柔道部

【柔道部女子】京都府代表として武田選手、冨田選手が出場

  8月20日、兵庫県立武道館において第72回国民体育大会近畿ブロック大会柔道競技が行われた。京都府代表として冨田(国2)、武田(営1)が出場した。大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県の3県2府での5人制団体戦の総当たり戦が行われ、総合順位は4位とあと一歩で国体への出場権を逃した。

  次鋒に武田、大将に冨田が任された。
  1試合目の相手は滋賀県。1敗で回った次鋒武田は足を使った素早い動きで主導権を握ろうと試みるが、最後まで勝負がつかず引き分けとなる。中堅、副将も引き分けとなり大将冨田へと回る。相手に奥襟をつかまれるも相手のペースにさせない。互いに攻めることが出来ず消極的な攻めで両者指導をもらう。相手の堅い守りを崩せず惜しくも引き分け。初戦を0-1と僅差で敗れる。
 
  2試合目は和歌山県。先鋒が勝利し勢いづく次鋒武田は、序盤に技ありを先取。相手を圧倒した試合展開をみせ立て続けに一本勝ちを収める。3-1と勝利が確定した状況で大将冨田。有利に組手を制すも技を出せず消極的な攻めで指導をもらう。なかなか自分の柔道を行えないまま時間切れ。引き分けとなる。チームとしては和歌山県に接戦を制し勝利を収める。

  3試合目は奈良県。次鋒武田は開始早々に華麗な一本勝ちを決める。勢いに乗る京都府は大将冨田も中盤相手の隙をついた技を決め技あり先取。調子を上げていきたい冨田は息つく暇もなく寝技からの一本勝ちを収める。チームも3-0と快勝。

  4試合目は強敵兵庫県。次鋒の武田は持ち味のスピードをいかした柔道で開始すぐに技ありを先取。最後まで相手に流れを渡すことなく見事技あり勝ちを決める。チームとしては負けが決まってしまった中大将冨田へ。攻めの姿勢を崩すことなく、多彩な技を仕掛けていくも決定打にすることが出来ず引き分け。チームは1-3と敗北。惜しくも接戦をものにすることが出来なかった。

  最後の相手は大阪府。次鋒武田は、コートを広々と使い相手を揺さぶるも技ありを相手に許す。取り返そうと試みるが寝技を決められ、寝技からの一本負けを喫する。1-2と苦戦の中、勝負は大将冨田に託される。体格の大きい相手にじりじりと慎重に攻めていく。思うように技を仕掛けることが出来ず互いに消極的な攻めで指導をもらう。混戦の末、惜しくも力及ばず一本負けとなる。チームとしては1-3で敗北となった。

  最終順位は4位。あと一歩で国体本選出場を逃してしまった。この悔しさを糧に日々の練習を行いさらなる高みへと目指してほしい。

女子 写真
【写真1 攻める武田】

冨田 写真
【写真2 技を掛ける冨田】

〈武田 コメント〉
「ケガから復帰して1週間しか練習ができなかったが、自分の力を全力で出し切れたので良かった。自分がしっかりと勝たなければいけなかったところで負けてしまったり、勝ちきれなかった試合があったのでそこをしっかりと勝てる選手になりたい。今回の試合を活かしてされに練習で自分の課題に向けて克服できるようにしたい」

〈冨田 コメント〉
「結果4位で本国体には進むことができなかったが、チーム一丸となって戦えたことが良かったと思う。無差別級では体重差があり、パワーが強く、力の差で負けてしまうことがあったので、パワーをつけて今後に活かしたい」

〈堀田監督 コメント〉
「5試合ともみんなよく頑張った。みんな本来の自分の階級よりも一つ上の階級で出場していたので初戦からしんどい戦いが想定されていたが、しっかりと頑張ってくれた。次の大会にもしっかりと活かしていきたい」

(龍魂編集室 記事/尾崎 愛斗 写真/藤原可琳、豊田美帆)
龍魂編集室は現在新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ