柔道部

【柔道部】全日本ジュニア京都府予選 男子2名・女子4名が優勝!!

5月12日/全日本ジュニア柔道体重別選手権大会京都府予選会/於 京都市武道センター

 

今大会、龍大からは20歳以下の男子12名、女子11名の合計23名が出場した。

男子は2階級で優勝、女子は出場5階級中4階級で優勝に輝いた。

 

<男子>

73㎏級の山下(文2)は準決勝まで順調に勝ち上がると、準決勝も抑え込みによる一本勝ちを決める。決勝の相手は反対ブロックで龍大生2人を破って勝ち上がってきた京産大の選手。この試合も気迫溢れる戦いを見せ、大内刈で会心の一本を決め優勝を果たした。

 

60㎏級の中尾(法3)は初戦となった2回戦で高校生との長い延長戦を大学生の意地で競り勝つと、続く準決勝も勝利し、決勝進出を果たす。決勝の相手は同志社大の選手。ここも延長戦に縺れる苦しい試合となったが最後はポイントを奪い優勝を決めた。

 

<女子>

70㎏級の角谷(営2)は第1シードで2回戦から登場。2回戦、準決勝と一本勝ちで危なげなく決勝に上がる。決勝の相手は粘り強く勝ち上がってきた後輩の田中(済1)。拮抗した試合を見せ延長戦に突入。最後は角谷が3つ目の指導を奪い反則勝ちで優勝を飾った。

 

63㎏級の小柳(営2)は初戦を開始早々の一本で幸先の良いスタートを切る。決勝の相手は先月の全日本カデ大会で優勝した強者の高校生。お互い牽制し合いながら本戦が終了。延長戦に入り、一瞬の隙を見逃さず勝負を仕掛けた小柳が技ありを奪い試合終了。一年間をリハビリに費やし苦しい時期を乗り越えた小柳がデビュー戦での嬉しい初優勝を飾った。

 

57㎏級の出村(文2)が一年間の成長を見せつける。第1シードで畳に上がると決勝までオール一本で簡単に勝ち上がる。決勝の相手は先月の全日本カデ大会で優勝した強者の高校生。ここも試合開始から立て続けにポイントを奪い早業の合技一本。相手に全く柔道をさせない完璧な内容で、今大会段違いの強さを見せつけた。

 

52㎏級の武田(営2)は第1シードで登場。実力通り決勝戦に進む。決勝の相手は危なげなく勝ち上がってきた同級生の中内(法2)。お互い手の内を知り尽くしており、なかなか勝負が決まらない。長く続いた延長戦も最後は執念で攻め込んだ武田が指導3つ目を奪い、反則勝ちで試合終了。武田が同級生対決を制し優勝を決めた。

柔道(左から武田、出村、小柳、角谷)

<角谷ゆきの選手:コメント>

「今回の試合は、絶対に優勝するという気持ちで臨みました。優勝はできましたが課題が残ったので次の試合までに課題を克服できるようにしていきます。」

 

<小柳穂乃果選手:コメント>

「今回、優勝できたことは嬉しく思いますが、まだ通過点なので優勝できたことは自信にし、反省すべきところは修正して近畿ジュニアに繋げていきたいです。」

 

<出村花恋選手:コメント>

「今回のジュニアは最後なので、目の前の試合を1つずつ確実に取り切ることを心がけて試合に臨みました。技を捌くことや決めきることを課題として近畿ジュニアも優勝し、全日本ジュニアに繋げたいです。」

 

<武田亮子選手:コメント>

「優勝することも目指していたのですが、まずは近畿ジュニアに確実に繋げるということを意識して試合に臨みました。結果は優勝できましたが決して良い内容で勝てたわけではなく、新たに課題が出た試合でもありました。まだこれから試合が続いていくので課題を見つめ直して頑張っていきたいと思います。」

ページの先頭へ

ページの先頭へ