ラグビー部

歓喜と涙の関大戦。2部優勝・入れ替え戦出場へあと「2」勝!!

11月13日関西大学Bリーグ第7節が関西大学中央グランドで行われ、龍大は関西大学と対戦。結果は25対19で龍大が勝利し、昨年の雪辱を果たした。

一つのミスが勝敗を大きく左右する。この言葉が現実となった試合であった。

前半開始早々、敵陣に攻め込んだ龍大は関大陣の焦りからオフサイドを誘い出す。この絶好のチャンスに速攻で仕掛けた龍大はBK陣のパス回しからFB中村(文3)がトライを決め先制。そこから、両者一進一退の攻防が続く。13対12で迎えた前半終了間際にNO8の松本(法3)が貴重な追加点となるトライを決め、SO石川(済2)のキックも決まり前半を20対12で折り返す。

後半は手に汗握る展開となった。お互い1トライずつを取り合い、迎えた後半30分。この後半30分からゲームセットにかけて、龍大フィフティーン最大の試練が待ち構えていた。関大の猛攻に遭い、自陣でディフェンスをする苦しい展開に。この時点での点差は6点。ここで1トライ1ゴールを決められたら7点が入り逆転されてしまうのだ。必死に耐える龍大。後半38分、関大にミスが出てしまい見事耐えきったのだ。セットプレーからSO石川がキックしてボールを外に出し、試合終了。

25対19で龍大が関大との全勝対決を制し、入れ替え戦出場へ大きく前進した。

次の対戦相手は同じく全勝を続けている大産大。ここに勝利すれば、龍大のBリーグ2位以上が確定し、入れ替え戦出場も決まる。負けられない11月決戦。勝利だけを目指して突き進め。

次戦は1週間後、対大阪産業大学戦が大阪経済大学Gで14時キックオフです。

【記虎監督のコメント】
「選手たちがよくやってくれた。(大産大戦に向けて)残り2戦全勝していい形で入れ替え戦に臨みたい。」

【キャプテンWTB伊東(済4)選手のコメント】
「素直に嬉しい。(大産大戦に向けて)いい状態をキープして勝ちたいです。」

先制トライを決めるFB中村(文3)

関大戦に勝利し、歓喜に沸く龍大の選手達

(記事/写真 龍魂編集室 寺前 彦汰)

Aリーグ復帰を目指し、いよいよ正念場を迎える!

悲願のAリーグ昇格を目指し、ここまで6勝0敗と負けなしの龍谷大学。いよいよ昨年Bリーグ優勝を争った上記チームと激突する。現在、龍谷大学、関西大学、大阪産業大学が全勝で並び、外国人留学生を擁する花園大学が1負で追う展開となっている。
今年、春から厳しいトレーニングと練習を重ねてきた。交流試合では、なかなか結果が出ず精神的に辛い時期もあったが、チーム一丸で乗り越え、逆に選手達はタフになった。リーグ戦序盤からゲームの内容を確認し、1戦1戦強くなっている。
いよいよ終盤戦の重要な試合が続く。
今週末の11月13日(日)14:00から、龍谷大学は関西大学とアウェーでの対戦だ。

Go! Ryukoku Rugby!

龍谷大学 vs 関西大学     11/13(日)(関西大学グラウンド 14:00K.O)
龍谷大学 vs 大阪産業大学11/20(日)(大阪経済大学グラウンド 14:00K.O)
龍谷大学 vs 花園大学    11/27(日)(龍谷大学南大日グラウンド 14:00K.O)

ルーキー達の活躍で大阪工業大学を制し開幕3連勝!

10月2日、関西学生Bリーグ第3戦が南大日山Gで行われ、龍大は大阪工業大学と対戦。結果は71対12で見事開幕3連勝を飾った。

試合は龍大が開幕連勝した勢いそのままに前半始まってすぐにキャプテンのWTB伊東(済4)がトライを決め先制すると、前半5分にはPL船橋(済1)が中央を突破しトライを決め龍大が試合の主導権を握ったかのように思われた。しかし、相手のSOに連続でトライを決められ一時は5点差に詰め寄られるもここでキャプテンの伊東が大阪工業大に傾きかけた試合の流れを龍大に引き寄せるトライを決め前半を24対12で折り返す。

後半はFW・BACKSががっちりかみ合った龍大が大阪工業大を圧倒。船橋・伊東にNO.8の松本(法3)・FBの中村(文3)、さらに途中出場のLO樋口(済1)がトライを決め試合の主導権を相手に渡さずここで試合終了。

後半で勢いづいた龍大が71対12で大阪工業大を圧勝し、悲願の2部優勝へ最高のスタートダッシュに成功した。

第4戦は2週間後、10月16日(日)甲南大学戦が南大日山Gで15時10分K.Oです。

記虎監督のコメント
「前半に不注意なペナルティがあったが、後半は0点に抑えられたのが良かった。小さなミスを無くしてチームとしての精度を上げていきたい。」

キャプテン伊東選手のコメント
「(相手のSOに連続でトライを決められた時に)ハーフタイムで自分たちのやってきたことをやろう、もっとコミュニケーションを取ろうと言いました。」

船橋選手のコメント
「(トライを取ったことが)素直に嬉しいです。自分は1回生で試合に出る以上、試合に出れない人たちの分まで頑張りたいです。」

見事3トライでチームの勝利に貢献。1回生レギュラーPL船橋(済1)

途中出場ながら貴重な追加点となるトライを決めるLO樋口(済1)

(記事/写真  龍魂編集室  寺前彦汰)

開幕2連勝! 大阪経済大学に快勝した。

開幕戦で京都大学を55-0と零封した”青龍”龍谷大学。第2戦は大阪経済大学とのカードで、9月25日に龍谷大学南大日グラウンドで行われた。龍大は前半から積極的に攻め続け45-7で前半を終えた。後半も龍谷パワーは衰えず43-0と完封し、88-7で快勝した。夏に自分たちがやってきたことを信じて突き進めばおのずと勝利が見えてくることを確信する試合となった。昨年の下位チームが相手とはいえ、自分たちのラグビーを展開することができたことは大きな自信となり、今後の強豪校との戦いに向け勢いをつけることができたはずだ。不用意なプレーや小さなミスを修正し、今後も一戦一戦を全力でぶつかってほしい。
次の試合は、10月2日の14:30から、同じく龍谷大学グラウンドで大阪工業大学と。
Go! 龍谷大学ラグビー部!

20110927-101219.jpg

20110927-101232.jpg

20110927-101242.jpg

2/3123

ページの先頭へ

ページの先頭へ