ラグビー部

【ラグビー部】フォワードの力輝る

11月22日、甲南大学六甲アイランド総合体育施設ラグビー場において関西大学Bリーグ第8節大阪教育大学戦が行われた。相手のスピードあるバックス陣の攻めをまえに競った試合展開となったが龍大のフォワード陣が食らいつき、42―21で勝利。また1つ勝利を重ね、今季負けなしの強さを見せつけた。

 

試合開始12分、龍大ボールのラインアウトからボールを奪うとパスを出しながらじりじりと距離をつめて最後は岡田(文1)がトライ。その後のコンバージョンキックも近藤(経済4)がしっかりと決める。先制点を奪い、勢いをつけた龍大は前半22分にもチャンスを掴んだ。相手が取り落としたボールを野村(法4) が奪うと、そのまま相手を振り切りトライを決めて点差を広げる。相手に得点を許す場面も見られたが、前半を28―14で折り返した。

 

写真1

【写真 トライを決めた野村】

 

後半も龍大は攻める。「今日はフォワードが頑張ってくれた。セットプレーがよかった」と近藤が振り返ったように、一気に走り抜けてトライを狙う相手をまえにフォワード陣が果敢に食らいつく。そして後半38分、ゴールライン手前5mで龍大ボールのスクラム。そのまま一気に龍大が押し込みトライを決め、この試合に47―21で勝利した。

 

写真2

【写真 スクラムで押す龍大】

 

この試合でAリーグとの入れ替え戦進出を決めた龍大。試合後、浜村コーチは「勝ちにこだわって相手の強い部分を出させないようにどれだけできるか、しっかり準備したい」と語った。また近藤は「練習1つ1つに試合のイメージを持ってやることを確認して制度を高めていきたい」と語る。次の最終戦、入れ替え戦を見据え、ますます士気が高まってきている龍大。Aリーグ昇格まであと一歩。止まらない勢いで次戦に挑む。

 

〈浜村コーチのコメント〉

「ボールを取りきるところでしっかり取りきれればよかった。最終戦、入れ替え戦に向けてどこまで選手たちがしっかり言い合えるか。勝ちにこだわって相手の強い部分を出さないようにどれだけできるか、しっかり準備したい」

 

〈森田主将のコメント〉

「今日のゲームに関して意識しようとしていたことがあまりできていなかった。自分たちのミスから崩れてしまったりペナルティで陣地を相手にもっていかれたのはダメな点。大体大戦は昨年Aリーグから落ちてきて強いところは強いと思う。それでも僕たちは自分たちが目指す姿を目指してやっているので、自分たちが持っている力を出し切れば勝てない相手ではないと思う。厳しい試合にはなると思うが絶対勝って、久しぶりのリーグ戦優勝を遂げたい」

 

〈近藤選手のコメント〉

「ミスが多かったけれどフォワードのセットプレーがよくてそこで勝てたのが良かった。ハンドリングエラーとバックスで取り切れなかったところがしっかりできれば入れ替え戦もいけるかなと思います。練習1つ1つに試合のイメージを持ってやることを確認して制度を高めていきたい。去年から今までやってきたことをやって自分たちが楽しんでプレー出来たらいいかなと思います」

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ