柔道部

【柔道部】〈男子〉三回戦進出を決め健闘!!

10月29・30日、ベイコム総合体育館にて平成28年度全日本柔道体重別優勝大会が行われた。4年生にとっては今大会が龍大柔道部として臨む最後の大会となった。男子は1日目の一回戦、二回戦を見事突破し、2日目を迎えた。三回戦敗退に終わるもベスト16の結果を残す。

 

〈1日目〉

一回戦は金沢学院大と火花を散らした。先鋒の100㎏超級北山(経済4)、龍大の流れを作りたい一戦。攻めの柔道でリードしていき一本で勝利。次鋒の100㎏級木村(文2)は相手の動きをよく見て丁寧に技を入れていくが引き分けに終わる。五将で登場したのは男子柔道部主将、66㎏級濱田(経済4)。持ち前の攻めの柔道を見せてくれた。鮮やかな一本を決め再び龍大に流れを運ぶ。続く中堅は60㎏級中尾(法1)。自分のペースを作ろうと果敢に攻める。技を繰り出していくも決まらず引き分けとなる。三将は90㎏級小川(国3)、序盤から互いに攻める。小川は相手に隙を与えず攻撃の手を緩めない。熱戦の末、有効勝ちを収める。副将は73㎏級石田(文4)、落ち着いた柔道で挑むも惜しくも引き分け。続く大将は81㎏級赤尾(文1)、相手の攻めに苦戦するが、技を封じる。引き分けに終わるも3―0で一回戦を突破、二回戦に駒を進める。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f18

【写真 相手を抑え込む木村】

 

二回戦の相手は弘前大。先鋒は100kg超級北山、龍大に勢いをつけたい一戦。慎重に技を出していき、技有2からの一本勝ちを決める。次鋒で登場の100kg級木村は序盤から主導権を握り、寝技からの抑え込み一本を決める。五将は66kg級濱田、相手に隙をあたえず、技をかけさせない。積極的に攻撃を仕掛け、有効勝ちを決める。中堅は60kg級中尾、一進後退の攻め合いを繰り広げる。が、一本負けとなる。三将は90kg級小川、圧倒的な力を見せつけ一本勝ちを決める。副将は73kg級石田、自分のペースで試合を展開する。激しい攻め合いの末、技有勝ちを決める。大将は81kg級赤尾、相手の技を冷静に対処し、攻撃の機会を窺うも寝技からの抑え込み一本で敗退。よって、5―2で勝利。2日目の三回戦に見事駒を進めた。

 

〈濱田主将:コメント〉

「結果は本当によかった。二日目残るのは自分たちの目標だった。明日は負けるつもりはない。相手が強いからとかじゃなく自分たちの精一杯でチーム一丸となったら勝てると信じて頑張りたい」

 

〈堀田監督:コメント〉

「男子は確実に一回戦、二回戦を勝ってくれた。二日目で舞台に上がろうというのは学生たちにも言っていた。そこを達成したのはよかった。一人ひとりみんな役割果たして一致団結してよく頑張ってくれた。明日は厳しい戦いが待っている。16チームしかもう残っていないので思い切って全力でやるだけ。今日悪かった者はしっかり気持ち切り替えて修正していって、明日またリベンジしてほしい」

 

%e5%86%99%e7%9c%9f19

【写真 気迫を見せる小川】

 

〈2日目〉

迎えた三回戦は日大。先鋒の73kg級石田は序盤ペースを持ち込むも有効を奪われ敗れる。次鋒の81kg級赤尾は自分より大きい相手に果敢に挑むが惜しくも負けを喫する。流れを変えたい場面、五将で66kg級主将の濱田が登場。互いに闘志むき出しの激しい試合展開になる。なかなかポイントを取れず両者ともに苦しい一戦、相手に苛立ちの色が見えさらに白熱さを増す。会場の仲間からの声援、団体チームからの声援を背に受ける。「チャンスはあるぞ」という監督の声は濱田に届いただろうか。濱田らしい冷静かつ熱い柔道を繰り広げる。結果は引き分けに終わるが、確実に流れを変えた戦い。続く中堅の100kg超級北山に思いを託す。力が強い外国人選手を相手に奮闘する北山はなんとか寝技を逃れる。粘り強い試合が続き両者の体力は着実に減衰していた。態勢を崩し背中から相手に抑え込まれようとしたその時、相手の隙を捉えた北山はその腕を掴み自らの背中で押し上げ渾身の一本を決める。まさに柔よく剛を制す、ここで北山に軍配が上がり、貴重な一勝を取る。三将は100kg級木村、積極的に攻め込むも抑え込み一本で敗れる。副将の60kg級中尾は一本のチャンスを窺い激しい組み合になるも攻防戦が続き引き分けに終わる。最後、大将で畳に上がったのは90kg級小川。試合開始早々技ありを決め、流れを引き寄せる。互いに集中した組み手を見せ、技を出していく。有効を取りさらにリードを重ねていく、力の限りを出した投げ技は技ありのポイントとなり技あり2からの一本を見事勝ち取った。小川のガッツポーズが龍大の歓喜を物語った。結果こそ2―3の敗退になるも、次に繋がる実のある大会となった。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f20

【写真 背負い投げをする濱田】

 

今大会の経験は彼らを確実に進化させたに違いない。柔道部を牽引してきた4年生の想いを受け継ぐ後輩たちに新たなスタートを切ってほしい。

 

〈北山:コメント〉

「大学的には上の相手で、正直気持ち負けをするところもあるかと思ったが、やっぱり最後の年なので意地をだしてやろうと思い、畳の上に立ってその結果が、今日の勝ちにつながった。講道館杯は大きい試合で自分も人生で初めて出る大会なので、どういうところか分からないが、とりあえず気持ちだけは負けずに戦いたいと思う」

 

〈堀田監督:コメント〉

「気持ちだけは負けるなと言っていた。悔しいが次に繋がる戦いになった」

 

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/堀内沙穂 尾崎愛斗)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

 

【柔道部】〈女子〉惜しくも二回戦敗退

10月29日、30日、ベイコム総合体育館において男子18回女子8回全日本学生柔道体重別団体優勝大会が行われた。女子は二回戦まで勝ち進むも惜しくも敗退。

 

 

一回戦の相手は道都大、先鋒は不戦勝。次鋒は57kg村井(法1)、龍大に流れを持ちこむために序盤から果敢に攻め、開始早々抑え込み一本を決める。五将で登場したのは48kg濱田(経営4)、開始早々有効をとる。流れにのった濱田は技有を決め、主導権をにぎり再び技有2からの一本をとる。中堅は78超級児島(文2)、積極的に攻めていき、自分のペースに持っていく。互いに技を出し、激しい攻防戦となる。相手を角においやった勢いで背負い投げを決める。三将は70kg富田(国1)、均衡した試合展開を見せ、激しい技の出し合いとなる。最後まで攻めの姿勢で相手を圧倒するも、引き分けとなる。副将は63kg山田(文3)、相手の技を封じ、丁寧に攻めていく。気迫で攻め込む山田は寝技からの抑え込み一本を決める。大将は70kg安田(経営3)、序盤から技有をとる。とりかえそうと相手が攻めてくるも技を封じ、技有勝ちを決め6―0で圧勝した。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%914

【写真 背負い投げを決める濱田】

 

%e5%86%99%e7%9c%9f15

【写真 技をかける児島】

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f16

【写真 抑え込み一本を決める山田】

 

二回戦の相手は強豪の筑波大、先鋒は52kg長野(経済4)、序盤から互いに激しい攻防戦となるも、有効をとられ負けを喫してしまう。次鋒は57kg村井、龍大に流れを取り戻そうと勇猛果敢に攻めていく。しかし、惜しくも一本負けに終わる。五将は48kg濱田、互いに一歩も退かず両者譲らない。最後まで奮闘するも引き分けとなる。中堅は女子主将の78kg尾崎(文4)、自分より大きい選手との一戦を迎える。上から抑え込まれそうになるも、相手の動きを見て慎重かつ積極的に技をかけて攻めていくも、引き分けとなる。三将は70kg安田、序盤から攻め込むも、一本負けに終わる。副将は63kg米澤(文2)、白熱した攻め合いを見せる。相手の寝技に持ち込まれ必死に抵抗するも寝技からの抑え込み一本をとられてしまう。大将は70kg富田、一進一退の攻防戦を繰り広げるが、引き分けで終わる。よって、0―4で二回戦敗退。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f17

 

【写真 筑波大に挑む選手たち】

 

悔しさが残る今大会、強豪を相手に全国の壁を痛感した。女子は7名が11月に行われる講道館杯への出場が決まっている。悔しい経験を糧に次の大会へ向けて一つでも多くの勝利を目指し突き進んでほしい。

 

〈堀田監督:コメント〉

「女子は初戦しっかり勝ってくれた。強豪の筑波大が一つ勝負所だった。龍大のリードで進めたかったが、逆に取られていったのが痛かった。それが最後まで影響してしまった。」

 

(龍魂編集室 記事/尾﨑愛斗 写真/関真由子 堀内沙穂)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

 

【柔道部】全日本大会 有野3位入賞!!

10月1,2日、日本武道館において全日本柔道選手権大会が行われた。各階級の選手たちが奮闘し、熱い試合を繰り広げた。龍大からは1年生の有野(文1)が48㎏級で見事3位入賞を果たした。

 

1日目、63㎏級で出場した米澤(文2)。1回戦、序盤から激しい組みあいをみせる。両者つかみ合いの試合が展開されるが、米澤が一気に攻めこみおさえこみ一本で勝利。2回戦、攻めの姿勢を崩さず挑むが指導2を取ってしまう。相手に食いかかり技を仕掛けるが時間切れとなり、負けを喫する。

 

2日目、48㎏級出場の1年生有野。1回戦、自身より大きい選手を相手に奮闘し背負い投げでの有効で勝利。続く2回戦東海大の4年生との一戦となり、有効で駒を進めた。迎えた3回戦、有野は持ち前の勢いのある柔道を発揮し準決勝進出を決めた。惜しくも敗退するが、3位入賞を成し遂げた。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%913

【写真 3位入賞を果たした有野】

 

11月に行われる講道館杯へは関西大会と今大会の結果により、男子1名、女子7名計8名が出場を決めた。「世界を目指すなら講道館杯で結果を…」と監督が語るように選手たちの想いも高まっているだろう。

 

〈黒木:コメント〉

「階級を上げて初めての全国大会だった。不安はいっぱいあった。思うような結果が出せず、反省が残った。けど通用するところもあってそれは自信につながり、いい経験になった。講道館杯に向けては、体力をつけて上位を狙えるように頑張りたい」

 

〈有野:コメント〉

「結果を残せてよかった、素直に嬉しい。監督からは「自信持っていけ」という言葉をもらい試合に挑んだ。次に向けて、まだまだ課題が残っているのでそれにしっかり向き合いたい。講道館杯でも上を目指して頑張りたい」

 

〈濱田早萌:コメント〉

「関西大会の決勝で負けて、講道館杯への権利を持っていなかったので、自分にとって全日本学生は最後の試合だった。終わってから後悔しないように今までやってきたことを全部出し切ろうと思って臨んだ。(延長戦について)どんな勝ち方でもいいので、とにかく技を出して絶対勝てると思い戦った。講道館杯で勝てばすべての道が開ける、大学最後悔いのないように一つでもいい結果を出して次につなげたい」

 

〈監督:コメント〉

「男女ともにもったいない試合が多かった。力はあるが勝ち切れなかった。勝負は紙一重、勝ちをとれるようにしっかり準備していきたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/平松里彩 堀内沙穂)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.com.まで

 

 

【柔道部】全日本ジュニア柔道体重別選手権大会で米澤選手が準優勝!

9月10・11日、埼玉県立武道館において全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が行われた。本大会は、日本柔道の将来を担う20歳以下の選手育成を目的に、全日本ジュニア強化選手の選考も兼ねた、ジュニア世代の日本一を決める重要な位置付けの大会。その大会に、龍大からは近畿地区の予選を勝ち抜いた女子3名と推薦者女子1名の計4名が出場した。女子63㎏級で米澤夏帆(文2)が準優勝、女子48㎏級で田中芽生(法2)が5位、同級で有野涼(文1)が5位という結果を残した。

 

女子63㎏級の米澤(文2)は、優勝候補として第2シードで登場したが、プレッシャーからか初戦から動きが悪く本来の調子ではない。しかし、取り組んで来た組み手と寝技で試合を作り、危なげなく決勝の畳に上がる。決勝の相手は、準決勝で第1シードを破り、しぶとく勝ち上がってきた兵庫県警の選手。試合は、開始早々に下から潜り込み寝技で抑え込むも6秒で逃がすミスを犯す。その後は、相手選手に粘られGSの延長戦に突入。延長戦では、片手からの手数勝負に来た相手選手に付き合ってしまうとここで指導1を奪われ敗退。あと一歩で日本一を逃す、詰めの甘さが響いた悔しい準優勝に終わった。

 

女子48㎏級の田中(法2)と有野(文1)は、初戦からしぶとく勝ち上がったが、ともに準々決勝で一瞬のミスを犯し敗退。その後は、敗者復活戦を勝ち上がり、再びともに別ブロックの3位決定戦の畳に上がる。有野は気の緩んだ一瞬を強引に持って行かれ技ありを奪われると、その後はポイントを奪い返すことが出来ずに敗退。もう一方では、田中が拮抗した試合を展開していたが、残り30秒で相手が出てきたところに技を仕掛けるとこれが掛け逃げの指導1となり敗退。2人揃って全日本強化選手入りが決まる3位入賞をあと一歩で逃す痛い5位に終わった。

 

1勝の重みと難しさを痛感することとなった今大会。

まだまだこれからのジュニア世代。

今回の経験を無駄にせず、ここから続く個人戦での更なる活躍を期待したい。

 

<米澤夏帆選手のコメント>

「今回の試合は去年のリベンジもあり、優勝するつもりで挑みましたが、結果は準優勝でした。これでジュニアの大会は最後だったのもあり、すごく悔しい結果に終わりました。しかし、また新しい課題が出てきて前に進もうと切り替えました。そして、これから学生大会や国際大会に繋がる大事な大会があるので、それにピントを合わせてまた課題を克服していきながら練習していきたいと思います。」

 

<田中芽生選手のコメント>

「最後の歳の全日本ジュニアは、3位決定戦まで行きましたが負けてしまい、入賞には届きませんでした。1戦という勝負の厳しさを改めて感じさせられました。この試合で反省点や課題が見つかったので、そこを見つめ直してまた頑張ります。これからまだ試合があるので、気持ちを切り替えて次に活かしていきたいです。」

 

<有野涼選手のコメント>

「大学生になってから初めての全国大会で、入賞を目指して臨みましたが、あと一歩のところで負けてしまい、改めて自分の弱さを痛感させられました。この大会で明確になった課題と向き合いながら、次の全日本学生に向けてもう一度頑張っていきたいです。」

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%92

3/221234522

ページの先頭へ

ページの先頭へ