柔道部

【柔道部】ベルギー国際大会で村井選手が金メダル!!

2月4・5日、ベルギー・アーロンにおいてベルギー国際大会が行われた。本大会は、初日に21歳未満のジュニア部門、2日目に21歳以上のシニア部門が行われ、世界の若手から中堅までが出場している国際大会。大きな大会で実績を残してきた日本選手の多くも若手時代にこの大会に出場し活躍している。

その大会に、本学から村井惟衣(法1)が女子57㎏級の日本代表に選出され、2日目のシニア部門で見事金メダルに輝いた。また、初日のジュニア部門でも銅メダルを獲得した。

 

今年初めてとなる大会。

また前週まで大学はテスト期間であり、練習も十分ではない中、日本を発ちベルギーでの大会を迎えた村井。

 

大会初日は、21歳未満のジュニア部門に出場。

予選リーグから難なく勝ち上がったが、2回戦でフランス選手に冷静さを欠く内容で敗退。その後は、気持ちを切り替え敗者復活戦と3位決定戦を勝ち抜き、銅メダルを獲得した。

 

続く大会2日目は、21歳以上のシニア部門が行われた。

村井は2日連続の試合となり、前日の疲労が色濃く残る中、2日目の畳に立つ。

予選リーグでは集中力を欠く場面も見られたが、徐々に立て直し調子を上げていく。

決勝トーナメント1回戦では、延長戦に縺れ込む厳しい試合になるが技ありを奪い勝ちきると、その後も粘りの柔道で3試合を勝ち抜き、決勝の舞台に上がる。

決勝の相手は、準決勝でもう一人の日本選手を破って勝ち上がってきたイギリス選手。村井は海外選手特有の柔道に序盤から自分の形を我慢して作り、得意の内股で攻め抜く。中盤、相手の一瞬の隙を突き内股が見事に決まったが、相手選手がブリッジで回避した為、相手選手の反則負けとなり見事金メダルに輝いた。

 

昨年7月のポーランドジュニア国際大会に続き、見事優勝を果たした村井。

テスト期間もありコンディションに不安もあったが、しっかりと結果に結びつけ、着実に地力が付いてきていることを証明してみせた。

大会を通して課題も多く見受けられるが、国際大会で安定して結果を残し、今後ますます期待される19歳。ここからの彼女の更なる成長と活躍を追いかけ続けたい。

 

<村井惟衣選手のコメント>

「ジュニアとシニアの2日間連続の試合でしたが、どちらも表彰台に上がれて良かったです。シニアの部では、自分の柔道が通用すると手応えを感じました。まだまだ課題があるので克服して、更に上を目指していきたいです。」

 

写真29

写真30

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ