柔道部

【柔道部】オーストリアジュニア国際大会で武田選手が銅メダル!!

6月3・4日、オーストリア・ライプニッツにおいてオーストリアジュニア国際大会が行われた。本学からは、武田亮子(営1)が女子52㎏級の日本代表に選出され出場を果たした。結果は、金メダルにこそ届かなかったが、見事銅メダルを獲得した。

 

大学入学後初となる国際大会。

また、怪我を抱え練習が積めない中で大会に挑むことになった武田。

 

初戦の相手はロシア選手。怪我の影響からか動きに硬さが見られたが、序盤から相手を攻め立て担ぎ技で技ありを奪い優勢勝ち。無事に初戦を勝ち抜いたように思われたが、ここでもまさかのアクシデントに見舞われる。試合中盤に手を巻き込まれ更に別の部位を負傷。思わぬ所で更なる怪我に見舞われ暗雲が立ち込める。その後は、負傷した部位をテーピングでがっちりと固め2回戦からの畳に立つも、3回戦でカザフスタンの選手に技ありを奪われ敗退。怪我により道着をまともに握れない苦しい状況の中、なかなか本来のテンポの良い柔道が出来ずに、敗者復活戦に回ることに。

しかし、ここで吹っ切れたのか、ここから無駄な力の抜けた素晴らしい柔道を展開する。敗者復活戦の2試合を見事な投げ技で一本を奪い勝ち抜けると銅メダルを掛けた3位決定戦の畳に上がる。「何としてでもメダルだけは取って帰る」と強い気持ちで挑んだ武田。序盤からスペイン選手を圧倒し、最後は得意の背負い投げで見事一本勝ちを奪い、銅メダルに輝いた。

 

日本を発つ前から怪我でまともな練習がままならず、更に試合中の怪我と思い通りにはいかない苦しい中で勝ち取った3位には、また学ぶものがあったはず。

大学生活をスタートさせたばかりの武田。

高校時代から世界を相手に輝かしい成績を残してきたが、まだまだ発展途上の18歳。

世界一を見据える彼女には、今回の経験は必ず活きてくるだろう。

 

現在、日本の女子52㎏級はチャンスの多い階級。

2020年東京五輪、そしてその先を見据え、日本期待の若手選手の一人であることは間違いない。ここからの彼女の更なる成長と活躍を追いかけ続けたい。

 

また、同大会の女子57㎏級に派遣予定だった本学の村井惟衣(法2)は、残念ながら怪我により欠場となった。

 

<武田亮子選手のコメント>

「今回の大会は大学生になって初めての国際大会で優勝しようと戦ったのですが、3位という悔しい結果になりました。私はこの大会を終えて、どんな状況になっても戦える選手、しっかりとポイントを取れる選手になろうと思いました。これからが本当の戦いだと思うので、一つひとつの経験や練習を大切にして頑張りたいと思います。」

 

写真44

写真45

写真46

ページの先頭へ

ページの先頭へ