柔道部

【柔道部】2017年台北夏季ユニバーシアード団体戦、日本優勝!!

8月24日、台北において2017夏季ユニバーシアード大会が行われた。この大会は8月20~24日の5日間に渡り行われ、4日目の団体戦で見事女子団体が金メダルに輝いた。

 1回戦、対ルーマニアでは5―0で勝利。次鋒の村井(法2)は技ありからの一本を決めた。2回戦は対イタリアで5―0。村井は技ありのポイントで勝利。準決勝の相手はロシア、4―1で決勝に駒を進める。決勝迎えたのは韓国戦、4―1で女子日本は見事金メダルを掴み取った。

〈村井選手:コメント〉
「優勝を狙ってここまで来たので悔しいという気持ちもあるがメダルを取れたことにまず一安心した。結果を残して帰ってこられたことはこれからの自分の自信になると思う。今回の立ち上がりは序盤相手に攻められた場面もあったが相手の動きを見て自分の技を掛けることができた。初戦が弱いという部分は克服できたと思う。大きな大会だったが思いのほか冷静に戦えている自分がいた。日本に帰ってから堀田監督からメンタルの弱さを突かれた。準決勝最後のシーン抑え込めたのに逃がしてしまったところに弱さが出ていたのだと思う。3位決定戦はここで決めないと帰れないという気持ちで挑み、表彰台に立ちたいという一心で攻めた。3位が決まった時は悔しさもあったが素直に嬉しかった。団体戦では皆日本のトップで戦ってきている選手達なので意識は高く、お互いを刺激しあって高め合えていた。個人戦と違って、自分の負けた一点がチームの負けに繋がるので緊張や責任感は強かった。今回ユニバーシアードで戦って周りの選手を見て自分はまだまだだと感じた。外国人選手は技を掛けたら押し切って決めてくる。自分は体のつくりが弱いことと決めきれない甘さがある。その甘さはこれからの課題になる。自分が海外で経験したことをこれからの練習に生かしてチームに刺激を与えられたら良いと思っている。世界で戦えてトップの選手達を見て、自分もまだまだ上に行きたいと感じた。ここで立ち止まりたくない。そのために一つひとつの試合を大事にして取りこぼすことなく確実に勝ち進んでいきたい」

団体写真00
【表彰台に上がる女子日本代表選手たち(写真提供/台北ユニバーシアード)】

個人写真

【-57㎏級個人3位、団体戦優勝を果たした村井】

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子)

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ