柔道部

【男子柔道部】惜しくも二回戦敗退も、初戦関東の強豪清和大に勝利。

  10月28日、ベイコム総合体育館にて平成29年度男子19回全日本学生柔道体重別優勝大会が行われた。4年生にとっては龍大柔道部として臨む最後の大会となった。二回戦まで勝ち進むが惜しくも敗退した。

  一回戦は清和大、先鋒の100kg超級福迫(済3)は序盤、相手に攻められるも積極的に寝技に持ち込もうとするが惜しくも引き分けに終わる。
  次鋒は90kg級宮ヶ原(文4)。龍大の流れを作るため果敢に攻めていき、抑え込み一本を決める。
  五将の60kg級中尾(法2)は素早い動きで相手を翻弄し、一本を決める。
  中堅は81kg級佐藤(3年)。序盤から積極的に技をかけていくもなかなか技をかけられず、焦りが見え始める。仲間から「焦らずいけ!」と声がかかるが自分のペースに持ち込めず引き分けとなる。
  三将の73kg級西村(4年)も果敢に攻めるが、引き分け。
  副将の66kg級藤原(4年)は自分のペースに持ち込めず、相手に技をかけられ一本負けとなる。
  大将の100kg級小川(国4)は序盤から積極的に攻めていき、技あり勝ちを決め、龍大は清和大相手に3―1と勝利し、二回戦に駒を進めた。

IMG_2202
【寝技を決める宮ヶ原】

  二回戦の相手は前年度優勝の国士舘大。先鋒の福迫は序盤、相手の守りが固く組手が取れないまま技ありを取られ相手のペースとなってしまい、一本負けに終わる。
  次鋒の宮ヶ原も積極的に技をかけていこうとするが一本負けとなる。
  五将の中尾は持ち味のスピードを生かして技をかけようとするが、寝技をかけられ一本負けに終わる。
  中堅の佐藤も相手の守りが固く組手が取れず、技をかけられない。そのまま相手に投げ技をかけられ一本負けとなる。
  三将の西村も技をかけられず相手ペースとなってしまい、抑え込まれ一本負けに終わる。
  副将の藤原は序盤、相手に抑え込まれるも一度逃れる。しかし、再び抑え込まれ一本負け。
  大将の小川は序盤、相手に組手を取られるも振り払い、再度組手を取ろうとする。しかし、技をかけられず相手に抑え込まれ一本負けとなる。龍大は0-7で二回戦敗退という結果に終わった。

IMG_7742
【奮闘する小川】

〈堀田監督 コメント〉
「初戦の清和大には勝ち切るということを伝え、しっかりと3-1と勝ち切れたことはよく頑張った。清和大は部員が100人近くもいる関東の大学なので勝ち切れたことはとても良かった。二回戦の国士館には完敗だった。力の差があった。その分、収穫と課題があったので次に向けていかしていきたい」

〈小川主将 コメント〉
「二回戦に進めたというのは自分達のチームとしては良かった。国士館は今年優勝候補のチームなので、そこと戦えたのはいい経験だった。三年生はあと1年なので、プレッシャーを感じすぎずに楽しんでほしい。二年生、一年生にはこれから力がついてくると思うので、しっかりと力をつけて最後の大会で勝てるように、更に来年の四年生をサポートできるようにみんなで頑張ってほしい」

(龍魂編集室 記事/藤原可林 写真/ 豊田美帆)

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ