柔道部

【柔道部女子】講道館杯 武田3位、田中5位!!

11月3・4日、千葉ポートアリーナにおいて平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは各種大会で優秀な成績を収めた78㎏超級児島(文4)、70㎏級冨田(国3)、63㎏級米澤(文4)、57㎏級黒木(営3)、52㎏級武田(営2)、中内(法2)、48㎏級田中(法4)、有野(文3)の計8名が出場した。

<48㎏級>
第5シードに配置された田中芽生。
全日本学生個人戦でのまさかの敗戦から雪辱に燃える今大会。
初戦は仙台大の選手。粘る相手に最後は小外掛で技ありを奪い突破する。2回戦はJR東日本の強豪選手。ここもGSの延長戦に入り一進一退の攻防が続くも、最後はペースを上げて追い込み見事な払腰一本で勝負を決める。準々決勝は初戦で前年の準優勝者を破って勝ち上がってきた帝京大の選手。勢いに乗る相手に、最後は相手の技を見事に切り返し一本で前年に続き準決勝に駒を進める。準決勝の相手は今大会絶好調、前戦でリオ五輪銅メダリストの近藤亜美(三井住友海上)を破って勝ち上がってきた高校生。序盤から中々組み手を作らせてもらえない苦しい展開が続く。延長戦に入り、最後は相手の釣込腰に捕まり一本負け、3位決定戦にまわる。3位決定戦の相手は、三井住友海上の強豪選手。表彰台は何としても確保したい場面であったが、中盤に押し込んでいったところを一本背負で合わされ一本負け。前年の3位を下回る、悔しい5位に沈んだ。

<52㎏級>
第4シードに配置された武田亮子。世界ジュニア王者となって迎える初陣。
初戦となった二回戦の相手は、警視庁の強豪選手。開始からテンポ良く攻め続けると中盤に袖釣込腰で技ありを奪い危なげなく初戦を突破する。準々決勝の相手は、初戦で実業団王者を破って勝ち上がってきた埼玉県警の選手。勢いに乗る相手に対し、序盤に寝技で攻め込むと肩固めで見事に抑え込み一本勝ち。練習してきた寝技を活かし、完勝で準決勝に進む。迎えた準決勝の相手は、9月の全日本学生大会の決勝で苦杯を嘗めさせられた今大会第1シードの立川選手(福岡大4年)。学生大会のリベンジに燃える武田は、試合開始から先に技を出しペースを作っていく。相手も前に出て圧を掛けてくるもそこはしっかりと対応しペースを譲らない。そして、迎えた本戦残り30秒で武田の放った技に相手が逆から大きく崩れ落ち主審が技ありを宣告。これで勝負が決まったかに思われたが、ビデオ判定によりまさかのノーポイントに覆る。そしてGSの延長戦に突入。延長戦に入り勝負と前に出て攻め込んだところを相手に巧く合わされ痛恨の技あり。調子も良くペースも握っていただけに、悔やんでも悔やみきれない敗戦となった。その後は、気持ちを切り替え、3位決定戦に勝利。表彰台は確保したが、東京五輪に向け、優勝が絶対条件の中、痛すぎる今大会での1敗となった。

講道館杯(武田)
【写真 52㎏級3位 武田(右端)】

<武田亮子選手のコメント>
「この大会は、今年1番優勝したかった試合でしたが、優勝することが出来ないとても悔しい結果に終わりました。まだまだ自分の実力が足りなかったのだと思った試合でした。またいつも応援して下さる方々にはとても感謝しています。この大会での悔しさをバネに、次の大会に向けて更に頑張りたいと思います」

ページの先頭へ

ページの先頭へ