ラグビー部

総力戦で挑むが、リベンジならず

11月3日、京都大学宇治グラウンドにおいて関西学生ラグビーBリーグ第6節花園大学戦がおこなわれた。花園大学は去年の入れ替え戦にも出場しており、龍大も苦杯をなめた相手。龍大は、前半先制トライを決め勢いをつけるも、後半、外国人選手の独走を止められず逆転を許す。あと一歩のところで追いつけず20―21で惜敗した。

先制点のきっかけとなった船橋のパス

前半7分、龍大はパスを繋ぎ敵陣まで攻め込むとNo.8の向(政3)がモールで押しきり先制トライ。キックも成功し7―0と幸先いいスタートを切る。点差を広げたい龍大は前半24分、SH鈴木(文3)がペナルティゴールを成功させ10―0とリードし前半を折り返す。    後半10分、小さなミスから相手にボールを奪われるとそのまま独走でトライを決められ10―7と差を縮められる。逆転を阻止したい龍大だが、ラインアウトからまたしても独走を許すと10―14と逆転される。相手の外国人選手に何度もくらいつき、トライを決めさせなかった龍大。我慢の展開が続いたが、後半24分、スクラムで押しきってトライを決めると15―14とリードを奪う。しかし、逆転後すぐに相手にトライを決められ、15―21と逆転される。悪い雰囲気が漂う中、「ここは(気分を)下げるとこじゃない。盛り上げよう」と選手たちの中で言葉が飛び交う。後半37分、試合終了間際、最後の意地を見せ、トライを決め20-21と追いつく。しかし、無情にも試合終了のホイッスルが鳴り結果は20―21という結果で惜しくも勝利を逃した。

対策どおりに外国人選手にくらいつく選手陣

「試合内容で勝って、点数で負けた」と大内監督。外国人選手やポテンシャルの高い相手に対し、全員が試合を盛り上げながら戦った龍大ラグビー部。花園大戦に向けて一丸となり調整していただけに悔しい結果となった。「入れ替え戦出場のためには残り全て勝つしかない」。次戦は昨年までAリーグで戦っていた摂南大。苦しい戦いが予想されるが、彼らなら必ず勝利をつかみとってくれるはずだ。

次戦は11月24日、対摂南大が摂南大学ラグビー場において14時キックオフです。

(大内監督のコメント)
「上位4強の争いなので、今日の試合への勝ちへの意識はすごく高かった。練習も花園大戦に向けてディフェンスも強化しており問題はなかった。後半のちょっとしたミスが大きかった。向のトライで勢いがついただけに残念。今後の課題はアタックの精度を高めていくこと。入れ替え戦に出場するためにはすべて勝つしかない。選手たちは自分たちの悪いとこが分かっているので選手同士話をして次の試合を迎えてほしい」

(龍魂編集室 記事 林 蘭子 写真 向川佳佑)

 

会心のゲーム展開で開幕5連勝!11月、全勝校同士の戦いへ

10月27日、京都大学宇治グラウンドにて関西学生ラグビーBリーグ第5節が行われた。ここまで全勝をキープしている龍大ラグビー部。第5節の対戦相手は龍大が毎年苦戦を強いられる大阪教育大学である。リーグ戦も折り返しを迎え、勝利で11月を迎えられるのか。結果はいかに。

【試合展開】
試合は前半開始早々から動き出す。先制した前半12分、中央を突破した向(政3)から
樋口(済3)→倉田(文4)へパスが渡り、最後は中村(文4)が相手を抜き去り追加点を挙げる。流れに乗りたいとこだが、相手ウィングがアタックを仕掛ける。止めたい龍大だが、連携にミスが生じ1トライを返されてしまう。突き放したい龍大だが、寄りの早い相手守備ディフェンスを崩せず、前半を22対7で折り返す。

風向きが龍大有利に変わった後半、試合の流れを完全に掴む。この試合好調の向が連続トライをもぎ取り大教大を突き離す。大教大にアタックをさせず着実に追加点を奪う龍大。ここで試合終了。終わって見れば60対12で龍大が圧倒。見事開幕5連勝を飾った。

【攻守に活躍。大内イズムを受け継ぐ男】
『激しさあるプレーを』。大内監督が就任当初から言い続けてきた言葉である。2年目となる今年、その成果が如実に表れた。第4節を終えた時点で“19”はリーグ最少失点。「今年から攻撃的なディフェンスへ切り替えた。前に出て相手を止めることができている」と大内監督は胸を張る。その攻撃的なディフェンスの要となる選手がこの試合で一際輝きを放った。

倉田(右)のパスに反応する中村(左)

アグレッシブという言葉がこの男には良く似合う。倉田は攻守にわたり活躍した。故障明けで今シーズン初スタメン。アタックでは中村のトライをアシスト、ディフェンスでは先陣を切って前に出て大教大の攻撃の芽を摘んだ。「たまたまです。チームで前に出ていこうと決めていたので、自分は付いていくだけだった」と謙虚ながら、チーム内での存在感は際立っている。センター・ウィングとこなし、バックスリーダーとしてチームには欠かせない存在だ。圧巻だったのは後半、大久保主将(法4)が相手陣地の空いたスペースにパントキックを蹴りこむ。楕円球は転がり、敵陣トライゾーンへ。そこへ反応した倉田がキャッチしトライを挙げた。まさにあうんの呼吸が生んだ好プレー。周囲が驚きを隠せずにいた。「練習でやってきたことを試合で出していきたい。今日以上に試合ごとにレベルアップしていきたい」と倉田。背中で仲間を引っ張る男が献身的なプレーでチームを支えている。

次節は1週間後、対花園大が京都大学宇治グラウンドにて12時キックオフです。

<大内監督のコメント>
「(今日の試合を振り返って)大教大は今年好調で、他の上位校と当たった時にはだいたい20点前後は失点を喫していた。ディフェンスが良いので、ゼロに抑えようと思い挑んだ。60点取る事が出来た。前回の試合で情けない試合をした。改めて身を引き締めて挑みロースコアで押さえることができた。(次戦に向けて)選手の頑張りでスタートラインに来た。ここからは今までやってきたことは間違いでないので、あとは学生たちがどれだけ意識できるかがカギを握るかと思います」

<大久保主将のコメント>
「(今日の試合を振り返って)試合前からチームの雰囲気も良く、前半後半ともに良い流れで進んだ。(良かった点・悪かった点について)相手陣地でプレーする時間が長かったことは次につながる。ゴール前でのコミュニケーション不足が課題です。(次戦に向けて)去年は11月に悔しい思いをしているので、圧勝して入れ替え戦まで突っ走っていきたい」

主将としてチーム引っ張る大久保

(記事 龍魂編集室 寺前 彦汰/写真 西 睦美)

【龍魂編集室よりお知らせ】
龍大スポーツの最新号となる134号が11月15日発行予定です。
発行までしばしお待ちを。

3季振りの全勝優勝で入れ替え戦へ

11月27日関西学生ラグビーBリーグ最終節が南大日山Gで行われ、龍大は花園大学と対戦。結果は17対12で龍大が勝利し2部優勝を決めた。

気持ちが空回りしていた。前半からミスが多く、あと一歩のところでトライなのに取れきれない龍大。前半38分に自陣からFB中村(文3)が抜け出し、パスをキャプテンのWTB伊東(済4)へ。その伊東が独走しトライを決め、前半を5対0で折り返す。

後半も嫌な流れを断ち切れなかった。後半13分にスクラムサイドからNO8松本(法3)がトライを決めるも、龍大らしくないプレーが続く。相手の外国人選手にトライを許してしまう。だが、FWが踏ん張った。後半35分に、敵陣ラインアウトからモールで押し込みトライを決める。それでも嫌な流れは変わらなかった。後半終了間際に相手にトライを決められノーサイドの笛がなった。

勝利したものの、ミスやオフサイドなどの反則が多かった龍大。今リーグでは「ディフェンス」を徹底してきた。その上で自分達のラグビーを見つめなおす入れ替え戦までの2週間となりそうだ。2部優勝の誇りと自分たちのラグビーを胸に刻み、「12・10」決戦に挑んでほしい。1部昇格はすぐそこだ。

運命の入れ替え戦は2週間後、摂南大学戦が宝ヶ池球技場で12時キックオフです。

【記虎監督のコメント】
「選手に心に隙が出来た試合で反省しなければならない。(入れ替え戦への収穫について)外国人選手を相手にしっかりと当れたことがよかった。(入れ替え戦に向けて)自分たちは挑戦者なので一つ一つのプレーを正確にして臨みたい」

【キャプテン伊東選手のコメント】
「龍大で試合するのが最後なので皆に気を引き締めていこうと言ったが、気持ちの面で熱くなれず僅差の試合になってしまった。(入れ替え戦に向けて)入れ替え戦だからと言って気負わず、自分たちのラグビーをしたいと思います。」

猛プッシュでモールを押し込む龍大FW陣

2部優勝を決め、歓喜に沸く龍大ラグビー部一同

(記事 龍魂編集室 寺前彦汰/写真 寺田純子)

入れ替え戦出場決定!さぁ全勝優勝へ

11月20日関西大学Bリーグ第8節が大阪経済大Gで行われ、龍大は大阪産業大学と対戦。結果は24対21で龍大が勝利し、Bリーグ1位が確定。悲願だった入れ替え戦出場を決めた。

試合は1トライを争う好ゲームとなった。先制点を相手に許してしまう。この悪い流れを断ち切ったのがFB中村(文3)だ。前半28分に反撃の狼煙をあげるトライを決め、前半を5対7で折り返す。

後半、両者一歩も引かない展開となった。後半13分、ラックサイドからFWのピックゴーを展開しLO市川(法4)が右隅にトライを決め、2点差に迫る龍大。後半21分には中村が一時は逆転となるトライを決め、17対14と試合をひっくり返す。だが、後半32分に大産大にトライを決められ、17対21と再度試合をひっくり返されてしまう。この時点で残り6分。あとがない龍大に奇跡が舞い降りた。後半38分CTB前嶋(済4)が中央を突破し、逆転となるトライを決めた。ここで試合終了。

大産大との全勝対決を制した龍大。最終節となる花園大戦に勝利すれば全勝での優勝が決まる。11月決戦もあと一戦。再度気を引き締めてリーグ戦を終えてもらいたい。
次戦は1週間後、対花園大学戦が南大日Gで14時キックオフです。

【記虎監督のコメント】
「ディフェンスで受けてしまったが、後半に修正できたのがよかった。(次戦に向けて)最終戦が残っているのでそこを頑張りたい」

【キャプテン伊東選手のコメント】
「つらい時間帯があったが、後半チームとしての形で戦えたので良かったです」

【逆転のトライを決めた前嶋選手のコメント】
「(トライを決めたことに関して)チーム皆で掴んだトライだと思います」

奇跡の逆転トライを決めるCTB前嶋

途中出場ながら試合の流れを引き寄せた司令塔SO西

(記事 龍魂編集室 寺前 彦汰/写真 龍魂編集室 寺田 純子)

1/3123

ページの先頭へ

ページの先頭へ