ラグビー部

【ラグビー部】オープン戦初戦勝利

5月14日龍谷大学南大日グラウンドにおいてオープン戦帝塚山大戦が行われた。龍大は前半と後半とでメンバーを総入れ替えし、109―5で見事勝利した。

オープン戦初日を勝利で終え、今後に繋ぎたい龍大。試合開始後コート右側で受けたボールをスピードのあるパスで運び、「チームを勢いに乗せたかった」と話した麥谷(文2)が一気に抜けてトライ。龍大が先制点を勝ち取る。勢いに乗った龍大は相手の虚を突いたプレーで得点を重ねる。その後パスが乱れ、ボールを落としてしまう場面もあったが、後方からボールに滑り込んできた岩切(法3)が再び奪うファインプレーを見せてパスを繋ぐと、竹市(2)がトライを決めた。こうした好プレーも目立ち、47―5で前半を終える。

 

5.18

【写真トライを決める麥谷】

続く後半でも龍大の勢いが衰えることは無い。1年生のみのチームで個人のプレーが光り、左右へのパスで相手を揺さぶり次々に点を奪う。そして22メートルライン内側での龍大ボールのスクラムというチャンスをしっかり生かし、大ケ谷(文1)がトライを決め109―5で試合終了。見事初戦を勝利で飾った。

 

5.18 2

【写真】

オープン戦初の試合を勝利で終えた龍大。好調な滑り出しとなった勢いそのまま続く試合でも龍大らしいプレーを発揮し、秋の関西リーグへ繋げていって欲しい。

 

<浜村監督のコメント>

「昨シーズンから相手がどこでも勝負を仕掛けていこうと言ってきていた。チームの中で競争して欲しいという思いで今回は前半昨シーズンあまり使わなかった選手を、後半は1年生を使ったチーム編成にしたが、普段の練習では見せない姿を見せてくれたと思う。課題も多かったがやろうとしたことを全員で意識している部分を見ることができたのでよかった。来週は社会人との対戦なので自分たちがどこまで通用するのか試してほしい」

 

<麥谷選手のコメント>

「最初に龍大のテンポに持ち込もうという思いでトライを決めた。個人個人のプレーが多く、チームのシステムとしては課題の残る試合。相手が強くてもシステムで進めて勝ちにこだわっていきたいです」

 

(龍魂編集室 記事写真/長谷川奏珠)

 

現在、龍魂編集室では新入部員を募集中。

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ