柔道部

【柔道部】1年生 田中が2大会連続となる優勝!!

12月12日に埼玉県立武道館において第11回埼玉学生女子柔道大会が行われた。本大会は、埼玉県の学生大会ではあるが、全国から招待校を招き7階級の個人戦で争われている。今年は全国強豪校である仙台大学、早稲田大学が招待校として参加。本学からも女子3名が出場し、女子48㎏級において1年生の田中芽生(法1)が見事2大会連続となる優勝を果たした。

 

シードでの登場となった田中は、準決勝を優勢勝ち。決勝は、今年の全日本学生大会3位の選手を破って勝ち上がってきた元世界カデ大会の日本代表選手。前半に得意技を返されポイントを奪われるも終始田中のペースで試合が進み、中盤に投げ技と抑え込みによるポイントを挙げ逆転し見事勝利。湊谷杯に続き、2大会連続での優勝を成し遂げた。1年生後半になり実力が付いてきていることを証明した田中。まだまだ課題も多く残すが、来年以降に楽しみなニューフェイスが出てきた。

 

<大会結果>

女子70㎏級:尾崎恵里奈(文3)3位

女子52㎏級:長野七海(済3)3位

女子48㎏級:田中芽生(法1)優勝

 

<田中芽生選手のコメント>

「今回、出場人数は少なかったですが、優勝することが出来ました。大学生になり高校生の頃と比べて試合数が減ったので、試合経験を積めたことはとても良かったと思います。この結果を自信にして、これからも頑張っていきたいです。そして感謝の気持ちを忘れず、日々の練習に励んでいきたいと思います。」

 

写真1

ページの先頭へ

ページの先頭へ