ラグビー部

総力戦で挑むが、リベンジならず

11月3日、京都大学宇治グラウンドにおいて関西学生ラグビーBリーグ第6節花園大学戦がおこなわれた。花園大学は去年の入れ替え戦にも出場しており、龍大も苦杯をなめた相手。龍大は、前半先制トライを決め勢いをつけるも、後半、外国人選手の独走を止められず逆転を許す。あと一歩のところで追いつけず20―21で惜敗した。

先制点のきっかけとなった船橋のパス

前半7分、龍大はパスを繋ぎ敵陣まで攻め込むとNo.8の向(政3)がモールで押しきり先制トライ。キックも成功し7―0と幸先いいスタートを切る。点差を広げたい龍大は前半24分、SH鈴木(文3)がペナルティゴールを成功させ10―0とリードし前半を折り返す。    後半10分、小さなミスから相手にボールを奪われるとそのまま独走でトライを決められ10―7と差を縮められる。逆転を阻止したい龍大だが、ラインアウトからまたしても独走を許すと10―14と逆転される。相手の外国人選手に何度もくらいつき、トライを決めさせなかった龍大。我慢の展開が続いたが、後半24分、スクラムで押しきってトライを決めると15―14とリードを奪う。しかし、逆転後すぐに相手にトライを決められ、15―21と逆転される。悪い雰囲気が漂う中、「ここは(気分を)下げるとこじゃない。盛り上げよう」と選手たちの中で言葉が飛び交う。後半37分、試合終了間際、最後の意地を見せ、トライを決め20-21と追いつく。しかし、無情にも試合終了のホイッスルが鳴り結果は20―21という結果で惜しくも勝利を逃した。

対策どおりに外国人選手にくらいつく選手陣

「試合内容で勝って、点数で負けた」と大内監督。外国人選手やポテンシャルの高い相手に対し、全員が試合を盛り上げながら戦った龍大ラグビー部。花園大戦に向けて一丸となり調整していただけに悔しい結果となった。「入れ替え戦出場のためには残り全て勝つしかない」。次戦は昨年までAリーグで戦っていた摂南大。苦しい戦いが予想されるが、彼らなら必ず勝利をつかみとってくれるはずだ。

次戦は11月24日、対摂南大が摂南大学ラグビー場において14時キックオフです。

(大内監督のコメント)
「上位4強の争いなので、今日の試合への勝ちへの意識はすごく高かった。練習も花園大戦に向けてディフェンスも強化しており問題はなかった。後半のちょっとしたミスが大きかった。向のトライで勢いがついただけに残念。今後の課題はアタックの精度を高めていくこと。入れ替え戦に出場するためにはすべて勝つしかない。選手たちは自分たちの悪いとこが分かっているので選手同士話をして次の試合を迎えてほしい」

(龍魂編集室 記事 林 蘭子 写真 向川佳佑)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ