ラグビー部

【ラグビー部】悔しさ残るリーグ最終節

11月27日、大阪体育大学グラウンドにおいて関西大学ラグビーBリーグ最終節対大体大が行われた。雨が降りしきる中行われた最終戦は12―38で敗北を喫した。結果、龍大はBリーグ2位で12月10日の入れ替え戦に臨むこととなった。

 

迎えた最終節の相手は龍大と同じくここまでリーグ無敗の大体大。試合は厳しいものとなった。龍大は前半3分に大体大に先制されるも、その後は粘りを見せ追加点を許さない。すると、前半25分にコート左側でパスを受けた巴山(営2)が素早く体を反転、相手ディフェンスをかわしトライを決め2点差に詰め寄った。このトライで流れを引き寄せたかった龍大だったが、雨というコンディションの中でボールを落としてしまうミスが連発。龍大のストロングポイントである巧みなパスワークが機能せずにいると、大体大に追加点を許し、前半を5-19で折り返す。

 

後半、攻勢に出たい龍大であったが大体大のチャージに阻まれなかなか前に出ることができない。自陣内へと押し込まれる展開が続き、大体大に得点を重ねられてしまう。それでも龍大は、後半31分に清川(国1)が左へと展開し、パスを受けた巴山(営2)がトライを決め追い上げを見せる。試合終盤、果敢に敵陣へと攻め込む龍大であったが反撃及ばず、12-38で試合を終えた。

%e5%86%99%e7%9c%9f4

【写真】2本のトライを決めた巴山

 

Bリーグ全勝は叶わなかったが、リーグ2位で入れ替え戦へと進むこととなった。この敗戦を糧に、Aリーグ昇格という悲願を達成してほしい。

 

〈濱村監督のコメント〉

 

「しっかりディフェンスをして頑張って体を張って止め続けてくれた。今までで一番いいディフェンスをしてくれた試合だった。一つの流れでミスが連続してしまって流れを取り戻すのに時間がかかった。今日のみんなの負けた顔を見ていたら悔しさがにじみ出ているので、この悔しさを入れ替え戦にぶつけて欲しい」

 

〈室屋コーチのコメント〉

 

「Bリーグ優勝がかかった試合だったので悔しいです。お互いにミスが出ていたが、そこを耐えきる精度やカバーは意識的には大体大のほうが一枚上手だったと思う。残り2週間、自分たちのラグビーっていうものをしっかり向き合った中でみんなが同じものをイメージできるようになって、そこに対して細かいところを詰められれば今年やってきたことが入れ替え戦で出せると思う。」

 

(龍魂編集室 記事/伊瀬健太 写真/南美鈴)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ