柔道部

【柔道部】日本一を決める大会に2選手出場

4月7・8日/平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会/於・福岡国際センター

各階級選ばれし8名がしのぎを削る日本最高峰の大会が行われた。龍大勢は2日目に48㎏級の田中芽生(法4)、52㎏級の武田亮子(営2)が出場。両名とも序盤で敗退するも全国から集まった精鋭に立ち向かう姿は堂々たるものだった。

48㎏級に出場した田中(法4)は今年1月、グランプリ・チュニスで日本代表として銅メダルを獲得した。国内大会でも常に上位に入る指折りの実力者。しかし今大会では終始押され気味で指導を2つ受ける。なんとか巻き返しを図るが、崩袈裟固めで抑え込まれ1回戦で全日本の畳から姿を消した。

田中
【果敢に攻める田中】

52㎏級に出場した武田(営2)は2020年期待の若手選手として国際合宿に参加するほど将来有望な選手である。1回戦の相手は立川莉奈(福岡大)。相手には福岡での開催ということもあり、多くの声援が飛ぶ。だが武田はそんなアウェイを物ともしない。激しい組手争いから隙を突き一気に攻めた。「良いぞ!」監督が武田の調子を上げる。相手はその圧倒的なスピードについてくることができず、GSによる反則勝ちで2回戦へ勝ち上がった。
続く2回戦の相手は昨年の世界選手権を制した志々目愛((学)了徳寺学園職)。武田の方が5㎝低い身長だが、なかなか相手の懐に入ることができない。徐々に守勢に立たされ、指導を3つ受けたことによる反則負けを喫した。

武田

【激しい組手争いを繰り広げる武田】

結果は奮わなかったものの、国内トップ8による大会に龍大から2選手も出場したことは快挙である。この経験は彼女たちの糧となり龍大柔道部はさらなる成長を遂げることだろう。

(龍魂編集室 記事/松本侑香 写真/勝間晴香)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ