柔道部

【柔道部】全国大会で龍大対決を制した武田亮子(経営2年)が日本一。世界の舞台へ

9月8・9日、埼玉県立武道館において平成30年度JOCジュニアオリンピックカップ・全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が行われた。龍大からは近畿地区の予選を勝ち抜いた女子5名が出場した。女子52㎏級は龍大同士の決勝戦となり、武田亮子(営2)が同級生の中内柚里(法2)を破り、見事日本一に輝いた。また、その後の全日本強化委員会にて、武田が10月17~21日にバハマで開催される世界ジュニア柔道選手権大会の日本代表選手に選出された。

 

52㎏級に武田と中内の2名が出場。第2シードに配置された武田は、初戦となった2回戦、続く準々決勝戦ともに相手を圧倒し終始攻め勝つと相手に消極的による指導が累積し、反則勝ちで危なげなく準決勝戦に進む。準決勝の相手は環太平洋大の選手。ここもそれまでの戦い通り、相手に柔道を全くさせず攻め勝ち指導3による反則勝ちで決勝戦の舞台に上がる。決勝戦の相手は、反対ブロックを粘り強く勝ち上がってきた同級生の中内。

 

その中内は初戦で今春の全国高校選手権優勝者と対戦。序盤からプレッシャーを掛け続けると最後は相手が反則行為を犯し反則勝ちで初戦を突破。続く準々決勝でも今年のインターハイ優勝者と対戦。ここも初戦同様、序盤からプレッシャーを掛け続け最後は嫌がる相手が反則を犯し指導3による反則勝ちで準決勝戦へ。準決勝は第1シードを破り勢いに乗る高校生。ここも延長戦に縺れるも最後は相手の技を返し技ありポイントで勝負あり。先に決勝進出を決めていた武田が待つ決勝戦の舞台へ。

 

全国の大舞台で龍大同士の決勝戦が実現。この二人は、1週間前の関西学生大会決勝戦でも対戦。今年に入って既に決勝戦で2度対戦し、ここまで全て武田が勝利し2戦2勝。そして、3度目の対戦となった全日本ジュニア決勝。3度目の正直で借りを返したい中内であったが、序盤から武田が先に展開を作りペースを握る。先手で積極的に攻め込み続ける武田に中々反撃の糸口が見つからない中内。武田のペースは落ちず、中内に消極的な指導が累積していく。延長戦に入っても武田は攻撃の手を緩めず、最後は中内に3個目の指導が入り反則勝ちで武田が嬉しい初優勝に輝いた。

 

昨年は6月の国際大会で大怪我を負い、ジュニア大会を棄権。悔しい1年間を過ごしたが、その思いが今大会の何が何でも優勝するという強い気持ちに乗っかった素晴らしい優勝であった。また、準優勝に終わった中内も高校時代は無名の選手。今大会はこれまで課題であった気持ちを切らすことなく粘り強く戦い、全国大会で自身初の表彰台に上がり、素晴らしい成長を見せた。

 

同階級・同級生で鎬を削り切磋琢磨する二人。京都の予選から「全日本でも二人で決勝」を合い言葉に勝ち上がった二人。普段は仲も良い。しかし、練習はお互い遠慮なく。この関係が二人を強くしているのだろう。これからの二人の更なる活躍が楽しみで仕方ない。

 

<武田亮子選手のコメント>

「今回の試合は、決勝で龍谷大同士あたることが出来ました。普段の練習も含め、予選、本戦と戦うことができ、私自身とても成長することが出来たと思います。また優勝できたことで、世界ジュニア大会に繋がったので良かったと思います。課題もまた見つかり、これからの試合が続いていくので、今の柔道を見直してまた違った柔道が出来るようにしたいと思います。」

 

<中内柚里選手のコメント>

「準優勝という結果となり悔しさもありますが、全日本強化選手になること、講道館杯の出場権を獲得するという目標を達成できたのは良かったです。この結果に満足せず、全日本学生、講道館杯でも結果を残せるように、今回の試合の課題を修正して練習していきたいです。」

Attachment-1 Dmjjq1sUYAANGzx

ページの先頭へ

ページの先頭へ