ラグビー部

【ラグビー部】無敗対決。リーグ優勝の行方は…

11月29日、宝ヶ池公園運動施設球技場において関西大学ラグビーBリーグ最終節大阪体育大学戦が行われた。両チーム無敗同士で迎えた一戦。勝てばリーグ優勝となったが接戦の末、26―33で敗れた。

 

試合開始直後、両チームはキックを使ってお互いの様子を窺う展開が続く。しかし前半11分、相手にラインアウトから速さのあるプレーでトライを決められ、先制点を奪われた。それでも龍大はセットプレーから流れを掴み始める。自陣で相手ボールのラインアウトを奪い、マイボールにするとキックでいっきに敵陣22mまで陣地回復。その後は敵陣でのプレーで相手を揺さぶる。すると前半25分にチャンスが訪れた。ハーフウェイラインからボールを回して相手ディフェンスを崩すとパスを受けた北野(国3)がゴールライン左にトライ。我慢のプレー続くなかで反撃の狼煙が上がった。さらに前半終了前にフォワード陣がモールで押し込みトライ。12―19で前半を折り返した。

 

写真1

【写真 トライを決めた北野】

 

後半も先にトライを決められるも簡単には龍大は主導権を渡さなかった。敵陣22mからのラインアウトでゴールラインまで攻め上がる。そして相手のスキを突いたのは中西(経営2)。後半4分、相手ディフェンス陣が空いたスペースに走りこんでトライを決めた。さらに後半14分、再び敵陣22mからのラインアウトでモールを形成して前進する。トライまであと一歩のとこまで迫りボールを持ち出した野村だったが相手のタックルに阻まれた。しかし相手のタックルがペナルティとなり認定トライに。26―26の同点とした。しかしその後に勝ち越しのトライを奪われ26―33とされた龍大。試合終了間際に相手ゴールラインまであと一歩と迫るも惜しくも、ペナルティで相手ボールとされてここでノーサイド。リーグ戦は2位という結果で幕を閉じた。

 

写真2

【写真 相手ディフェンスのスキを狙った中西】

 

試合には惜しくも敗れたが「私たちがAリーグでやっていた時の雰囲気に戻ったと思う」と振り返った龍大。この日は多くの観客が試合を見に訪れていた。そのなかでも一際目を引いたのは龍大ラグビー部の応援団。メンバー外の選手が大きな声スタンドをから響かせ選手たちを鼓舞した。入れ替え戦に向けて主将の森田は「チャレンジャーという気持ちを忘れずに入れ替え戦では力を出し切っていきたい」と意気込んだ。Aリーグまでもう少し。チーム龍大一丸となって掴み取ってくれ!

 

写真3

【写真 チーム一丸となって応援するスタンドの部員】

 

〈大内監督のコメント〉

「久しぶりに感動する試合をしてくれて感謝。十分勝てる試合だった。予定していたセットプレーで上回ることができた。あとちょっとしたところでした。今日一人ひとりが激しくディフェンスをしてくれて、意思を持って、チャレンジしてくれて、一生懸命やってるなということが感じ取ることができた。今日の試合は次につながる。今日の雰囲気と去年経験した雰囲気と似通った部分がある。入れ替え戦は独特の雰囲気がある。今回勝てたほうが1位ということでお互いのリハーサルにはなったと思う。私たちがAリーグでやっていた時の雰囲気に戻ったと思う。学生スタッフ、保護者、大学関係者の色んな人が楽しんで応援してくれるそういう雰囲気になったと思う。入れ替え戦2回目のチャレンジ。一人ひとりが出し切ってほしい」

 

〈森田主将のコメント〉

「前半は我慢のプレーが多かったので、そこのところ精度は試合前に話をしていた。後半はモールとかでトライを奪って勝負ができる位置まで来ていたと思う。それでも自分たちのミスが出て、自分たちがやろうとしているところで取りきれていないというのは反省点だと思う。もう一度自分たちが目指すラグビーを再確認してチャレンジャーという気持ちを忘れずに入れ替え戦では力を出し切っていきたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/ 写真 向川佳佑)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ