ラグビー部

次節につながる勝利。いざ最終節へ。

11月23日大阪経済大学摂津グランドにおいて関西大学Bリーグ第8節対大教大が行われた。前半の終盤にトライを重ねて60―17で勝利し最終節の花園大学につながる試合となった。

前半7分、相手自陣に攻め込み船橋(済4)が先制のトライを奪うが直後に龍大がペナルティ。相手にペナルティーゴールを決められ7―3とされる。それでも繰り返し攻め込む龍大は平山(社4)が22m付近中央まで抜け出しパスダミーで相手をかわす。そのままゴールライン付近まで迫りラストパス。そのまま受けた選手が決めて流れを引き寄せた。その後もスクラムからモールでトライを決めるなど36―10で折り返した。

後半も龍大ペースで試合が続く。後半の序盤に2本のトライでリード広げると後半19分に相手のキックを堀内(文4)がキャッチ。そのまま相手をかわして独走しトライを決めた。しかし後半30分に自陣でプレーする龍大はパスミスからトライを奪われ53―17となる。それでも後半37分にダメ押しのトライを決めて60―17で試合を終えた。

モールで前進する選手たち

モールで前進する選手たち

試合前のアップ中に主将の向はメンバーを集合させてチームを鼓舞した。「関大のアップのテンションでやっていかないと入れ替え戦とかいったときにやられてしまうと思う」と入れ替え戦を見据えて試合前から気迫を感じさせてくれた。次節の最終戦は、去年一点差で花園大戦。悔しさを味わった向は「ぶっ倒す」と一年越しのリベンジに気合十分。入れ替え戦にむけてさらに勢いを乗るべく、残り一戦、集中して挑む。

<大内監督のコメント>
「立ち上がりが少し悪かったが、対大教大ということではなく自分たちがやってきたことを一試合一試合積み上げていこうとした。敵がどうのこうのではなく、自分たちがミスをして自分たちで苦しんだだけだった。対外人ではなくやっていこうということは伝えました。タックルした後に足一本でも離さないというところを意識していきたい。キックの対応に気を付けていきたい」

<浜村コーチのコメント>
「集中していい試合をしてくれた。相手は一生懸命やってくるチームというのはわかっていたのでそれに合わせないようにやろうと言っていた。それでも自分たちの流れがくるまで我慢できたのがよかった。花園大は学生が一番悔しいのはわかっているので今日みたいな試合をしてくれればいいと思う」

<向主将のコメント>
「先週の試合は後半の後半で相手に自由にプレーされたので、勝ってるからいいやみたいなあまい考えがあった。今週はそれをなくして最後までやっていこうとした。花園大には三年間勝てていない相手だが、今日の試合みたいにFWが全線で戦えばなんの問題もないと思うので、入れ替え戦を意識しつつとりあえず花園大を戦いたい」

<平山選手のコメント>
「練習してきたところがうまくいかないところがあって自分たちでしんどいところをつくってしまった。次の試合では絶対にないようにしんどい時間に正確なプレーができるようにやっていきたいと思う。練習してきた以上の力はでないと思うので練習してきたことを出し切りたいです」

<藤谷選手(法3)のコメント>
「今日は強気に自分から仕掛けて行こうという気持ちで挑んだ。いつもよりはいけたと思います。花園大は3年間負けてる相手。勝つのは最低条件で、いい内容でチームのこと考えて勝ちにいきたいです」

(龍魂編集室 記事 向川佳佑/写真 林蘭子)

ページの先頭へ

ページの先頭へ