柔道部

【柔道部】京都学生大会 男子1部門、女子2部門で優勝!!

12月3日、京都学園大学体育館にて第61回京都学生柔道段別体重別選手権大会、第32回京都学生女子柔道体重別選手権大会が行われた。
男子は、3部門が行われ選手権の部で小川(国4)が優勝。女子は、2部門が行われ重量級の部で冨田(国2)が優勝、軽量級の部で有野(文2)が優勝を果たした。

<男子>
最もレベルの高い選手権の部に出場した小川。初戦から危なげなく勝ち上がり、準決勝でも大西(済4)との龍大対決を足払いの一本勝ちで制し、決勝の舞台へ駒を進める。決勝の相手は、京都産業大の選手。体格で勝る相手に粘られるが、最後は得意の小内刈りを決め勝利。学生大会の最後を最高の形で締めくくった。
柔道2
選手権の部を制した小川(国際文化学部4年)

<女子>
重量級の部に出場した冨田。初戦を一本勝ちで勝利すると、その後も体格で勝る相手に対し、投げ技によるポイントで勝利し、決勝戦の舞台に立つ。決勝の相手は、オール一本勝ちで勝ち上がってきた後輩の角谷(営1)。お互いに手の内を知り尽くしている中での戦いであったが、冨田が巧さを見せつけ、指導3による反則勝ちで優勝を飾った。

軽量級の部に出場した有野。準決勝で今大会の山場を迎える。準決勝の相手は、一階級上で同級生の亀川(国2)。開始早々に技ありポイントを奪うと、その後は相手の攻めにしっかりと対応し優勢勝ち。ワンチャンスをものにした有野が決勝戦の舞台に駒を進める。決勝の相手は、明治国際医療大の選手。試合開始から動きと攻撃の手を緩めず、指導2を奪うもGSの延長戦へ。GSでも最後まで投げを狙い小内刈りによる技ありで勝利し、最軽量級ながら見事優勝に輝いた。

<冨田彩加選手:コメント>
「まず今回の大会は優勝が目標だったので、優勝することができて良かったと思います。内容については、大きい技でポイントをしっかりとって勝ち進んで、また決勝では龍谷同士のやり慣れた相手でしたが、試合を有利に進めることができたと思います。規模は大きくない大会でしたが、自分の自信をつけられる試合ができたので今後の試合や練習に活かしていきたいと思います。」

<有野涼選手:コメント>
「今シーズンの試合の中で、最も良い動きが出来たと思います。全ての試合が終わったこれからの時期に、自分の課題とじっくり向き合っていきたいです。」
柔道
軽量級の部を制した有野(文学部2年)、重量級の部を制した冨田(国際学部2年)

ページの先頭へ

ページの先頭へ