ラグビー部

虚しさ残る一戦。

11月17日、関西学生ラグビーBリーグ第7節が摂南大学グラウンドで行われた。前節の花園大戦では僅差で敗れてしまった龍大。入れ替え戦出場に向けて連敗は避けたいところ。第7節の相手は昨年までAリーグに所属していた摂南大。結果はいかに。

試合は前半開始直後、龍大は敵陣オフサイドの場面でペナルティゴールを選択するも枠を外してしまい先制点を逃す。その後も敵陣5mラインまで攻め入るもトライに結び付かない。逆に摂南大が龍大の僅かなミスに付け込みボールを奪取。そのまま相手ウィングへとパスが渡る。俊足飛ばしてトライゾーンまでボールを運び、先制点を許す。必死のディフェンスが続くも、相手選手のフィジカルの強さが勝り、倒す寸前にボールを繋がれて追加点を奪われてしまう。前半終了間際、オフサイドから鈴木(文3)がペナルティゴールを決め前半を3―24で折り返す。

チームを引っ張る向

後半も鈴木がペナルティゴールを決めて反撃の狼煙を挙げるが、外国人選手を軸にアタックを仕掛ける摂南大に防戦一方の龍大。トライを立て続けに奪われ点差を大きく離されてしまう。「どんな状況でも諦めるな。龍大のAチームの誇りを持ってやろう」。故障の大久保(法4)に変わりゲームキャプテンを務める向(政3)の言葉に鼓舞され、龍大選手たちはアタックを仕掛けていくも、トライを奪えない。悪い流れのまま時間が経ち、ここで試合終了。終わって見れば6-69で完敗。入れ替え戦出場に黄信号が灯った。

相手外国人選手にタックルを決める倉田

1トライも取れなかった。「ここまで点差が開くとは思わなかった。残念でならない」。大内監督の言葉はこの試合内容の虚しさを物語っていた。前節の敗北からこの日を迎えるまで、摂南大に勝つんだという強い気持ちで練習に臨んだに違いない。今日の試合ではその強い気持ちとは裏腹に点差が開いていくとモチベーションが低下し、小さなミスを繰り返しながら自分たちで首を絞めていった。「切り替えて勝利に向かって全力でやっていくしかない」。大内監督も向も口にしたその言葉は先を見据えていた。

一戦必勝のリーグ戦。誤解を恐れず真実を語ろう。敗者には何も残らず、勝者のみが栄光を知る世界。あと2節。入れ替え戦出場に望みを繋ぐべく、龍大ラグビー部に求められることはただ一つ。

“勝て”。

第8節は11月24日(日)、対大阪経済大学戦が甲南大学グラウンドにて12時40分キックオフです。

<大内監督のコメント>
「(今日の試合を振り返って)組織的なディフェンスはできていたが接点のところで負けた。(今までの相手とは違い)一人ひとりの激しさが今までとは違った。ここまで点差が離れるとは、残念でならない。(準備期間について)2週間の迎え方はみんな頑張ったし自分なりに考えてやってくれた。接点でのプレッシャーが全然違っていた。(次節に向けて)一戦一戦必死に勝利を目指してやっていくしかない。あと二戦絶対勝つ」

<向選手のコメント>
「(大久保主将に代わりゲームキャプテンを務め)正直びっくりしたが、大久保さんがいなくても僕ら3回生から引っ張っていこう。自分でやってやろうと思った。(今日の試合を振り返って)ゲームの流れを選手同士でつかめなかった。チャンスでミスしてしまい、集中力も欠けてしまった。本当に悔しいです。(キャプテンとしてどのような言葉をかけたか)どんな状況でも諦めるな。龍大のAチームの誇りを持ってやろう。だけど自分のゲームリーダーとしての統率力が足りなかった。(次節に向けて)自分はまだまだ諦めてない。勝利に向かって全力でやっていくしかない」

(記事/写真  龍魂編集室 寺前 彦汰)

 

圧倒的な力の差を見せつけ勝利!

10月6日、京都大学宇治グラウンドで行われた関西学生ラグビーBリーグ第3節対京大戦。初戦から幸先のいいスタートを切り相手に実力を見せつけた龍大は、細かいミスもありながら、序盤から確実にトライを積み重ね圧倒的な試合展開で勝利した。

この試合3度のトライを決めた伊藤

前半11分、初戦から大活躍のルーキーの※WTB金谷(営1)が先制トライを奪うと、それを皮切りに※PRの伊藤(法2)、船橋(済3)が意地を見せ敵陣に押しきりトライを決め力を見せつける。初戦は独走からのトライを多く決めた龍大だが、この日は細かくパスを繋ぐシーンや、前衛の力でトライをもぎ取るシーンも多く見られた。ところどころ細かいミスも出たものの、前半を52-7とリードし折り返す。後半戦でも試合を支配したのは龍大。後半10分、FWのまとめ役でありチームの中心的存在でもあるNo.8の向(政3)が相手の隙をつきトライを決めると、その後もチームの勢いは止まらない。※SHの鈴木(文3)も16回のコンバージョンキックの機会のうち、12回成功させるなどチームに貢献。終盤ラインアウトから相手にトライを決められた龍大だが、攻撃の手を緩めずに点差をさらに広げたところで試合終了。104-12と大差をつけ試合に勝利した。

昨秋よりキックの精度に磨きをかけた鈴木

しかし、この結果に選手たちは納得のいかない表情を見せた。「0点で抑えたかった。課題が残る試合になりました」と主将の大久保(法4)。チームの目標はAリーグ昇格。そのためには入れ替え戦に進むのが最低条件だ。高みを目指す彼らにとってここでの勝利は通過点に過ぎない。残り6試合、去年までAリーグで戦い続けていた摂南大、昨秋龍大が苦杯をなめた花園大と気を抜けない相手が残っているが、きっと今まで以上の力を見せつけ去年の屈辱を晴らしてくれるだろう。今後も昇格に向けまい進する彼らの戦いから目が離せない。

相手を振り切りトライを決める向

(大内監督のコメント)
「試合を重ねるごとに徐々によくなっていっている。0点で抑えたかったので2本とられたのは残念だが原因ははっきりしているので修正していきたい。残りの試合はどこもいいチームなので気を抜かずに頑張っていきたい。今日はPRの伊藤が頑張っていた。相手にプレッシャーをかけることが出来ていたと思う。一回一回の試合で課題が出てきてクリアしていけている。課題を修正し頑張っていきたい。」

(大久保主将のコメント)
「今日は前半前の試合駄目だった部分を修正できて後半は良かったと思う。課題にあげていた選手同士のコミュニケーションもとれたので良かった。気が抜けてしまいトライをとられたが課題が残る試合となった。次の試合は0点で抑えることが出来るようにしたい。得失点差も大切になるので意識して勝ちたい。最終目標は入れ替え戦なので一戦一戦大事にしていきたい」

(伊藤のコメント)
「前半は走ることが出来なかった。最初の10分で決めてしまいたかったので残念です。トライを決めたときはきめてしまおうという気持ちで行動した。今後は自分の体を生かしてトライを取りたいと思う。PRとして生きるプレーをできるようにしたいです」

※WTB…スリークウォーターの両翼。ライン攻撃では最後の段階でボールを受けトライを奪うポジション
PR…フォワード第一列目の両端。 スクラムではフッカーやスクラム自体を支える柱となるポジション
SH…スクラムにボールを投入し、出てきたボールを素早くBKラインにパスするポジション

(龍魂編集室 記事 林 蘭子 写真 向川佳佑)

 

リーグ開幕戦は100点ゲームで圧勝!白星スタートを切る。

9月23日、関西学生ラグビーBリーグ第1節が宝ヶ池総合運動公園球技場にて行われた。大内監督が就任して2年目の今シーズン、ヘッドコーチに浜村裕之氏が就任。さらにFWコーチやBKコーチに龍大ラグビー部OBを起用するなど「ALL RYUKOKU」、万全の態勢で目標である「Aリーグ昇格」へ向けリーグ戦を戦う。開幕戦の相手は今季Bリーグへ昇格した大阪学院大学。結果はいかに。

【試合経過】
試合は前半8分、今季初スタメンに名を連ねた金谷(営1)の公式戦初トライで先制。さらにこちらも今季初スタメンの中川(文2)にも公式戦初トライが飛び出すなど着実に追加点を挙げていく。試合の流れは完全に龍大ペース。攻守に大院大を圧倒し前半を52対0で折り返す。

後半も金谷・中川に今季初スタメンの鈴木(文3)、更に途中出場の石田(済2)らにもトライが飛び出し、大院大との得点差を大きく広げる。暑さにより後半30分から龍大選手たちの足が止まり、大院大に攻め込まれるがFW陣の力強いドライブで相手を押し返し得点を与えない。最後まで相手に主導権を渡さなかった龍大が攻め続けここで試合終了。スタメン・リザーブの選手たちが融合し、攻守に噛み合った龍大が104対0で大院大に圧勝。開幕戦白星スタートを切った。

【2人の翼(ウィング)】
5年ぶりのAリーグ昇格へ頼もしいルーキーたちが現れた。

ウィングはラグビーでいえばこの選手にパスが回れば、快速飛ばして相手を抜き去りトライまで運んでくれるいわば花形である。ウィングのポジションにはオープン戦で結果を残した秦(文4)や実績十分の倉田(文4)・平山(社4)ら4回生がスタメンに名を連ねてきた。だがリーグ開幕戦、大内監督が開幕ウィングのスタメンに金谷と中川という公式戦初スタメンのルーキーたちを起用。この二人が大内監督の期待にこたえる働きをみせた。

「金谷はどこからでもボールを敵陣まで持って行ける強みがある」大内監督の言葉通り、金谷は持ち前の快足を披露し、グラウンドを縦横無尽と駆け回わった。走り出したら止まらないそのスピードは相手が追いつけないほど。前半終了間際には自陣での攻撃で金谷へとパスが回ると、一瞬にして敵を抜き去り、快足飛ばしてトライゾーンまで疾走。周囲の度肝を抜いた。「今日の試合はミスが多く、もっとトライが取れた」、無欲に勝利を目指す男のサクセスストーリーはまだ始まったばかりだ。

快速飛ばしてトライゾーンまで走る金谷

一方「夏合宿から海外までずっとやってきていて、ウィング初スタメンながら自分のプレーができていた。100点満点です」と浜村ヘッドが舌を巻き高評した。中川は初スタメンとは思えない堂々たるプレーをみせた。センターが本職の男は飛躍的成長を遂げ、「調子が良いという事でスタメンに抜擢した」とウィングのスタメンを勝ち取った。「初めての公式戦ということもあり緊張した」、前半ミスしてしまうが、「ミスした時は申し訳なかったが、切り替えていこうと思った」と中川は自らの資質を十分に発揮。金谷より1つ多いチーム最多の3トライを挙げる活躍で勝利に貢献した。

独走トライを決める中川

試合後、お互いの印象について「タイプが違うので尊敬している」(金谷)、「凄い才能を持ったプレイヤー。1人で敵を抜き去る才能もあるし、1年生ながら凄い」(中川)と両者ともに尊敬し、高め合っている。そんなルーキーたちに「今日も活躍してトライまで結び付けてくれた。格上の相手にどこまでやれるか楽しみである」と三木コーチら周囲の期待の高さが伺える。ルーキーたちが強豪校相手にどこまで通用するのか、今シーズンの龍谷大学ラグビー部の活躍に目が離せなくなった。

次節は1週間後、対大阪大学戦が甲南大学グラウンドにて12時40分試合開始予定です。

<大内監督のコメント>
「(今日の試合を振り返って)結果的に3ケタ、0に抑えたというんで良かったと思います。ただ内容的にもっとこうすればよかったというのは何点かあった。(チームの手応えについて)Aリーグ昇格はもちろん、今以上にレベルアップするために学生側のまとまりを試合中にコミュニケーションを取り合う。学生から盛り上がりを魅せれば。(次戦に向けて)まだここがスタート。11月から上位行との戦いになるのでそこにピークを持っていけるように一戦一戦頑張っていきたい」

<大久保主将のコメント>
「(今日の試合を振り返って)結果的に良かった。チームとして納得できない部分があったが、後半修正できてよかったです。(次戦に向けてと今後の目標について)前半で相手を圧倒できる試合運びにしたい。それと今シーズンBリーグ昇格と入れ替え戦に勝利して大内監督を胴上げできるように頑張りたいです」

(記事 龍魂編集室 寺前 彦汰/写真 林 蘭子)

 

本願寺参拝!一部昇格に向け突き進め!

9月14日ラグビー部が西本願寺参拝と清掃を行った。まだまだ残暑が厳しい中でも、境内から駐車場に至るまでをくまなく清掃。今後に向けて謙虚な姿勢と奉仕の心を磨いた。

大内監督は、「毎年恒例ですが、リーグ戦が始まるということで気持ちを新たに、注目校としてしっかりと掃除をすることで社会勉強や奉仕の心を学んでいきたいと思う。今シーズンは、ここまでは順調にきている。自分たちがやってきたことをやりきっていく、それ以外はないと思っている。夏合宿も対戦して全勝で、失点が少ないのが今年の目標、今シーズンしっかりと突き進みたい」と力強くコメントした。

チームを率いる主将も「今年からコーチ陣も一気に変わって、チーム状況的にも雰囲気もいいのでこのままいってしっかり暴れてきたい。一部昇格を目指す。僕たち4年回はずっとBリーグでやってきたので、後輩たちにAリーグの経験をさせてあげたいと思う」としっかりと前を見据えた。

新たなラグビー部が刻む一戦一戦が見逃せない!GOGO!RYUKOKU!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ