は、リーグ戦優勝、入れ替え戦勝利をめざすチームにとって大きなものになったに違いない。

〈藤谷監督のコメント〉
これまでで一番出来のいいゲームだった。前半相手のスクラムに苦しんだが、ハーフタイムで修正点をしっかり確認し後半に修正できたことはすごく評価できる。一人では止めることができない相手のキープレーヤーに対して、抜かれる場面が一、二本はあったが、二人、三人で止めるという意識が徹底できていたように感じた。学生自身が自分たちで修正して、次への課題も学生たちがミーティングで考えて、すごくいいサイクルができており、チーム力も高まっているので、このまま大体大戦に勝って優勝、入れ替え戦にも勝つ、そこに向けてまっしぐらかなと思います。

 

(龍魂編集室 記事/藤井八雲 写真/伊瀬健太)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ