柔道部

【柔道部男子】京都府代表として宮ヶ原選手、福迫選手が出場

 8月20日、兵庫県立武道館において第72回国民体育大会近畿ブロック大会柔道競技が行われた。京都府代表として男子は福迫(済3)、宮ヶ原(文4)が出場。大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県の3県2府での5人制団体戦の総当たり戦が行われ、6位と悔しさが残る結果となった。

 中堅に宮ヶ原、副将に福迫が出場した。
 1試合目の相手は和歌山県。先鋒が勝利し1勝した状況で中堅宮ヶ原へと回る。均衡した試合が続きなかなか互いに技を出し切れない。終盤に入り一歩引かない戦いの末引き分けとなる。京都府有利の中、副将福迫の試合。体格の大きい相手を前に思うように動くことができず寝技に持ち込まれ寝技からの一本負けを喫するもチームとしては2-1となり初戦を白星で飾る。

 2試合目の相手は奈良県。中堅宮ヶ原は中盤にさしかかり相手に一本を決められてしまう。1敗となり流れを変えたい副将福迫。相手の力強い攻めに苦戦を強いられコートの角においやられてしまう。そこから力強い背負い投げを決められ無念の一本負け。チームも1-2で敗退。接戦の末、奈良県との勝負に敗れる。

 3試合目は滋賀県。先鋒が敗れ中堅宮ヶ原へ。激しい組手の奪い合いから相手に技ありを先取されてしまう。取り返そうと多彩な技を試みるも決めきることが出来ず時間切れ。技あり負けとなる。2敗で負けられない福迫は相手に優位に組手をさせない。技を掛けることのできない相手は消極的な攻めで指導をもらう。力のこもった技の掛け合いが繰り広げられるも、福迫は自分のリズムを崩さない。終盤に突入、偽装的な攻撃で相手に2つ目の指導が与えられこれが勝負を決め僅差による優勢勝ちを収める。福迫が見事一勝を収めるもチームとしては1-3敗北。

 4試合目は兵庫県。大会の開催県ということもあり会場の雰囲気が盛り上がる。中堅宮ヶ原、相手の勢いに苦戦を強いられ技ありを先取されてしまう。これが決定打となり惜しくも技あり負け。副将福迫も兵庫県の勢いを止めることが出来ず抑え込みからの一本負けとなり、チームも0-3で敗北。厳しい試合展開を強いられる。

 最後の相手は大阪府。1敗で回った中堅宮ヶ原は相手に技をださせない堅い守りを魅せながらも隙をついた仕掛け技を掛け相手を揺さぶっていく。勝敗が決することなく試合終了、引き分けで副将福迫へ。勝利し勢いをつけたかった福迫だったが相手の技に粘りきることが出来ず一本負け。チームも0-3と敗北を喫する。

 総合順位は6位と悔しさが残る結果となった。出場した選手は他県の力を実感するいい経験となったに違いない。これを機会に次へと生かしていきたい。

宮ヶ原 写真
【写真1 攻める宮ヶ原】

福迫 写真

【写真2 奥襟を狙う福迫】

〈宮ヶ原 コメント〉
「自分の力不足を実感した。今大会を通じて他県の力を実際に体験することが出来たので次に生かしていきたい。9月3日には関西の個人戦が行われるので良い成績を残し全国につなげ、また団体戦でもベスト8以上を目指し頑張っていきたい」

〈福迫 コメント〉
「シニアの選手との試合を行いまだまだ自分には力がついてないことを感じた。学生とシニアの選手とでの体の違い、シニアでも活躍できるぐらいの力のある学生との力の差を感じた。次の大会に向けて今回の試合でみつかった課題を短期間ではあるがしっかりと調整していきたい」

〈堀田監督 コメント〉
「社会人が多い中で今回やらせてもらい、選手たちも自分たちの力不足を実感したと思う。すこしでもレベルアップして次の大会を迎えさせたいと思う」

(龍魂編集室 記事/尾崎 愛斗 写真/藤原可琳、豊田美帆)
龍魂編集室は現在新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ