柔道部

【柔道部女子】アジアオープン香港2018 冨田彩加が銀メダル!!

12月1~2日、香港においてアジアオープン香港2018が行われた。今大会、龍大からは冨田彩加(国3)が派遣され、70㎏級で銀メダルに輝いた。

70㎏級に日の丸を背負い出場した冨田。初戦の相手はモンゴルの選手。初の国際大会に不安も大きかったが、落ち着いた試合を展開する。開始40秒、組み勝ち相手が嫌がって潰れたところを透かさず寝技に移行し一本。心配された初戦を難なく突破する。2回戦はタイの選手。ここも開始50秒に大外刈から寝技に移行し一本勝ちで準決勝に進む。準決勝の相手は日本で柔道を学んだ台湾の選手。序盤から冨田が組み勝ち攻めていくも受けの強い相手に中々ポイントに繋がらない。冨田が効果的な技を出し続けるも相手も時折技を繰り出し譲らない。延長戦に入り5分40秒、最後は渾身の小外刈で技あり。粘る相手を振り切り冨田が決勝の舞台へ。決勝の相手は中国の選手。試合は海外選手特有の柔道に対応が遅れ、中々チャンスを作れない。我慢の時間帯が続き、延長戦に突入するも最後は延長戦1分24秒、焦って掛けた技を返され技あり。最後で海外選手に対し経験不足が出たが、初の国際大会で見事銀メダルに輝いた。

<冨田彩加選手のコメント>
「今回、私は初めて国際大会に出場しました。日本とは違う雰囲気の中、海外の選手との試合で緊張しましたが、海外の選手が相手でも自分の柔道をすることが出来たので良かったと思います。決勝で負けてしまったので悔しいですが、この悔しさと今回得た貴重な経験を今後に生かしていきたいと思います。」
IMG_3580
【写真 銀メダルの冨田(左端)】

ページの先頭へ

ページの先頭へ