柔道部

【柔道部】1年生小林が皇后盃全日本選手権大会出場を決める!!

3月5日、交野市総合体育館で第27回近畿女子柔道選手権大会が行われた。

本大会は、女子柔道の無差別級日本一を決める皇后盃全日本女子柔道選手権大会の近畿地区予選にあたる。近畿2府4県の各予選を勝ち抜いた精鋭48名によって争われ、警察官や実業団の重量級選手が多く出場しているハイレベルな大会。本学からは、京都府の予選を勝ち抜いた5名が出場し、小林幸奈(法1)が見事5位入賞を果たし、上位5名に与えられる皇后盃への出場権を獲得した。

 

高校3年生の冬に手術をして入学してきた小林。

長いリハビリ生活を経て昨年11月頃から競技復帰を果たしたばかり。

今大会が復帰4戦目。

 

大会は、無差別ということもあり、周りは78㎏超級の選手が多い中、70㎏級の小林はそれを感じさせない気迫で試合に臨んだ。

初戦を体落とし技ありからの抑え込みで一本勝ちし、流れに乗ると2回戦、3回戦も順調に勝ち上がっていく。準々決勝戦では、優勝候補筆頭で本大会を4度制している大阪府警の国内トップ選手と対戦。体格差を怖れることなく果敢に攻めていくが、実力差を見せつけられ一本を奪われる。

その後は、気持ちを切り替え、敗者復活戦にまわる。敗者復活戦では、見事な小外掛けで一本を奪い、最後の出場決定戦に望みを繋ぐ。出場決定戦では、重量級選手を相手に気迫ある試合を展開、相手が崩れた一瞬を逃がさず執念の抑え込みで一本勝ち。

重量級の国内トップ選手が多く出場する大会で70㎏級ながら見事5位入賞を果たし、名誉ある皇后盃への出場を決めた。

 

復帰3戦目となった京都大会でも、気迫ある試合を展開。

復活の兆しが漂う中での素晴らしい活躍となった今大会。

苦しいリハビリ生活を積極的に取り組み、肉体的にも精神的にも一回り逞しくなって帰って来た小林。ここからの彼女の更なる巻き返しを楽しみに応援していきたい。

 

<小林幸奈選手のコメント>

「今回の試合は、手術後復帰してから初めて上の試合へ繋ぐことができ、自分自身とても嬉しく、自信にすることが出来たと思います。内容としては、試合時間が長い中、全体的に落ち着いて自分の良い部分が出せたように感じました。しかし、まだ大きな相手とやる時の組み手など課題があるので、そういった所を重点的にやっていき、4月の本戦では思い切って試合が出来るように頑張っていきたいです。」

 

写真31

ページの先頭へ

ページの先頭へ