ラグビー部

格下相手に快勝!開幕戦白星スタート。

9月21日、関大ラグビーグラウンドにおいて、関西大学Bリーグ第1節帝塚山大学戦が行われた。「レベルが上の相手にも接点で負けない」ということをモットーに、リーグ開幕まで体作りに重点を置いていた龍大ラグビー部。今年Bリーグに上がった帝塚山大学相手に、序盤からトライを積み重ね76―12というスコアで圧勝した。

試合開始直後、敵陣に攻め込むとモールでラインまで近づき船橋(済4)が飛び出しそのまま先制トライを決める。その後、攻め込む相手を止められずにトライを決められる場面もあったが、終始龍大が攻めの姿勢を貫き前半を31―5で折り返す。

後半も、チームの中心的存在の船橋、監督からの信頼も厚い向(政4)を中心にトライを果敢に狙い、点差を広げる。1年生の南出(文1)も勝利に貢献し、76―12というスコアで初戦を終えた。

チームの中心的存在の船橋

チームの中心的存在の船橋

「接点で負けないチームに」と昨年の最終戦から何度も口にしている大内監督。昨年よりオープン戦の始まりも遅くし、体作りに重点を置いた。その成果もあり、格上の相手にも互角に勝負できるような兆しも16泊17日で行われた夏合宿に表れていた。そして、監督と浜村コーチが口をそろえて「4年生がしっかりまとまっている」と語った。その言葉通り、向はプレーと態度両方でチームを引っ張り、信頼関係を築きあげてきた。「今年こそAリーグに」。まずは11月2日の関大戦まで、全勝を目指す。

プレーでも態度でもチームを引っ張る向

プレーでも態度でもチームを引っ張る向

大内監督のコメント

「春の時点では目標にしていた接点で勝つという部分では全然ダメだったが、形になってきた。今年の夏合宿は16泊17日でラグビー漬け。チームが一つになり同じ方向に向かうきっかけになったと思う。今日の総括としては菅平の合宿から間が空いて内容的には見直すところもあるが一呼吸おけた。残りの試合前向きに取り組んでいきたい。11月2日に行われる関大戦にピークを持っていきたいので一戦一戦試しながら意識統一したい。向は3年間で一番いいキャプテン。4年生がしっかりまとまっている。向はリーダーシップを発揮してくれていると思います」

<向主将のコメント>
「やっとシーズンが来たということで、楽しみと不安があった。自分達がしたいことに対して手応えはあった。やっぱり少しミスがあり苦しい展開になった。相手は前に出てくるチームなので、最初10分で自分たちの戦い方をみせたら相手は出てくることができないと思っていたので、フォワードから出てモールでトライを決めることができたので入り方として最高によかった。余裕がなく、フィジカルでは勝っているがそれに頼って戦っていた。絶対に笑顔で終われるようにしたい。そのためには絶対に勝つということしか考えていないです。自分たちの団結力について特に何かしているということは何にもないが、4年生自体の仲が非常に良い。離れていても一緒にいるよう気持ちでやっている。試合中に、ベンチ外の4年生の応援が伝わるので、縦のつながりも大事だが横のつながりも大切にしていきたい。チームで戦っている気持ちを大事にしていきたい」

<船橋選手のコメント>
「前半自分たちのラグビーができていなかった。後半、切り替えて自分たちのテンポでやれた。菅平の練習では関東のチームとしか試合をしていなかった。関東のチームは接点が強かった。個人的には接点の部分でリーグ戦を勝っていきたいと思っている。もうひとつセットプレーの安定。去年は安定できていなかったので、今年こそは圧倒してBリーグを制したいと思っています。4年生で最後なのでチームを引っ張って、体を張って、Aリーグに上がりたいと思っています。今日の一戦は良いスタートダッシュを切れたと思うので一戦一戦大事にして圧倒して龍大の優勝を目標にしたい」

<南出のコメント>
「初の公式戦だったので技術どうこうよりも精神的に盛り上げていこうと思っていました。チームが下がっているときにチームを高めることのできるようにと思って声をかけた。船橋さんは僕にとってあこがれの先輩。船橋さんのようにボールを持って走れるプレーヤーになりたいと思います。向さんについていって入れ替え戦勝ってAリーグで試合ができるように頑張りたい」

(記事 龍魂編集室 林蘭子 写真 向川佳佑)

ページの先頭へ

ページの先頭へ