柔道部

確かな力!これが今年の龍大柔道部だ!!

 平成24年2月11日京都市武道センターに於いて第25回京都府柔道選手権大会が行われた。男子一部・女子の部の上位8名は3月4日実施の近畿柔道選手権大会の出場権が与えられる。龍大は今大会において男子3名、女子3名が上位8位に食い込み出場権を獲得する好成績を収めた。

 龍大男子は主将である鈴木(済4)をはじめとして、初戦から順当に試合を勝ち進め、ベスト8に食い込む。ベスト4決定戦では鈴木と楳生(文2)の龍大同士の戦いとなり、判定で鈴木が勝ち進む。準決勝でも龍大同士の戦いが繰り広げられた。鈴木は先輩の意地を見せ、後輩である堀(文3)に対して豪快な背負い投げを決め一本を取る。決勝に勝ち進んだ鈴木は、京都府警察の岸本を相手に果敢に攻めるが、あと一歩のところで勝利を掴むことはできなかった。しかし社会人も含めた今大会で鈴木の準優勝、堀の3位と好成績を収めた。

 龍大女子は武智(文4)と西川(文1)、安井(営1)がその力を見せつけた。安井は初戦から強豪である立命大の選手とあたりながらも勝ち続けベスト8に入る。しかしながらここでも立命大の壁は厚く立命大の大野に負けてしまう。西川も立命大の選手と当たるが勝利を収め、準決勝まで駒を進めたが、先輩である龍谷クラブの中西に判定負けしてしまうが、3位という成績を収めた。武智は先輩としての意地を見せて準決勝まで勝ち進めてきたが、今大会において優勝した立命大の大野に判定で負けてしまう。しかし武智も3位という成績を収め、近畿柔道選手権大会への出場権を獲得した。

 3月4日に行われる近畿柔道選手権大会において、龍大選手勢が大いに力を発揮してくれるのが楽しみだ。

【堀田監督のコメント】
「今年初めての大会で、試験期間や年末年始の練習休みがあり十分な練習ができないなか良い結果を残してくれたと思う。近畿柔道選手権大会むけてまた気を引き締め直して練習していく」

【主将鈴木のコメント】
「決勝では作戦ミスもあったが、練習不足だった。準決勝では先輩として後輩である堀には負けたくないという気持ちで挑んだ。近畿柔道選手権大会にむけてまたがんばっていきたい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 龍魂編集室 三井雄太)

相手を押さえ込む鈴木

果敢に攻める安井

全日本への第一歩、鈴木が京都府選手権で準優勝!

全日本選手権(4月29日)出場に向けた最初の試合となる京都府柔道選手権が、2月11日、京都市武道センターで開催され、男子は鈴木明大(経済4年)が準優勝した。ベスト4に残ったのは、龍谷大学の鈴木と堀 耕平(文3年)、龍谷大学付属平安高校の中野、京都府警の岸本だ。準決勝では、鈴木 vs 堀 という龍谷大学の新旧主将対決となり、鈴木が先輩の意地を見せ、堀を背負い投げで破った。決勝は、初優勝を目指す鈴木が、2度目の優勝を狙う岸本(京都府警)に善戦したが、惜しくも優勢負けした。

一方女子は、武智早紀(文4)、安井佳奈(経営1年)、西川真帆(文1年)がベスト8に進出。安井は立命館の大野に敗れたが、武智と西川は意地を見せベスト4に勝ち上がった。準決勝は、中西優美(本学OGの) vs 西川の先輩×後輩対決となり、中西が判定で勝利、男子同様こちらも先輩が勝利した(中西は準優勝)。また武智は、優勝した大野(立命大)に判定で敗れ決勝進出はならなかった。

なお、ベスト8に入賞した選手は3月4日に奈良市で行われる近畿選手権に出場する。

【堀田監督の話】
今年は、久しぶりに学生からチャンピオンを誕生させるつもりで優勝を狙っていた。結果は男女とも優勝することができず残念。次の近畿選手権でも厳しい試合が予想されるが、柔道界の最高峰である全日本選手権を目指して練習に励みたい。

【近畿選手権への出場選手】
男子
準優勝 鈴木
ベスト4 堀
ベスト8 楳生

女子
ベスト4 西川、武智
ベスト8 安井
準優勝 中西(龍谷クラブ:龍大OG)

姉妹で3位入賞! 全日本学生柔道体重別選手権大会

10月8日に開催された全日本学生体重別選手権大会で、西川真帆(文1)が女子63kg級でベスト4に進出し、3位入賞を果たした。
西川は1回戦から危な気ない試合運びで順当に勝ち上がり、準決勝に進出する。準決勝では、このクラスで前回大会優勝者と対戦する。
序盤は有効を取られるなど苦しい展開であったが、徐々に自分の間合いに持ち込む。しかし、そこは前回王者。最後はきっちり一本を決められる。

翌日に行われた女子57kg級では前日3位入賞を果たした西川真帆の姉、西川友希(文4)が冷静な試合展開で勝ち進み、準決勝に進出する。
準決勝では今大会優勝した筑波大学の選手に惜敗し、3位入賞を果たす。

【堀田監督のコメント】
全国のベスト4の壁は厚く中々崩せなかった。だが、前回大会ではベスト8止りだったことを思うと一歩ずつ成長していると思う。今後の大会もいい成績が残せるように取り組みたい。

【女子63kg級 西川真帆のコメント】
全国のベスト4に入れたことで、目指すべき目標が明確になった。全く通用しなかったとは感じていない。来年は優勝目指して頑張りたい。

【女子57kg級 西川友希のコメント】
準決勝の対戦相手は強く、力不足を感じた。11月にある次の大会までにはしっかり課題を克服して望みたい。

試合に臨む西川真帆と堀田監督

女子63kg級で3位入賞の西川真帆

妹に続き女子57kg級で3位入賞の西川友希(右)

積極的に仕掛けていく西川友希(左)

全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 西川真帆(63㎏級)7位!

9月10・11日、20歳未満で日本一を争う全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が埼玉県立武道館で行なわれた。

本学からは近畿地区の予選を勝ち抜いた女子2名が出場した。

女子63㎏級には、先の近畿ジュニア体重別選手権大会そして関西学生体重別選手権大会の両大会を1年生ながらオール1本勝ちの圧勝で優勝し期待の懸かる西川が出場。試合は、ヤマ場であった準々決勝戦で本大会優勝者と対戦。前半に有効を奪われリードされる展開。中盤に何度も見せ場をつくり審判が有効をジェスチャーする場面が2度、しかし他の審判によって取り消される。結局、ポイントを奪うにはあと一押しが足りず、タイムアップ。十分に勝機があっただけに悔しすぎる敗退となった。

 

【試合結果】

■女子63㎏級

7位  西川 真帆(文1)

写真左が西川 真帆(文1)

23/25122232425

ページの先頭へ

ページの先頭へ