柔道部

【男子柔道部】慶応相手に力及ばず、無念の一回戦敗退

10月20日、ベイコム総合体育館において第20回全日本学生柔道体重別団体優勝大会が行われた。4年生にとって最後の大会、チーム一丸となって初戦の相手慶応に食らいつくも悔しい一回戦敗退となった。

先鋒は永谷(済1)。緊張からか動きが硬くなかなかリズムに乗れない。最後まで均衡した試合展開が続き引き分けとなる。

次鋒は横井(営3)。足を使い攻めるも、中盤に技ありを決められそのまま固め技に持ち込まれる。必死にほどこうとするも悔しくも一本負けとなる。

五将は主将木村(文4)。慎重に相手の動きを見て技をかけていく。自分のペースを崩すことなく攻めていくも一本を決めきれず、引き分けとなる。

IMG_6847

【写真 相手を投げる木村】

中堅には福迫(済4)。組手をしっかりと組むが技に持ち込めない。中盤に差し掛かり、相手に技ありを決められてしまう。取り返したい福迫だったが、技ありを更に決められ一本負けとなる。

なんとしても流れを変えたい龍大、三将の佐藤(法4)は序盤から積極的に相手に技をかけていく。絶対勝つという強い意志で迫力ある攻めを見せるが、残り1分のところで悔しい一本負け喫する。

副将には石橋(済2)。相手の攻めに苦戦、必死に食らいつくも寝技からの一本負けとなる。

大将は中尾(法3)。なんとしても勝利し龍大の意地を見せたかったが、開始早々に無念の一本負け負けとなった。

慶応相手に0-5と全国で実力の差を思い知らされる結果となった。今回で4年生が引退となり、次からは新体制となる龍大男子柔道部。この悔しさを糧に来年は更なる飛躍を誓う。

IMG_6920

【写真 試合を終え、整列する選手達】

〈堀田監督 コメント〉
「初戦の慶応は強いので、粘り強くやるしかないと思っていた。前の個人戦の大会があまり良い結果ではなかったので4年生にとって最後の今大会をいい形で締めたかった。主将の木村で流れを変えたかったが流れを変えきれず、4年生二人も負けてしまったので、4年生で流れを変えて欲しかった。完敗であり、実力の差をしらされた」

〈木村主将 コメント〉
「自分の中では、しっかりと準備しているつもりだったが、試合をしてみるとしっかり準備が出来ていなかったことを痛感した。最終的に主将としてチームの意識の向上をもっとやることができたので、そういうところが足りず、やりきれなかった。後輩たちには、選手たちみな努力して強く結果を求め、気持ち的にも体的にも向上してほしい」

(龍魂編集室 記事/写真 尾崎 愛斗)

龍魂編集室に興味のある方は

tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ