柔道部

今年最後の試合。来年への躍動見せる!

2012年12月2日京都産業大学第2体育館において第56回京都学生柔道段別体重別選手権大会・第27回京都学生女子柔道段別体重別大会が行われた。龍大は男子選手権(無差別)の部において日比野(法3)が優勝、女子軽量級の部において小野(営2)が優勝を収めた。

今年最後の試合であり、幹部が変わって初めての試合でもある今大会。良い結果を収め、来年へと繋ぎたい龍大柔道部。試合は龍大の存在感を見せつける試合となった。男女ともに順当に試合を勝ち進める。

男子軽量級の部においては、惜しくも準決勝で立命大に敗れはしたが松浦(文4)と坂口(文2)が同率3位に入賞を果たす。

男子中量級の部においては、神谷(文1)が決勝の舞台まで駒を進める。決勝では同志社の黒田を相手に果敢に攻めるがあと一歩及ばず優勝を逃した。

男子選手権(無差別)の部においては龍大が圧倒的な力を見せた。準決勝で日比野と蓑原(法3)の龍大同士の試合が展開され、ここは日比野に軍配が上がる。決勝の舞台も龍大同士の試合となる。日比野と岸川(済2)が互いに熱戦を繰り広げ、白熱した試合を見せる。しかし日々野が先輩の意地を見せ見事優勝を果たした。

女子は重量級の部において田邉(済3)が準決勝まで勝ち上がるものの、惜しくも相手の押さえこみを解くことが出来ず敗戦してしまう。しかし3位入賞を果たす。女子重量級の部で存在感を見せたのは安井(営2)だ。安井が力強い柔道を見せ、決勝の舞台まで勝ち上がる。勢いそのままに優勝をかけ臨んだ立命大の小寺との試合。序盤から攻めの姿勢を見せるが、一瞬の隙をつかれ一本負けを喫してしまい2位となった。

女子軽量級の部においては関西学生柔道体重別選手権大会優勝、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会5位入賞の小野に期待がかかる。小野は持ち前の勝負強さを見せる。決勝の相手は龍大の田中(営1)。小野は手の内が知られている田中に対して冷静に攻め一本勝ちを見せる。今年最後の試合を見事優勝で飾った。

10人が入賞を果たし、そのうち2人が優勝を果たした今大会。来年に向けていい形で締めくくりを迎えた龍大柔道部。来年関西のみならず全国の舞台で龍大柔道部の名がさらに飛躍することに期待したい。

【堀田監督のコメント】
「最後の試合ではあるが、幹部を変え新チームとして初めての試合なのでいい意味でスタートを切り、来年や次につながる試合をするように試合前に話した。結果よりも内容。評価できる試合をしていた者もいるので次につながるのではないかと思う。結果が良かったやつも過信せずに改めて気持ちを作っていけるようにしたい。今日の試合で気づいた課題を次につなげていきたい」

攻めの姿勢を見せる日比野

【日比野のコメント】
「本来は中量級だったが、一つ大きい階級の中で勝てたことは自信になる。(龍大同士の対戦について)相手に知られている中で勝てたことは自信になる。来年はインカレでベスト4に入れるように頑張りたい」

力を見せつけた小野

【小野のコメント】
「今日試合をやった人はみんな手の内を知られている相手だったのでなかなか自分の柔道をさせてもらえず途中決めきれなかったところがあった。そういう対策をしてくる相手にも自分の柔道をすることが課題だと思った。(今年最後の試合に向けて)絶対勝つという気持ちで臨んだので最後いい形で終わることが出来たと思う。(これからに向けて)どんな大きな大会でも自分の柔道ができるようにしていきたい」

(記事 龍魂編集室 三井 雄太/写真 近藤 豊裕)

 

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会、女子の小野が5位入賞の大躍進!!

2012年11月10日(土)11日(日)千葉ポートアリーナにおいて講道館杯全日本柔道体重別選手権大会が開催され、女子57㎏以下級の小野彰子(営2)が5位入賞を果たした。

本大会は、実業団、警察、大学等の全国規模の大会で優秀な成績を収めた選手たちが、男女7階級の体重別日本一を争うとともに、来年8月にブラジル・リオデジャネイロで開催される世界選手権大会の日本代表選手第一次選考会も兼ねた重要な位置付けの大会。

本学からは、男子100㎏超級に堀耕平(文4/関西学生体重別選手権大会優勝)、女子57㎏級に小野彰子(営2/関西学生体重別選手権大会優勝)、女子63㎏級に西川真帆(文2/全日本学生体重別選手権大会ベスト8)の3名が出場権を獲得し出場を果たした。

小野は、初戦で全日本強化選手の塩瀬絢子(三井住友海上)に見事な大外刈りで一本勝ちを収めると、続く2回戦でも全日本ジュニア大会2位の原田千賀子(夙川学院高)にこれも見事な内股で一本勝ち。準々決勝では、全日本強化選手の大友真貴子(コマツ)に中盤まで互角に渡りあっていたが、一瞬の隙を突かれ足技で一本負けを喫してしまう。しかし、気持ちを切り替え、敗者復活戦を見事な内股の一本勝ちで勝ち上がり、3位決定戦に駒を進めた。3位決定戦では、全日本強化選手の平井希(自衛隊)に、なかなか自分の組手にさせてもらえず、終盤に痛恨の2つ目の指導を受け優勢負け。悔しい敗退となったが、日本トップの大会で見事5位入賞を果たした。小野彰子選手は「相手は強い人達だったので、負けても良いから思い切ってやろうと思って試合に臨みました。まだまだです。この結果に満足することなく更に上を目指して練習に取り組みたいと思います。」と更なる飛躍を誓った。

この結果により、小野が全日本柔道連盟強化選手(B強化)に選出された。小野の更なる活躍が期待される。

【男子】
100㎏超級:初戦敗退 堀耕平(文4)

【女子】
57㎏級:5位 小野彰子(営2)
63㎏級:初戦敗退 西川真帆(文2)

更なる飛躍を期待して〜全日本学生柔道体重別選手権〜

9月29、30日に東京・日本武道館で全日本学生柔道体重別選手権大会が開催された。
龍谷大学からは、関西大会を勝ち上がった以下の5名が出場した。

男子100kg超級 堀耕平
女子52kg級   三輪愛子
女子57kg級  小野彰子
女子63kg級  西川真帆
女子63kg級  田邊莉紗

大会1日目は女子63kg級が行われ、田邊と西川が出場した。
田邊は緊張からか思い通りの柔道が出来ず初戦敗退。
一方、前年度同大会で3位に入賞している、西川は初戦を一本勝ちで決める。
続く2回戦も危なげなく勝ち進み、ベスト8進出を決めた。
ベスト4をかけての試合は、開始早々からの相手選手の積極的な攻撃に対応できずにポイントを奪われてしまう。
その後、徐々に自分のペースを取り戻すが最後まで攻めきれずそのまま試合終了となる。

今後の活躍が期待される田邊

果敢に攻めにでる西川

田邊、西川ともにこれからが期待できる選手。今回の結果を糧に今後の活躍に期待したい。

大会2日目は関西大会で優勝して今大会に望む堀と小野、そして2009年大会ではベスト8に進出経験がある三輪が出場した。
関西大会を優勝で勝ち進み、期待のかかる小野であったが自分の柔道ができず苦戦を強いられまさかの初戦敗退。
三輪は初戦を勝ち進むものの、相手選手の勢いに呑まれてしまい2回戦敗退。

試合直前の小野と堀田監督

2回戦進出の三輪

期待は男子100kg超級の堀に寄せられる。
堀田監督から「朝はとても緊張している様子だった」と言われていたが、1回戦は危なげなく一本勝ちを決める。

豪快に一本勝ちを決める堀

2回戦の相手は強豪国士舘大学の選手。緊張が解けていなかったのか開始早々にポイントを奪われる。その後も相手選手のペースで進み自分の柔道が出来ずに試合終了となる。

参加した選手達は前年までに活躍したこともあり相手からのマークが厳しく、また緊張も重なり自分のペース・思い通りの展開とならない厳しい状況が続く様子であった。

なお、ベスト8に進出した西川は11月に開催される講道館杯への出場権を獲得している。

関西学生柔道体重別選手権大会、男子は堀、女子は小野が優勝!!

平成24年9月2日天理大学杣之内第一体育館において関西学生柔道体重別選手権大会(男子31回、女子24回)が開催され、男子1名、女子1名が優勝を果たした。

男女7階級の個人戦で争われる本大会で、男子は100㎏超級で主将の堀耕平(文4)が初戦から圧倒的なパワーで相手を寄せ付けずオール一本勝ちの圧勝の内容で初優勝を果たした。男子31回大会の歴史の中で、初めて花形である最重量級での優勝となった。

また、女子は3階級で決勝戦に勝ち上がり、57㎏級で小野彰子(営2)が開始早々の大内刈りで一本勝ちを収め、準決勝戦以外は初戦から圧巻の素晴らしい内容で初優勝を果たした。この階級は3大会連続での優勝となった。

9月29日(土)30日(日)に開催される全日本学生柔道体重別選手権大会(男子31回、女子28回)には、男子1名(堀)、女子4名(小野、三輪、西川、田邉)が出場権を獲得し日本一に挑む。

【男子】
100㎏超級:優勝 堀耕平(文4)

【女子】
57㎏級:優勝 小野彰子(営2)
52㎏級:2位 三輪愛子(法4)
63㎏級:2位 西川真帆(文2)
63㎏級:3位 田邉莉紗(済3)
78㎏級:3位 三山郁(法4)

57㎏級で優勝した小野選手

100㎏超級で優勝した堀選手(写真右)

29/3312829303133

ページの先頭へ

ページの先頭へ