柔道部

【柔道部】 龍大の力魅せつけ、4戦全勝で優勝をもぎ取る!

4月3日、京都産業大学第二体育館において第19回京都学生女子柔道大会が行われた。今大会は5校の京都府の大学による3人制のリーグ団体戦。一戦一戦自分たちの力を出し切り2年ぶりに優勝に輝いた。

 

初戦の相手は明治国際医療大。チームの先陣を任されたのは冨田(国2)だった。チームの流れをつくる役目をしっかり果たし気迫の一本勝ちを決める。中堅の小林(法2)も一本勝ちを収める。大将児島(文3)は、思ったように技を掛けることができないまま4分が経過し惜しくも引き分けに終わるが初戦を2-0で勝利。二回戦の相手は去年の覇者立命館。今大会一番激しい試合となった。先鋒は児島。相手は小柄な選手で」児島は体格差を活かした攻めの柔道を展開するも立命館の動きのある柔道になかなか主導権を握れないまま両者一歩引かず引き分けとなる。中堅に登場したのは米澤(文3)、「自分が絶対勝って次につなげる」と闘志を燃やして試合に挑んだ。序盤から釣り手の奪い合いとなる。試合が終盤になり引き分けにもつれ込むかと思われたそのとき、米澤は勝負を仕掛けた。最後まで攻めの姿勢を崩さないことで生じた相手の隙を見逃さず技ありを決め見事勝利をもぎ取った。大将には小林が出場。開始早々に有効を先取し、素晴らしいスタートをきる。勢いづいた小林は相手に技を掛けさせることもなく圧巻の有効勝ち。女王立命館に2-0で勝利し昨年の女王立命館を破る。活気づいた龍大チームは、三回戦の佛大を先鋒山田(文4)、中堅久野(1年)、大将児島の三人とも一本勝ちを決め3-0と圧勝。4回戦の相手は京産大。先鋒は山田、抑え込みからの一本を決め実力差を見せつける堂々たる試合となった。中堅には冨田が出場し、始まりすぐに一本勝ちを決めチームの勝利を確定させる。大将の米澤は、落ち着いた柔道で一本勝ちを決め難なく勝利。4戦全勝と2年ぶりとなる優勝を見事飾った。

 

見事二年ぶりに女王に返り咲いた龍大。山田主将を中心に力をさらにつけていることが窺えることができる。今後もさらなる活躍に期待していきたい。

写真40

 

【写真 攻める山田】

 

写真41

【写真 女王に返り咲いた龍大女子柔道部】

 

〈山田主将:コメント〉

「今日の試合は、リーグ戦で4つ試合ある中の前半が強豪校との試合だったので先生から最初からとばしていけという指示があった。自分は始めの2試合には出ていなかったが後輩たちが勝利をつなげてくれたので最後まで勝ち続けられた。いつもは先鋒で出場することがないため初めての先鋒で緊張していたが、取りこぼすことなく寝技につないで一本勝ちし次につなげることができたのでよかった」

 

〈米澤選手:コメント〉

「ケガの関係で半年ぶりの試合で普段あんまり緊張しないが、今大会は緊張していた。楽しみなところもあり自分の力がどこまで通用するのかと挑戦のつもりで試合に挑んだ。団体戦なので後輩を引っ張っていけるように戦った。最後まであきらめずに試合をすることができたのでよかった」

 

〈堀田監督:コメント〉

「よく頑張った。女子は今年初めての団体で、この後も団体戦は少ないのでその中でやはり一つひとつの試合を大事にしていこうと臨んだ。初戦、2戦と強いところだったので入りを大事にしてという事は伝えた。結果はいい形で終われた」

 

(龍魂編集室 記事/尾崎愛斗 写真/関真由子)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ