柔道部

【柔道部】 小林選手、冨田選手、村井選手が全国大会出場を決める!

3月4日、兵庫県立武道館において第28回近畿柔道選手権・近畿女子柔道選手権大会が行われた。龍大からは女子は小林(法2)、村井(法2)、児島(文3)、角谷(営1)、冨田(国2)の5名、男子は小川(国4)が京都府代表として出場した。見事2位小林、3位冨田、ベスト8に村井が入り、4月にある全国大会に出場することになった。

小林一回戦、二回戦と勝ち進み、三回戦小林は初回に技ありを取ると持ち味のスピードを生かして相手を攻め一本を決めて準々決勝へ駒を進める。準々決勝は小林と村井の龍大対決。力が均衡し、両者一歩も譲らない戦い。村井が最後技を2回繰り出すも決まらずそのままGS(延長)へ突入する。GSへ入っても両者激しく攻め合い、小林が有効を取り準決勝へ進出する。準決勝の相手は石山。小林は積極的に技をかけようとするも技を決めることができない。勝負はGSまでもつれ込み、最後は相手が指導を3つ取ったことで反則勝ちとなる。決勝の相手は大阪代表藤原。体格差のある相手でなかなか技をかけることができない。自分のペースに持ち込めないまま試合が進み、相手に有効を取られ負けてしまう。

冨田はシードで出場し、一回戦、二回戦と勝ち進み、準々決勝では両者力が均衡していたが、冨田は相手に隙を見せない柔道で攻める。寝技に持ち込み一本を取り準決勝へ駒を進める。準決勝の相手は藤原。なかなか技をかけられない時が続き相手のペースに持ち込まれる。一瞬の隙を突かれ投げ技を決められ一本負けとなる。
小林は2位入賞、冨田は3位入賞を果たし、村井もベスト8に入り全国大会に出場することになった。

男子で唯一出場した小川の相手は兵庫県代表の高橋。社会人相手に積極的に技をかけていこうとするもかけられず、自分の柔道ができない。相手に技ありを取られ焦りが見え始める。そのまま相手ペースに持ち込まれ一本負け。初戦敗退に終わった。

写真2

【技を決める小林】

 

 

写真1

【全国大会への出場を決めた選手達】

 

 

<小林選手コメント>

全体的に相手にしっかりと対応できたが、技のパターンの少なさや技出しの遅さが今後の課題だと改めて実感した。去年と同じく今年も全日本に繋げることができたことが嬉しいし、ここで満足せずに今月末に団体戦に向けて去年よりもいい結果が出せるように頑張っていきたい

<冨田選手コメント>

最初からあまりいい動きができなかったが、悪い中でも勝ち切って次に繋げることができたのでよかった。自分よりも大きい相手に勝つためにもしっかりと対応していける柔道ができたらいいなと思う。皇后杯のような大きな大会に出たことがないので今回出させてもらうのをいい経験として1つでも多く勝てるように、次の試合にもよく繋げていけるようにしていきたい

<堀田監督コメント>
村井はよく頑張った。今回は無差別の大会で普段57kg級という階級なかしぶとく試合が出来ていた。去年からしぶとさに磨きがかかっていて今日は粘り勝ち出来ていた。準々決勝敗退後しっかりと気持ちを切り替えられていた。全日本選手権に出ることはとても凄いことなので頑張ってほしい。
小林は一回戦からしぶとく勝ち上がっていた。二回戦が山場で相手のペースに持ち込ませずしっかり勝ち切ることができていた。しっかりと力をつけてきていると思う。
冨田は自信をつけてきた中での試合で二回戦少しもたついてしまったが準決勝まで勝ち上がったことは大きい。今日大事な試合で力を出せずに負けてしまったので次の試合に繋げて欲しい

(龍魂編集室 記事・写真 尾崎愛斗 藤原可琳)
龍魂編集室では現在新入生を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ