ラグビー部

強豪相手に奮闘!

11月2日、ヤンマーフィールドにおいて関西大学ラグビーBリーグ第6節、関大戦が行われた。昨季までAリーグに所属していた強豪関大相手に前半を無失点に抑えるが、惜しくも14―17というスコアで競り負けた。

「この日をターゲットにしてきた」と船橋が語るように龍大が積極的に仕掛けた。前半10分、モールで押し込んだところに船橋(済4)がゴールライン手前まで抜け出す。船橋からパスを受けた平山(社4)がトライを狙うが惜しくも止められた。それでも前半24分、敵陣で相手がファウル。このチャンスに中村(済1)がペナルティーゴールを狙うもボールが強風に流されて得点のチャンスを逃す。前半に得点することはできなかったが相手の攻撃を封じ込め0―0で後半に折り返す。

相手の攻撃を抑える選手たち

相手の攻撃を抑える選手たち

後半は我慢のプレーが続く。後半9分、ゴールライン付近まで持ち込まれて相手ボールのスクラム。それでも接点を強化してきた龍大は相手の勢いに負けることなくトライを許さない。しかし、その後も自陣でプレーすることが多く苦しい展開に。すると後半12分、相手ボールのスクラムから飛び出した選手を中西(営1)が止めるもトライを奪われて先制を許した。その後にもトライを決められた点差は14点に。しかし、龍大も粘る。敵陣まで攻め込み、相手のクリアキックに中西の体にボールが当たりボールが転がる。そのボールを中西がトライ。「最高でした」と笑みを見せた。流れを龍大に引き戻す。あとワントライで同点としたが後半37分、「あの時間の3点はきつかった」と船橋が振り返るように相手にペナルティーゴールを決められる。試合終了前に船橋が意地のトライを決めるがここで試合終了。試合には敗れたが、強豪の関大相手に3点差と次につながる試合となった。

トライをきめて喜ぶ中西(真ん中)

トライをきめて喜ぶ中西(真ん中)

試合には負けたが「三年間で一番よかった」と大内監督が語るように、昨季までAリーグでプレーしていた関大相手に大健闘。接点の強さで負けないという課題も克服し互角の戦いをみせた。それでも船橋が「敵陣でプレーした時に決めきることが課題です」とさらなる意欲をみせた。残り試合でさらに勢いに乗りAリーグ昇格へ突き進んでほしい。

<大内監督のコメント>
「よくやってくれた。相手のラグビーをさせずに、がむしゃらに一人一人熱いラグビーをみせてくれた。収穫はたくさんあった。結果が出ていないと自信がつかないと思うが今日の試合で自信がついて、チームは乗って行けると思う。大産大はセットプレーが強いチームなので龍大は逆にそこで圧倒していきたい」

<ゲームキャプテンの堀内選手のコメント>
「一人ひとり気合いが入っていい試合ができたと思う。接点も一人ひとりよかった。数少ないチャンスをものにできてよかった」

<船橋選手のコメント>
「この試合をターゲットにやってきたのでディフェンスに関してはいちばんよかった。前半を0―0で折り返したことが一番の収穫かなと思う。一強といわれる関大に3点差で終わることができたので残り3戦全勝で入れ替え戦を確実に手に入れたいと思う」

(記事 龍魂編集室 向川 佳佑 写真 林蘭子/隠岐豪)

ページの先頭へ

ページの先頭へ