ラグビー部

虚しさ残る一戦。

11月17日、関西学生ラグビーBリーグ第7節が摂南大学グラウンドで行われた。前節の花園大戦では僅差で敗れてしまった龍大。入れ替え戦出場に向けて連敗は避けたいところ。第7節の相手は昨年までAリーグに所属していた摂南大。結果はいかに。

試合は前半開始直後、龍大は敵陣オフサイドの場面でペナルティゴールを選択するも枠を外してしまい先制点を逃す。その後も敵陣5mラインまで攻め入るもトライに結び付かない。逆に摂南大が龍大の僅かなミスに付け込みボールを奪取。そのまま相手ウィングへとパスが渡る。俊足飛ばしてトライゾーンまでボールを運び、先制点を許す。必死のディフェンスが続くも、相手選手のフィジカルの強さが勝り、倒す寸前にボールを繋がれて追加点を奪われてしまう。前半終了間際、オフサイドから鈴木(文3)がペナルティゴールを決め前半を3―24で折り返す。

チームを引っ張る向

後半も鈴木がペナルティゴールを決めて反撃の狼煙を挙げるが、外国人選手を軸にアタックを仕掛ける摂南大に防戦一方の龍大。トライを立て続けに奪われ点差を大きく離されてしまう。「どんな状況でも諦めるな。龍大のAチームの誇りを持ってやろう」。故障の大久保(法4)に変わりゲームキャプテンを務める向(政3)の言葉に鼓舞され、龍大選手たちはアタックを仕掛けていくも、トライを奪えない。悪い流れのまま時間が経ち、ここで試合終了。終わって見れば6-69で完敗。入れ替え戦出場に黄信号が灯った。

相手外国人選手にタックルを決める倉田

1トライも取れなかった。「ここまで点差が開くとは思わなかった。残念でならない」。大内監督の言葉はこの試合内容の虚しさを物語っていた。前節の敗北からこの日を迎えるまで、摂南大に勝つんだという強い気持ちで練習に臨んだに違いない。今日の試合ではその強い気持ちとは裏腹に点差が開いていくとモチベーションが低下し、小さなミスを繰り返しながら自分たちで首を絞めていった。「切り替えて勝利に向かって全力でやっていくしかない」。大内監督も向も口にしたその言葉は先を見据えていた。

一戦必勝のリーグ戦。誤解を恐れず真実を語ろう。敗者には何も残らず、勝者のみが栄光を知る世界。あと2節。入れ替え戦出場に望みを繋ぐべく、龍大ラグビー部に求められることはただ一つ。

“勝て”。

第8節は11月24日(日)、対大阪経済大学戦が甲南大学グラウンドにて12時40分キックオフです。

<大内監督のコメント>
「(今日の試合を振り返って)組織的なディフェンスはできていたが接点のところで負けた。(今までの相手とは違い)一人ひとりの激しさが今までとは違った。ここまで点差が離れるとは、残念でならない。(準備期間について)2週間の迎え方はみんな頑張ったし自分なりに考えてやってくれた。接点でのプレッシャーが全然違っていた。(次節に向けて)一戦一戦必死に勝利を目指してやっていくしかない。あと二戦絶対勝つ」

<向選手のコメント>
「(大久保主将に代わりゲームキャプテンを務め)正直びっくりしたが、大久保さんがいなくても僕ら3回生から引っ張っていこう。自分でやってやろうと思った。(今日の試合を振り返って)ゲームの流れを選手同士でつかめなかった。チャンスでミスしてしまい、集中力も欠けてしまった。本当に悔しいです。(キャプテンとしてどのような言葉をかけたか)どんな状況でも諦めるな。龍大のAチームの誇りを持ってやろう。だけど自分のゲームリーダーとしての統率力が足りなかった。(次節に向けて)自分はまだまだ諦めてない。勝利に向かって全力でやっていくしかない」

(記事/写真  龍魂編集室 寺前 彦汰)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ